安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その34:夏の終わりはいつも修羅場!の巻

明日やろうと思っているうちに…
今回もアニメ・声優とは関係ない話。
第二期ネギまのことを書こうと思っていたが、うまくまとまらなかったので急遽変更した。
小・中・高校生は、もうすぐ夏休みが終わる。もしかしたら、もう終わっているところもあるかもしれない。
学校で週休二日が始まってから、夏休みが減ったところが多いらしい。
夏休みの終わりに、大抵の子供が修羅場になる。その理由は他でもない、宿題だ。
まだ明日がある、明日やろうと先延ばしにしているうちに、夏休みは半分を過ぎている。まさしく『徒然草』の第92段だ。
明日やろう、明日やろうと思っているうちに、あっという間に夏休みは終盤になってしまう。尻に火がついて、あわてて宿題を始める。多分今ぐらいからやっているのだろう。ドリルや問題集、そして自由研究。これにみんな毎年悩まされる。
私が小学生の頃は、日記(3行程度だが)、朝顔などの植物の観察、読書感想文、それにドリル、自由研究と、一杯あった。
読書感想文とは名ばかりで、延々とあらすじを原稿用紙に要約しただけ。
自由研究は、全員のものが展示されるのだが、どう見ても親がやった、あるいはどこかの本に載っていたものをパクッたのがボロボロ出てくる。
それは今も昔も変わらない。


自由研究で困る人々
夏休みの終わり頃、あちこちの博物館、科学館では、自由研究に関する問い合わせの電話が鳴りっぱなしになる。
「今からできる自由研究、何かありませんか?何でもいいですから」
子供に泣きつかれた親がかけてくるそうだ。
珍問、奇問、トンデモな質問に悩まされることもある。
「前の日に隣の家の鬼瓦の位置にあった星が、この日には何メートル動いたでしょうか?」
わかるわけがない。質問者の家のことなんか知っているわけがないから。
「虫はどうして飛ぶんでしょうか?」
まるで禅問答の世界だ。
「何がわからなくて、何を調べたらいいのかわからないんです」
博物館に、自由研究のネタをおねだりしてどうするのだろう。
他にも、なぜか歴史の博物館に星のことを聞いたり、係員も楽じゃない。
それでも、サービス精神満点なところはある。
坂本龍馬記念館では、北海道の子なら開拓、九州の子なら薩長同盟と、子供の住所に合わせて資料を送っているそうだ。それも、切手代程度の料金しかかからない。さすが龍馬なのだ。
NHKでは、天気のことなら天気相談所、電気のことなら電力館と、対応できない場合は決して『知らない』と言わず、関連機関を紹介するそうだ。ダテに受信料を取ってはいない。しかし、その電力館では、なぜかガスについての質問が多いらしい。専門は電気なのだから、ガスのことを聞かれても困る。たらい回しで被害を被ることもあるのだ。
博物館、科学館では、自由研究のイベントが多く開催されている。
親同伴のイベントだと、親の方がはりきってしまうことも多いらしい。その横で、子供は遊んでいる状態。
「隣の父親に負けてたまるか!」とばかりに、子供そっちのけで黙々と作業をしているとか。子供の宿題のはずなのに、親がはりきってどうするのだろう。
市主催でイベントを企画したら、予想以上に応募者が殺到して子供だけで定員に達してしまい、親御さんには別室で待ってもらった。しかし、選に漏れた親御さんから「これで宿題を済ませようと思っていたのに、どうしてくれるんだ」と抗議が殺到したとのこと。楽しようとしたそっちが悪いのに。
他にも、親が出しゃばってくる例はある。
あるプラネタリウムでは「こんなきれいな空で星を見ても、実際に子供が星を見つける練習にはならない」という抗議が来た。そんなことを言われても困るというものだ。
そこで、地元の空を再現して、あえて星がよく見えない状態で探す練習をするプログラムを作ったのだとか。
宿題に関する個別相談のイベントをやれば、親ばかりしゃべって、子供は質問に答えるくらいしかしゃべらない。上手く答えられないと、親が口を挟んでくる。一体誰の宿題なんだろうか。
こんな話もある。
ある博物館に、神奈川に住む子の親から「ルリタテハは神奈川でも見られますか?」という電話がかかってきた。ルリタテハはめったに見られないと係員が回答すると「まいったなあ」。詳しく聞いてみると、「デパートで買った蝶の標本を宿題で提出しようとした」とのこと。「私の実家は長野なので、そこで捕まえたということにした方がいいですか」と聞いてきたので、「その方が違和感がないでしょう」と答えたという。
宿題を買ってすませてどうするんだと思ったら、最近は自由研究のキットがたくさん売られている。組み立てて、色を塗れば完成。まるでプラモデルだ。


