安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その10:ババアとオタクこそ嫌韓流に乗れ!の巻

日韓友情年?そんなのあったの?
今回は声優やアニメとは直接関係ない話。
アニメと声優のメッタ切りを楽しみにされていた方、すみません。
今回は別のもののメッタ切りです。
昨年、2005年はアキバ系ブームが起こった。
そして、もう一つ起こったブームがある。
韓流ブームだ。
そして、2005年は日韓友情年だった。
…なんて、知ってましたか?そんなのがあったなんて、私は今年に入って初めて知った。
友情ねえ…。
あそこは、実にユニークでいい国です。
日本の領土である竹島を乗っ取っているし、国際司法裁判所での裁判で負けるのが怖くて逃げ回っているし、日韓基本条約でとっくの昔に終わっている謝罪と賠償を迫ってくるし、その条約で日本からせしめた約50億ドルを政府がそっくりネコババしたし(しかも北朝鮮の分まで)、実際にはなかった従軍慰安婦、強制連行でグダグダぬかしているし、地下鉄の駅で、小、中学生に描かせたお下劣絵の展覧会をやっているし、大統領が人気取りのために、親日行為と見れば取り締まる法律、祖先が日本に協力したというだけで財産を取り上げる法律を作るし、日本が何か言うと、大使館の前で電撃ネットワークごっこをする似非愛国者がいるし。
これで日韓友情年ねえ…誰、これ考えたの?病院行ったほうがいいんじゃない?
全く、我々の先祖はとんでもないことをしてくれたものですよ。
資源もない、金もない、産業もない、ないない尽くしで国家の体すらなしていなかった李氏朝鮮の支配していた朝鮮半島。朝鮮人が望んだ併合によって、朝鮮半島は日本の一部になった。鉄道を敷き、道路を造り、ダムを造り、禿山に木々を星の数ほど植林して、法体系を整備して治安を高め、学校を増やして識字率を高め、病院を造って平均寿命を延ばし、都とは名ばかりで、大スラム街だったソウルを大都会に変えた。
妄言を吐くな?証拠は腐るほどあります。
人民から搾取した?どこから搾取するんです?逆さにして振っても、ないものは取れません。
創氏改名で名前を奪った?強制ではありません。朝鮮名のまま将官クラスになった軍人がいます。
文字を奪った?ハングルを『女子供の文字』と嫌っていた朝鮮人の間に普及させ、識字率を劇的に高めました。
植民地ではなく日本の一部として扱った、近年まれに見る善政でした。
おかげで今、どうなっているか。
恩をきっちりと仇で返してくれてますよ。100倍以上にして。
それを徹底的に白日のもとにさらけ出したマンガがあった。
それが、『マンガ嫌韓流』である。


