安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その72:続・らき☆すた主題歌1位にする運動・失敗前夜祭の巻

リンクが貼られた、が……
らき☆すた主題歌1位にする運動のまとめサイトのリンク集のページに、前回の記事へのリンクが入っていた。しかし、いつのまにか消えていた。
その代わり、こっちからかけた前回の記事のトラックバックは、消されないで残っている。
リンクは消したのにトラックバックは残したのか。中途半端だな。
まあ、この運動自体が中途半端なものだし。『ネギま』も、『ハルヒ』の時もそうだったけど。
そして、中途半端なまま終わるのが落ちだ。
それでは、今回も元気良くいってみましょう。
らき☆すた主題歌1位にする運動・失敗前夜祭!
[その72:続・らき☆すた主題歌1位にする運動・失敗前夜祭の巻]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/05/26(土) 12:24:55|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

その71:らき☆すた主題歌1位にする運動・失敗前夜祭の巻

音楽番組で、声優が笑い者に
以前、オリコン2位に入った声優が出た人気音楽番組で、今度はトップクラスのアイドル声優が出演した。
わずか3分の出演で、例によって歌わせてもらえなかった。
客席には、いかにもといった雰囲気バリバリのオタクが集まっていた。
声優がお寒い持ちネタを披露すると、盛り上がる客席とは裏腹に、司会者は唖然とするばかり。
かくて、視聴者の9割以上が知らない大人気アイドル声優は、お茶の間の笑い者となったのだった。
まあ、えらい大恥かいたことで。
私はこれを見て、つくづくあきれ果てた。
もう嘲笑する気も、怒る気もなかった。
この無様過ぎるテレビ出演で、ますます声優はバカにされることになっただろう。
あれは脚本だ、声優が悪いんじゃない、やりたくてやったんじゃない、やらされたんだって? 
じゃあ、テレビ局に抗議したら?
[その71:らき☆すた主題歌1位にする運動・失敗前夜祭の巻]の続きを読む

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/05/19(土) 11:41:31|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

その70:2007年春・東北大陸花紀行の巻

Super Express Komachi 1
ゴールデンウィークはあっと言う間に終わってしまった。
今回は声優・アニメとは関係ない話で、旅のレポートです。
4月28、29日は知り合ったみゃあみゃあ氏と伊豆長岡温泉へ行ってきた。
そちらのレポートは、みゃあみゃあ氏のブログをご覧下さい。
そして、5月2日~4日にかけて、両親の故郷、秋田へ両親と共に行ってきた。
5月2日、朝一番の『こまち1号』で、東京を出発した。
上野、大宮まではそれほどスピードを出さないが、大宮を過ぎると250キロのスピードで、仙台までノンストップですっ飛ばす。
仙台を出ると、盛岡までまたノンストップとなる。
盛岡を出ると秋田新幹線に入り、山深い渓谷を走る。
東京から秋田まで、大都会、住宅地、農村、そして山岳地帯、渓谷と、風景の万華鏡が展開される。だから眠くなる暇なんてない。
10時半頃、角館に到着した。ここで乗客の大半が下車した。
お目当ては他でもない、シーズン真っ盛りの桜である。私たちもその口だ。
秋田新幹線の開業で、東京から日帰りで行けるようになった。朝一の『こまち』で行って、夕方の『こまち』で帰るというコースだ。
今年、秋田新幹線は開業10周年を迎えた。

[その70:2007年春・東北大陸花紀行の巻]の続きを読む

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/12(土) 12:18:32|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休載のお知らせ

あなた、芝居って奴をなめてない?
観客って奴をなめてない?
それ以前に、人生って奴をなめてない?

管理人帰省のため、今週の『安比奈のなないろディップスイッチ』はお休みさせて頂きます。
  1. 2007/05/02(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

視聴レポート ちごゆりが咲く頃に curriculum.3:来年度園児募集停止!?