宿題は発表会のため?
子供だけでなく大人までもが宿題で大変なのだが、学校はどういうスタンスなのだろうか。
最近は、もっと宿題を減らそうという方針になっているそうだ。
その理由は、たくさん出したら見るのが大変だから。たくさん出し過ぎて、やっと見終わったと思ったらもう冬だったという先生もいる。
やってこない生徒がいたら、最初の一週間は、今からでもいいからやってこいと言うが、それを過ぎたらうやむや。二学期は運動会などの行事が多いので、いつまでも宿題にかかわっていられない。
ならば、いっそなくしてしまえばいいのだろうが、そうはいかない。
市内、県内で優秀な自由研究の発表会がある。よその学校が出すのに、自分のところだけ出さないわけにはいかない。
どう見ても親がやったとしか思えないのが一杯出てくるが、学校間の競争心もあって、あえて出品する。
本当に一体誰のため、何のための宿題なんだろうか。発表会のためにやっているなら、やりたい人だけ自由研究をやらせればいいのに。
さて、そろそろあちこちの家で修羅場が始まっている頃だろう。
まるで締め切り間際の作家状態だ。
そしてどうにか終わって、来年こそはもっと早くやろうと決意する。
来年もまた夏休みがやってくる。でもまた同じことの繰り返しになるのが落ちだ。
何はともあれ、暑かったけど、短かった夏はもうすぐ終わる。
夏の思い出はできましたか?

参考文献:扶桑社・週刊SPA!
スポンサーサイト
  1. 2006/08/26(土) 13:14:00|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

その33:2006年夏・東北大陸縦断行の巻

夏の終わり、東北大陸を行く
先週、帰省のため、年始から毎週続けてきたブログを初めて休んだ。
別に週刊にすると決めたわけではないが、気がついたら毎週書いていた。
2週間ぶりの今回はアニメ、声優とは全く関係ない話で、旅行記だ。
両親の実家は、共に秋田県にある。しかも隣街同士だ。
父は北秋田市、母は能代市。
お盆休みになると、車で延々と700km弱の高速道路を徹夜で走る。
祖父母、そして祖先の墓参り。
あっという間に帰省は終わり、また来年!となる。
毎年、帰省の復路(つまり、帰り)は、途中で一泊して、名所の見物をしていく。
去年は蔵王だった。そして今年はまさに、東北大陸縦断と言うにふさわしい旅だった。


十二湖、千畳敷、そして立佞武多
北秋田の父の実家を早朝に出発した。
日本海側に向けて、国道をひた走った。能代市を横断して、海沿いに出る。
能代市は合併で広くなった。市名を世界遺産に指定された『白神山地』から取って『白神市』に変えようとしたが、中止になった。青森県から抗議が来たり、能代市民が反発したりで、結局能代市で落ち着いた。
海沿いに出ると、JR五能線と並行している国道を走った。
五能線は、白神山地が世界遺産になってから、リゾート列車が多く走るようになった。新しい駅が作られたり、イベントが盛んに行われたりと、活気が出てきている。
最初の目的地は、青森県深浦町の十二湖。
一番の人気は、青池だという。青インクを流したような色で、なぜ青いのか未だに不明らしい。
青池

しかし、日光の差し込む方向があまり良くなかったのに加え、落ち葉が水面に多く落ちていて、あまりきれいには見えなかった。残念。
こちらの写真は、越口の池。
越口の池

池のほとりに、ビジターセンター、イトウの養殖場と釣り堀があった。広さが六畳くらいしかない釣り堀に、水が流れ込んでいる。しかし、受付の小屋は閉鎖されていて、営業しているのかは不明。
十二湖を後にして、国道に戻る途中で、『サンタランド白神』というテーマパークがあった。なんだこれ?と思ったら、コテージがあったり、レストランがあったりと、サンタクロースをテーマにしたリゾート施設だった。
さらに北上を続ける。途中、何度も五能線と交差する。
線路が潮風に晒されて錆びていた。所々に、草も生えている。
千畳敷の海岸で車を止めた。
海岸は海水浴客でにぎわっていた。すぐそばに無人駅の千畳敷駅があるが、ほとんどの人が車で来るだろう。
吹き付ける潮風が心地よかった。
そこからさらに海岸沿いに走り、鯵ヶ沢から内陸部に入る。
津軽平野を走り、五所川原の『立佞武多の館』という博物館に到着した。
立佞武多は『たちねぷた』と読む。五所川原は青森、弘前と並ぶ、三大ねぷたの街の一つだ。
他にも、青森県内では、あちこちの市町村でねぷたが見られる。
青森ねぷたは小さい頃見たが、五所川原は初めてだった。
とにかく大きい。すごい迫力だった。
立佞武多1
立佞武多2