韓流ブームはインチキだった
しかし、新聞には片っ端から広告掲載を断られ、売り上げランキングからも意図的に外された。テレビでの紹介なんて論外だった。
今は韓流ブーム真っ盛り、まさに稼ぎ時なのに、邪魔されてはかなわん。そこで黙殺、徹底無視に出た。
しかし、人の口に戸は立てられない。そして、ネットに戸は立てられない。黙殺したことからかえってネット上の話題に上がり、売れに売れた。
私も買って読んでみた。そして…。
謝罪と賠償は日韓基本条約で完全に終わっていること。
従軍慰安婦も強制連行もなかったこと。
竹島は韓国の不法占拠状態であること。
日本は朝鮮半島から奪うどころか、与えたこと。
その他、知らなかったことだらけだった。
さあ、大変だ。これで韓国人が怒らずにいられるか。
「妄言」だの「捏造」だのと、読みもしないでわめき散らしている。読んでもわめき散らす。
そこで、「この本に描かれたことが間違っていることを証明しろ」と言ったら、「韓国人いじめだ」「意地悪だ」などと逃げる。
証明できるわけがない。この本を否定するには証拠が多すぎる。
描かれたことを突き崩すだけの論拠なんて、ありはしないのだ。
さて、それから『嫌韓流』に興味を持った私は、『嫌韓流』に乗った本を次々と購入して読んだ。
そして、最も良くわかったこと。
韓流ブームは意図的に仕掛けられた、インチキだということだった。
韓流スターが来日するたび、空港で何百人というファンの出迎え…あれは招集された在日韓国人、朝鮮人によるサクラだということ。
その猿芝居にだまされて、韓国くんだりまで韓流スターの追っかけをする、グッズに金をつぎ込む色ボケババア。
行き着く先は、世が世ならもう、パンパンやな(オール巨人の口調でお読み下さい)。
まるで声優やアイドルの追っかけをする、フィギュアやアニメグッズに金をつぎ込むオタクそのものだ。
あんなババアと一緒にするなって?向こうからは、あんなオタクと一緒にするなって返ってくるよ。
そうだ、オタクと韓流ババア、どっちも変わりがないのだ。対象が違うだけのことだ。
「電車男」がきっかけで起きたと言われるアキバ系ブームだが、これだって見下される存在を作ることで『一般人』の溜飲を下げさせようという意志のもとに、意図的に作られたブームなのでは…という推測を私はしてみたが、いくらなんでもこれはないか。
もし本当にそうなら、アニメ声優やオタクをどんどんテレビに出して、徹底的に笑い者にするだろうし。実際にあったから、そういう番組が。
さて、オタクと韓流ババアの共通点が見えてきた。
1・小金を持っている。が、親(亭主)の金は自分の金、自分の金は自分の金。
2・飽きっぽくて、新し物好き。その新しい物もまたすぐ飽きる。延々その繰り返し。
3・人様から見ればどうでもいいことに、ポンポン金をつぎ込む。そのくせ使うべきところには「もったいない」。
4・何か言われると、「誰にも迷惑かけてないんだからいいじゃない」と聞こうとしない。
5・注意深いようで、すぐ人に流される、良く言えばお人好し。悪く言えば単純バカ。
そして、一生だまされ続ける。失敗を反省するということを知らない。丸裸にされるまで気がつかない。
薄々はだまされているのではと気づいているのかもしれないが、それを認めることは自分を否定することになるのでできない。


ババアとオタクで嫌韓流ブームを起こせ
2006年2月22日、『マンガ嫌韓流2』が発売された。
その日は島根県の条例で定められた、『竹島の日』でもあった。あえて合わせたのだ。
もっとも、『竹島の日』は一部のマスコミが小さく扱っただけで、ほとんど沈黙状態だった。
式典に招待された大臣、国会議員は、欠席という形で逃げた。
条例が決まった一年前、あれほど騒いだ韓国側は、驚くほどおとなしかった。小規模な抗議デモが起きたくらいだった。
正直言って、拍子抜けだった。もっと騒いでくれると思ったのだが。
それはともかく、『マンガ嫌韓流2』は発売された。
例によってマスコミは無視を貫いているが、無駄だ。売れているのだ。
あちこちでランキング1位、1位のオンパレードとなった。
今度は外されなかった。ということは…。
そう、インチキ韓流ブームの化けの皮は徐々にはがれ始めているのだ。
女子高生にさえ、「あのブーム、なんか裏がありそうだよね」と言われているくらいなのだ。
あの手この手でマスコミは悪あがきを続けるが、どれだけ持つか見物だ。金をこれ以上損したくなかったら、手を引いた方が利口なのだが、あれだけ持ち上げてしまったのだから、今更引っ込みがつかない。
さあ、ババアどもがどれだけの金がドブ捨てにするか楽しみだ。
しかし、ただドブ捨てのままにしておいてはもったいない。もっと有意義に使わせる方法はないか…あった。
今までとは逆に、嫌韓流のムードに金をつぎこませて、ブームへと昇華させる。そして、ブームでない形で嫌韓を定着させれば、どれだけ世のため人のため、ひいては日本のため、そして韓国のためになるか、その経済効果は、もはや計算不可能だ。
そうだ、韓流ババア、こいつらは金づる…もとい、出資者に使えるな。それにオタクも加えればどうだろうか。これでもう、潤沢な資金が用意できる。
どうやったら金をつぎこませられるか、じっくりそれを考えてみることにしよう。これは自分への宿題だ。
泳ぎを知っているつもりで天狗になっている奴を溺れさせるなんて簡単…なはずなのだが、簡単そうでなかなか思いつかない。
私もまだまだ甘いな。
では、今回の締めに…。
ババアとオタクこそ嫌韓流に乗れ!
どこかにあったような言葉?それは既視感、デジャ・ヴだよ、デジャ・ヴ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/04(土) 01:14:05|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<その11:そりゃ教える側にも問題あるだろ!の巻 | ホーム | その9:『だから声優やめられない!』を読んでみたの巻>>

