安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その121:ゴールデンタイムの新作アニメはだめですかの巻

納得できないなら、話し合いはできない
前回『魔法少女リリカルなのは』のことを書いたら、せこい突撃、薄っぺらい反論をしてくる連中が来るわ、来るわ。
いくらゴネても、簡単に迎撃されておしまいなのに、全くご苦労様だ。
なになに、「なのはは話し合いをするために、相手を殴るような奴」だって?
そうか。だったらなおのこと、こんなことを言う連中もありじゃないのか?
「すまなかった、負け戦に行かせるわけにはいかなかったんだ」
「ごめんなさい、あなたたちを止めるにはこれしかなかったのよ」
「僕らは知っている。君たちが辛い、苦しい思いをしていることを」
「俺たちはみんなを苦しめたいんじゃない。みんなを助けたいんだ」
「私たちは味方だから。信じてよ、私たち、みんなと友達になりたいんだよ」
「悪いことは言わない、俺たちの下で修業しろ! みんなを生まれ変わらせてみせる」
「今のお前たちでは、奴らに勝てない。俺たちだけでも無理だ。力を合わせて戦おう」
「お願い、わかって。私たちは、あなたたちを信じています」
この言葉が、そんなに信じられないのか。
それなら、なのはと8人は何も変わりがないね。違うのは立場だけだ。
それで納得できないなら、話し合いなんてできないね。
なのはたちと8人も、そして私と突撃してきた連中も。
[その121:ゴールデンタイムの新作アニメはだめですかの巻]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/05/25(日) 22:02:56|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

その120:『かわいい』は神聖にして侵すべからずの巻

災厄は続く……
5月12日、中国四川省チベット族自治州を震源とする大地震が起こった。
これまでに3万人を超える死者が確認されている。
大寒波、チベット暴動、そして今回の大地震。
オリンピックが開かれるめでたい年のはずなのに、中国で立て続けに起こる災厄。
五輪が開幕する8月までに、天災か人災かはわからないが、もっと悪いことが起こるような気がしてならない。
この先、中国はどうなってしまうのか。
前回あれだけボロカスに書いたくせに、心配しているふりして本当は嬉しいくせにって?
確かに、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震が起こった時のことはある。あの時支那・朝鮮のくそったれどもに何を言われたかを考えれば、どんな感情が沸き上がってくるかは知れたものだ。
だからと言って、仕返しはさらなる仕返しを生むだけで、何の意味もない。
文章に書かなくても、口に出さなくても本心で思っていれば同じことだが、一応建前は守らねばならない。
その上で、改めて書いておく。
前回書いたことを撤回する気は絶対にない。また、チベット問題を取り下げる気もない。
大地震が免罪符になると思ったら大間違いだ。
[その120:『かわいい』は神聖にして侵すべからずの巻]の続きを読む

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/05/18(日) 23:16:24|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:24

その119:変わる日本人、変わらぬ声優とファンの巻

日中友好なんてくそくらえ
中国の国家主席にしてチベット大虐殺の主犯、胡錦濤がやっと帰国した。
首脳会談では、チベットがどうだの、海底ガス田がこうだの、毒ギョーザが……ということは、うやむやにして逃げた。
だが、そのまま楽しい旅ができるかといったら、そうは問屋が降ろさない。
横浜市長が、「横浜には中華街があり、中国人が約3万人いるが、重要な市民として人権を尊重している」と、チベット問題に関する嫌味をさりげなく投げつけた。
さらに安倍前首相が、「人権状況について憂慮している」と、KY……のように見えて、実は国内の空気を読み過ぎな嫌味を投げつけた。
あの支那犬首相でさえも、「事情が許せば(五輪開会式に)出席する」と、出席の確約をしなかった。
早稲田大学、唐招提寺など、行く先々で激しい抗議が起こった。
そして、今年の正月、私が訪れた法隆寺でも抗議活動が起こった。
「パンダなんていらない、チベットに自由を」との声が高まっている。
今まで、日本でこんなことって、何回あっただろうか。
マスコミも政府もあてにならないなら、自分たちでやるしかない、と気づいた人が確実に増えているんだ。
そうだ、このままじゃいけないと、気づき始めている人が。
その結果、胡錦濤の訪日で日本国内の対中感情は良くなるどころか、ますます悪くなった。
いい調子だ。毒ギョーザを食わそうとしておいて、日中友好なんてくそくらえだ。
不買運動なんかしなくても、「中国製品なんて、怖くて買えない」と誰もが思えば、それが一番の不買運動になるのだ。万国共通、食い物の恨みは恐ろしい。
[その119:変わる日本人、変わらぬ声優とファンの巻]の続きを読む

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/05/11(日) 23:59:41|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

休載のお知らせ

帰省のため、今週の安比奈のなないろディップスイッチはお休みさせて頂きます。





  1. 2008/05/03(土) 11:55:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。