高さは20メートルを超え、ビルの4階にまで達する。
スクリーンには、祭りの映像が流されていた。掛け声は青森では「ラッセラ、ラッセラ」だが、五所川原では「ヤッテマレ、ヤッテマレ」だった。
桃鉄立佞武多

こんな立佞武多もあった。ボヤけていて見えにくいが、ハドソンのゲーム『桃太郎電鉄』の立佞武多だった。周りの立佞武多の迫力に対して、これはちょっと…思わず吹き出してしまった。
6階にある軽食コーナーで昼食。ここからは、五所川原の街、そして津軽富士こと岩木山が一望できる。
そして街の郊外から、東北自動車道へと繋がる津軽自動車道に乗り、父と交代で運転しながら、今夜の宿となる仙台の作並温泉まで、延々と6時間走り続けた。
宿に着いた時にはもう7時を回っていた。食事を先にしてほしいというのを、無理を言って風呂を先にさせてもらった。
宿の方、すみません。


広大な東北大陸を行きたい
作並は仙台市の山間部にある温泉街だ。
西仙台ハイランドという遊園地があるが、駅からは離れている。
名所はないか、宿のパンフレットを見てみる。
鳳鳴四十八滝。大小の滝が連続する滝。滝の奏でる音が、鳳凰の鳴き声に聞こえたことからその名があるとのこと。
入り口は目立ちにくいため、一回通り過ぎてしまい、引き返して入った。
鳳鳴の滝

他には、ニッカウイスキーの工場があって、製造過程を見学できるが、時間の都合で割愛。
あとは、東北道、磐越道、常磐道と高速道路をはしごして、帰路についたのであった。
こうして、今年の帰省は幕となった。
いろいろなところに毎年行っているが、まだ東北のほんの一部分に過ぎない。
もっといろいろなところに行ってみたい。
東北大陸は、思った以上に広大だから。
以上で、今年の東北大陸縦断行のレポートを終わりたいと思います。
  1. 2006/08/19(土) 20:37:26|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

休載のお知らせ

管理人がお盆の帰省のため、今週の『安比奈のなないろディップスイッチ』はお休みさせていただきます。
  1. 2006/08/10(木) 21:42:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その32:声優にデモなる?声優になるシカない?の巻

国民的アイドルグループの黄昏
1997年、テレビ東京の番組『ASAYAN』で行われた『シャ乱Qロックヴォーカリストオーディション』で最終選考まで残った5人で、グループが結成された。
グループ名は『モーニング娘。』となった。
当初は低迷していたが、結成から約2年でブレイク期を迎え、瞬く間に日本の音楽業界を制覇した。
メンバーチェンジを繰り返しながらミリオンセラーを連発、歌番組、ドラマ、バラエティ、CMとテレビで彼女たちの顔を見ない日はないくらいになり、まさに国民的アイドルグループとして名を馳せた。
…のは、すでに過去の話。
今は…初期のメンバーは完全にいなくなり、人気メンバーもほとんど抜け、CDの売り上げは最盛期に遠く及ばない。
ファン離れに歯止めがかからず、コンサートも空席が目立ち、メンバーの卒業コンサートでないと満員にならない。
子供のファンを取り込もうと、曲の対象年齢を下げたが、「幼児化した」「ロリコン向けになった」という散々な言われよう。
コンサート会場で家族向けに『ファミリー席』を設けるが、「ロリコンなファンがいるから、怖くて子供を連れて行けない」と、敬遠される有様。
そして、テレビでの出番は減るばかり。環境問題に取り組んでみたり、フットサルをやってみたりと苦し紛れのような活動。
2006年8月現在、第8期のメンバーを募集するオーディションが行われているが、新しく入れたところで焼け石に水だろう。
モーニング娘。は、もはや黄昏の時期に来ている。