コメント

足元を見ろ!&質問

安比奈誠伸さん>

はじめまして。
替え歌投稿の常連、M.Nです。
「なないろディップスイッチ」に投稿するのは初めてではございますが、コメントさせていただきます。

日本人は未だに、何でもかんでも外国のものに飛びつきたがる風習が抜け切れていないのかと思うと悲しくてなりません。「韓流ブーム」だ何だかんだという前に、まず自分の足元を見ろ!と言いたいです。自分の足元さえまともに見られない者が、外部のものにかぶれるな!とも言いたいです。

また、内地(沖縄では日本本土〈北海道・本州・四国・九州〉のことをこう呼ぶ)では“沖縄”がブームになっていますが、「韓流ブーム」にしろ「沖縄ブーム」にしろ、これらは所詮、戦国末期の南蛮ブームや明治時代の外国かぶれのような“珍しいもの見たさ”に由来するものではないか、と言うのはおかしいことでしょうか(私事で甚だ恐縮ですが、私の母は沖縄県・宮古島生まれであり、また、私が大学時代にゼミや卒業論文で研究したテーマは“南蛮屏風”でした)。

あと、『嫌韓流』についてですが、このテーマは是非小林よしのり氏にも、「台湾論」「沖縄論」「靖国論」に続くシリーズとして書いてもらいたいと思います。彼なら、かなり鋭い切り口で辛口に斬ってくれるはずですから(ちなみに、私は「沖縄論」を持っています)。

最後に、質問させていただきます。
甚だ僭越とは思いますが、こちら(投稿者)からメッタ切りのネタをリクエストすることはできないものでしょうか?

長くなりましたが、以上です。
それでは、失礼いたします。
  1. 2006/03/04(土) 12:39:39 |
  2. URL |
  3. M.N #-
  4. [ 編集]

res...

M.Nさん>
こちらでははじめまして。
何かというと日本と外国を比較して、「これだから日本は…」とすぐ言う奴がいますよね。
じゃあお前は何人なんだって言いたくなります。

沖縄ブームの時、沖縄だって日本なのに何だか外国を見るような扱いが多く、何かが違うような気がしました。
確かに注目されるのはうれしいけれど、その注目のされ方がおかしいと、素直に喜べないのではと思います。

小林よしのり氏と言えば、『ゴーマニズム宣言』で有名ですね。
その中で、小林氏が大学時代に友人に言われた「今日戦えない奴が明日戦うと言っても俺は信じない!」という名言がありました。

メッタ切り、本当はもっと色々なものを扱っていきたいのですが、あまり手を広げすぎるとどれも中途半端になってしまいそうなので、今はアニメ・声優・オタク、そして今回扱った韓流でしばらくやっていこうと思っています。
もっと色々なメッタ切りができたらいいな、と考えています。
  1. 2006/03/04(土) 23:23:19 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

ds

はじめまして

文を読んでみると、どこか見たようなことばかり書かれていたのですが、もしかして転載とかしましたか?
  1. 2006/03/07(火) 20:08:05 |
  2. URL |
  3. 名無し #YZJCp5.6
  4. [ 編集]

res...

はじめまして。
一部引用はしましたが、その出典は記してあります。
  1. 2006/03/07(火) 20:37:14 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

嫌韓流2買いました

ブログのその10を読ませていただきました。
嫌韓流は韓国が起こした事件、出来事を日本が知るために非常に意義のある本であったと思います。
様々な韓国の実態を日本が知ることによってあとがきで書かれていたように、日韓の正常な関係を築くための第一歩を踏み出したのだと思います。
もちろん、日本側が相手のことを知るだけで満足することなく自説をはっきりと主張すること、根気よく会話を続けることは重要だと思います。
  1. 2006/03/08(水) 19:50:19 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

res...

>>田中次郎さん
嫌韓流を読んで、知らないということがいかに恐ろしいことかがよくわかりました。
言いたいことを言い合える、間違っていることは間違っていると言える、それが真の友情なのだと思います。
相手の言いなりになるのは、本当の友情ではないですからね。
言いなりになっていたら、友人ではなく手下です。
  1. 2006/03/09(木) 20:54:35 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/12-6c4d4bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。