安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その16:あいなくん、ハイ!小学校編の巻

嫌なら読むなと、何度言えばわかるの?
第12回から第15回まで、『ネギま!』主題歌のことを取り上げてきた。
これから始まる運動が一段落するまで、コメントはなるべく控えるようにする。
しつこいが、謝罪もしないし、撤回も絶対にしない。
納得できない、嫌なら読まなければいい。そう断ってあるのに、読んでからあれこれ言うのはそれこそ卑怯だ。
何度言えばわかるのか、いいかげんにしてくれと、はっきり言わせてもらいたい。
コメントが暴走して荒らしになってしまい、退場してもらった人も多く出た。
そこで、誠に勝手ながら、これからのコメントは当方の承認後に掲載、という形にさせていただきます。
コメントをされる方は、そこをご了承の上、コメントをお願いします。
では、『ネギま!』主題歌に関するコメントの休止宣言の代わりに一言二言。
『ネギま!』主題歌を1位にする方法、というより世間に認知させる方法は他にはないのだろうか。
『We are the world』を声優陣に歌わせますか?
誰も知らないオリジナル曲より、世間に受け入れられるかも。
それでは、今回はメッタ切りは一休みにして、別の話題にしよう。
さて、何を書こうかな…初めてのネタ切れだ。
しょうがない、子供の頃の思い出話を書くとしますか。


体験学習…という名の強制労働?
幼少期は埼玉で過ごした。でも生まれたのは東京・飯田橋の病院。
母は、私が産まれる前に入院したのだが、なぜ近くの病院に入らなかったのか、よくわからない。
幼少時代の私は、物心ついた時から典型的なテレビっ子だった。
特に、『8時だよ全員集合』が好きだった。その頃はすでに裏番組で『オレたちひょうきん族』をやっていたが、見ていたのは『全員集合』だった。友達もそうだったようだ。
学校の全校集会で、『七つの子』を歌った時、
♪カラス なぜ鳴くの カラスは山に
というところを、全員揃って、
♪カラスの勝手でしょ~
と間違えて、先生が怒ったのをしっかりと覚えている。こっちがオリジナルだとばかり思っていたから。
小学3年になってすぐ、埼玉から千葉の船橋に引っ越した。
新しい学校、そこはすごい田舎で、学校の周りに寄り添うように集落がある以外は、周りは田んぼや畑ばかりだった。
聞くところによると、狸も出たらしい。
そこで驚いたのが、教育の一環として、『米作り』『農作業』をやっていることだった。
なぜそんなことをしなければならないのか、幼心に納得がいかなかった。戦争中でもないのに。
なんでも、児童による近所の農作物へのいたずらが絶えなかったらしい。そこで農作業の大変さ、農作物の大切さを学ぶために『米作り』『農作業』の体験学習が始まった…というわけだが、良く言えば連帯責任、悪く言えばとばっちりを食わされた格好だ。
作業のある日は、汚れてもいい服を用意しなければならないのだが、始めは「貴重な体験」と喜んでいた母もだんだん「また(服が)いるの?大変ねえ」と愚痴るようになった。
農機は極力使わず、田起こし、田植え、雑草取り、稲刈り、全て手作業だった。
稲刈りの時、鎌で稲を刈り取ろうとしたが、なかなか刈れない。力を入れたら、勢い余って鎌の刃先が自分の足に当たった。傷は大したことはなかったが、その一件で本格的にこの体験学習が嫌いになった。もう、強制労働くらいにしか考えていなかった。
米の他に作った物は、コンニャクイモ、サツマイモ、ジャガイモだった。
穫れた農作物は、「収穫祭」というイベントで料理をして、みんなで食べる。米は餅になった。味はまあまあだったと思うが、それはそれ、これはこれで嫌な思いは卒業まで続いた。
先生役の農家のおじさんは、「今は大変でも、きっといつかいい思い出になるよ」と言っていたが、すみません、卒業した途端に忘れました。
子供ってのは、案外今も昔もクールなところがあるのかもしれないな。
結局、大人がどんなお膳立てをしても、子供は思い通りにはなってくれない。そういうものなんだろう。


思い出話いろいろ
<通信教育のおじさん>
放課後、校門の近くによく通信教育の営業マンが出没していた。
学校帰りの子供たちが営業マンの周りに集まって、説明を聞いていた。
その説明は、有名な通信教育を引き合いに出し「あそこはだめ、うちはいい」と比較してその気にさせるのだ。
さすがにこれは学校側で問題になったらしく、抗議したかどうかはわからないが、いつとはなしに来なくなった。
先生が「親に内緒で申し込んで、お金が払えなくて自殺した子がいた」と話していたが、これは嘘だろう。
<デマ、デマ、またデマ>
確か5、6年生の頃だったか、やたらとデマが流れたことがあった。
デマ・都市伝説ブーム、というものだったようだ。
「サザエさんの最終回は、飛行機事故で一家全員死亡、サザエは貝のサザエに、カツオは魚の鰹に…と、海の生き物になる」
「ドラえもんの最終回は、交通事故で植物人間になったのび太が目を覚ます。ドラえもんとの出来事は、全て夢だった」
そして、みんながだまされたあのデマ。
「高橋名人が逮捕された。あの『十六連射』がインチキだったから」
そのインチキの方法も、様々な噂が流れた。ジョイスティックにバネを仕込んだ、薬物を使っていた、など。
兄もだまされ、私もだまされた。
しかしおかしい。新聞の記事にもないし、テレビのニュースにも出てこない。それでも信じていた。
真相は、高橋名人こと高橋利幸氏が警察署の一日署長をやったことから、とんでもない方向に話が広がっていったらしい。
ちなみに、現在の高橋氏はハドソンの広報部部長だそうです。
<耐寒訓練>
耐寒訓練とは仰々しいが、何のことはない、朝の寒中マラソンだ。
三学期が始まると、1週間に渡って耐寒訓練が行われる。
毎日寒い中を、半袖半ズボンの体操着で走るのだから、もう地獄だった。
そして最終日になると、納会のイベントでマラソン大会となる。
5年生のとき私は、見事に約150人中ビリという栄冠に輝いた。
黙っていたはずなのに兄にバレて、大目玉をもらった。それはそうだろう。もし友達にバレた日には、「お前の弟、マラソン大会ビリだったんだってな」と笑われるに決まっているから。
他にもいろいろあるが、今回はひとまずここまで。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 03:54:39|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。