流れ着く先は声優界
そろそろ危ない、と何度も解散の噂がささやかれるモーニング娘。
解散した後、メンバーは一体どうなるのだろうか。
おそらく、芸能界に残るのは半分にも満たないだろう。出番がなくなって自主引退するか、事務所を解雇されるかだ。
そして残った内の何人かは、声優になるのでは、と私は予想している。実際、メンバーの一人が、現在放送中のアニメの主役をやっている。
なぜかと言えば、声優界は顔出しで売れなかった、あるいは落ちぶれたアイドルや役者の再就職先になっているのだ。
実際、元・顔出しという過去を持つ声優が少なくない。
芸能界から足を洗って別の仕事に就職しようにも、芸能人時代を職歴として見てくれる会社なんて、そうそうあるのだろうか。
就職がままならければ、結局芸能界で生きていくしかない。コネがある人は、事務所の職員、あるいはマネージャーになるなど、いわば裏方に回るという道がある。これでなんとか食える。
しかし、とある養成所の講師いわく「芸能人は一度スポットライトを浴びると、忘れられなくなる」。
裏方に回るなんて、とてもできない。でも、もうテレビには出番がない。どこも使ってくれない。
アニメのことはよくわからないが、仕方がないから、声優に『でも』なるか、声優になる『しか』ない。
…というわけで、流れ着く先が声優界というわけだ。
言ってみれば、『デモシカ声優』になってしまうのだ。
これはまずい…とは一概に言えないとしても、良し悪しだろう。
確かに、ラストチャンスの場になっているという面ではいいかもしれない。
だが、女性ならば、大概がアイドル活動をさせられる。アイドルなんて、もうそんな年齢でもないだろうというのに。
よほど年がいっていれば話は別だが、もうブレイクは期待できない。せいぜい、『あの人は今』系の番組に出られるくらいだろう。
何はともあれ、声優になった。そして、晴れて人気が出た。ラストチャンスを生かすことができた。
そうなれればいいのだが、現実を知ってみて愕然とするだろう。
人気が出たといっても、それは声優界という狭い世界でのこと。
外に出てしまえば、自分のことなど、誰も知らない。あるいは忘れられている。
知らない間に世間からは『オタクに媚びるアニメの女の子』というレッテルを貼られている。いかに「自分は周りとは違うんだ、こんなことなんか本当はしたくないんだ」と思ったところで、全く無意味だ。
かつて自分がそうだった、顔出しの役者、アイドルに比べたら、まるで異物扱い。
しかし、一度『声優』というレッテルを貼られてしまった以上、もう後戻りはできない。
閉鎖された世界で生きるしかない。
どうだろうか。これでも幸せだと言い切れるのだろうか。
話はそれるが、こんな人もいる。
オリコンで2位に入った声優。
彼女は歌手を目指していただけあって、確かに歌唱力は抜群にある。
だが、声優として、役者としての演技力には、残念ながら疑問を持たざるを得ない。
歌が売れた、人気が出たといってもそれは声優という枠でのこと。
その枠の外に出たら、誰も知らない。知ってもらったところで、やはり『アニメの女の子』扱い。
役者にもなりきれていないし、歌手にもなりきれていない。
テレビに出ても変わり者扱いされるだけで、歌わせてもらえない。
たとえ声優をやめて歌手に専念したところで、声優という肩書きは消えてくれない。
実際、そういう人がいる。
残酷な言い方だが、声優になったから売れたのだ。そうでなかったら、結局売れずに終わっていただろう。
本当は複雑な心境なのかも知れない。
もしかしたら、「こんなことで売れてもうれしくない!」と思っているのかも知れない。


アイドルをしていると家族、友人に言えるか
元アイドルだったか、そうでないかは関係なしに、アイドル活動をやるのはいい。
だが、はっきり言ってしまおう。
前回にも書いたように、やっていることはおニャン子クラブやモーニング娘。のまねごとじゃないか。
あんなことを23、4歳を過ぎて喜んでやっていたら、本当のバカだ。
ましてすでに20代後半に入っているなら、過ぎているなら、もうご臨終だ。
それだって大事な仕事だ、バカなことじゃないと言うなら、聞いてみたいことがある。
その仕事をしている姿を親や家族、学生時代の友人に見せられるか。
イベント会場に家族、友人を呼べるか。
今、こういう仕事をしていると、胸を張って家族や友人に言えるか。
「がんばってる」「輝いてる」と言われると思うか。
アイドル活動をやめろとは言わない。ただ、バカなことをしている、一家の恥を晒しているという自覚は持った方がいいかも知れない。
  1. 2006/08/05(土) 13:19:32|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。