第3話です。
アパートの奈緒先生の部屋から始まります。
『書類選考の結果、残念ながら今回は見送らせて頂くことになりました 青葉保育園』
不採用通知です。ため息をつく奈緒先生。
「……潰れる寸前の三流保育園の保育士なんて、使ってくれないよね」
保育園はどこでも人手不足だから転職は簡単……と思ったら甘かった。どうやら、ゆりのは保育園の悪名はとどろいているようですね。
続いて楓先生の部屋。
『誠に残念ながら、今回は……』
やはり不採用通知。
「おかしい……占いでは絶対採用と出てたのに……」
後ろには、タロット、水晶、ダイス、果てはトイレットペーパー(!)など、占いの道具がズラリ。トイレットペーパー占いというのがあったが、その占い師は今どうしているのでしょう。
さて、場所は変わって保育園の職員室。来年度の園児募集で、現在集まっているのは20人。定員は40人なので、定員割れとなります。
これでは採算が取れないので、妻沼先生は、募集締切日までに定員まで園児を確保してこいと保育士、理事長先生に命じました。
もしそれができない場合は、新年度の園児募集は停止となってしまいます。
理事長の志郎は園児集めに必死になっていますが、保育士たちは「そんな営業マンみたいなことをどうして」と、誰一人真剣にやろうとしません。
あちこちでビラを配ったり、ポスターを貼ったりがんばる理事長先生。徐々に、理事長としての自覚が芽生えて来たようです。
しかし、締切日まであと3日なのに、やっと5人集まっただけでした。
5人集まったと報告しますが、妻沼先生からは冷たくあしらわれてしまいます。
「5人しか集まってなくて喜ぶなんて甘い。がんばればいいのは学生時代まで」
叱られて落ち込んでしまう理事長先生を見て、奈緒先生はどうせ辞めるからと真面目にやらなかった自分を深く恥じました。
理事長先生に謝る奈緒先生。そして、
「たった1人で5人も集めたんだから、立派じゃないですか。妻沼先生だってわかってると思いますよ」
スランプ理事長、奈緒先生の励ましで復活。
そして、奈緒先生は本気になり、さらに楓先生も加わって再び園児集めを始めます。
Bパート。
朋美先生とすみれ先生は、相変わらず文句ばかりで何もしません。
健太くん、いじめっ子をやっつけて女の子から大歓声です。人気者ですね。
朋美先生から叩かれますが、それでも悪びれた様子はありません。女の子たちは、「健太くんはひかりちゃんがいじめられたのを助けたのに」と、抗議の声を上げますが、朋美先生の「うるさい!!」でみんな黙ってしまいます。でも先生がいなくなったら、歓声を上げて健太くんを囲みます。問題は子供たちではなくて、先生の方にあるのが露骨過ぎるくらいにわかります。
園長先生も何もしません。園長=美雪先生は、理事長の志郎、奈緒、楓の『妻沼派』に付くか、 朋美とすみれの『反妻沼派』に付くかの板挟みに悩んでいます。 どちらに付いても、付かなかった方から突き上げを食らうのは目に見えています。コウモリ状態でどちらにも入れないということにならなければいいんですが……。
そんなさなか、よその保育園で、園児の父親が保育士と不倫という不祥事が発生して、 入園辞退者が出る騒ぎとなりました。
「入園辞退者を受け入れます」と、火事場泥棒のように園児の獲得に成功する朋美先生とすみれ先生。
大いばりで妻沼先生に報告に向かいます。
「そうか、お前らの勝ちだな。これで定員に達したからな」
妻沼を見返せたと、鬼の首を取ったかのように喜ぶ二人。
ところが、臨時ボーナスをもらってもおかしくない二人には、戒告処分が。
なぜか。
園児を集めろと指示を出したのに、締切3日前まで何もしなかった。
手柄は立てても、それはそれ、これはこれで指示違反、職務怠慢は変わらない。
火事場泥棒の手柄に報奨は与えられない。
そして、保育士全員に戒告処分が下りました。減給じゃないのは、これ以上減給にしたらただ働きになっちゃうからかな?
理事長先生は妻沼先生に呼ばれます。また叱られるのかと思ったら、
「一人で良くやりました。この調子でリーダーとして成長していって下さい」
初めてほめられて躍り上がる理事長先生。その一方で、さらに反感を激しくする朋美先生とすみれ先生。
そして夕暮れ、子供たちはみんな帰宅した後です。
誰もいない教室に、妻沼先生がたたずんでいます。
「ゆう子先生、ようやくスタートラインに立つことができました」
そろそろ、『ゆう子先生』のエピソードが出てくるかな?
今回のエンディング、『さよならだけどさよならじゃない』は、奈緒先生。うーん、今回は今ひとつかな?
今回の所感。
怠慢はいけないが、結果を出せていないのもいけない。これが社会人の厳しさということを、妻沼先生は理事長先生に教えました。
でも、たとえ手柄は立てても、怠慢だったのは変わりないのだから、しっかりとペナルティは受けねばならない、妻沼先生の公正を守る厳しさが表れています。
しかし、最後に理事長先生をほめるというフォローも忘れていません。決して、厳しいだけの指導者ではないのですね。
2ちゃんでは、さっそくスレが立っています。予想通り、『妻沼市ね』のオンパレード。
でも妻沼先生、間違ったことはしていないと思うんですが……。
美少女は何をしても許される、その代わりに男に媚びろ(色気見せろ)、こういう安っぽくて中途半端な正義が、一番悪いんですよね。
終了までに、何スレまでいくことでしょうね。
では、また次回。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/05/01(火) 09:14:38|
  2. 視聴レポート ちごゆりが咲く頃に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。