安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その116:中国と不燃ゴミ諸君の意外ではない共通点の巻

『三国志』や『水滸伝』が生まれるわけだ
チベットの自由を求める声はおさまるどころか、ますます強まっている。
車椅子の聖火ランナーが襲われた、というニュースが流れたが、それでもチベットを擁護する声はやまない。
この事件は、中国当局側が仕組んだやらせの疑いが強まっている。嘘を暴く写真が出回っている状態だ。
逆に言えば、中国側はせこい美談をでっちあげなければならないほど追い詰められているのだ。
あの手この手の小細工をしまくっても、空振りが続くという状態だ。洗脳済みの国民は除いて。
だが、何億という人間を完璧に洗脳するのは不可能。なのに、何かがおかしいとは薄々は感じていても、誰も声を上げる勇気がない。たまるばかりのフラストレーション。しかし、反日暴動はできない。金づるを敵に回してはまずいから、政府に禁じられているのだ。
一方、日本は中国から経済制裁をされたところで、「この頃、野菜の値段が上がって大変ねえ」。これで終わり。痛くもかゆくもない。むしろ大歓迎。
断交でも何でもすればいいが、これだけは言える。
中国人の最大の敵は日本人ではない、中国人なのだ。これは何千年という昔からの歴史が証明している。
今なお続く、北京と上海の権力闘争も然りだ。今は北京が優勢だが、上海が金の力で巻き返しを図るかも知れない。
世界に名だたる武侠(剣劇、時代劇)『三国志』や『水滸伝』、そして日本で漫画化、アニメ化された『封神演義』が生まれるわけだ。(ほとんど原作無視だけど)



意外でもなんでもない共通点
中国人どもは、無駄な抵抗、せこい抵抗を続けている。
なになに、中国ネットユーザーがフランス製品の不買運動?
ほう、すごいね。
フランスにとっては、全然痛くもかゆくもない。
北京五輪の聖火リレーが、パリで激しい妨害を受けたことへの抗議として、中国のネットユーザーたちがフランス系の大手スーパー、カルフールで買い物をしないよう呼び掛ける運動を始めた。
不買運動なんてカッコつけておいて、どうせ買うくせに。
欲ボケババアどもが、ブランドものをこっそり買いに行く姿が見えるようだ。
反日暴動が起きた際も、日本製品の不買運動が起きたが、参加者の幹部が日本製の電化製品を使っていたという。「これはいいんだ、例外だ」。愛国が聞いてあきれる。
ずいぶんと虫のいい不買運動だ。
虫のいい不買運動か……何かと良く似た状況だなあ……ああ、思い出した。昨年の2007年、声優事務所の社長逮捕事件だ。
アニメのDVD、CDの不買運動が起きたが、結局すぐに挫折した。いや、起きたとさえ言えないレベルで立ち消えになった。
そして、抗議運動も自然消滅した。何事もなかったかのように、事件は忘れられていった。
結局、欲に勝てない。これくらいはいいんだと自分をごまかして、決意を簡単に投げ出す。
所詮はこんなものだ。
声優が好きだなんて見せかけだ。好きなふりをしているだけのことだ。
不燃ゴミ諸君は声優をスケベな妄想の媒介にしているだけで、守ろうという気持ちなんかサラサラない。
自分の保身だけしか考えていない。そのくせ、アニメや声優にすがらないと生きられない。
「見てやってるんだ、聞いてやってるんだ」。「金を出してやってるんだ」。実に滑稽なものだ。
中国人どもはどうか。
愛国心なんて見せかけだ。愛国者のふりをしているだけで、国を愛する気持ちなんかサラサラない。
愛しているのは自分と金だけだ。そのくせ、極めて優秀な欧米製品、日本製品がないと生きられない。
「使ってやってるんだ」「金を出してやってるんだ」。実に滑稽なものだ。
全く滑稽だ。
すがるものがないと生きられない、自分の力では何もできないくせに、「してやってるんだ」と粋がっている。誰に向けての粋がりなのか、それは妄想が作り出した『敵』への粋がりなのか。
両者にこんな共通点があったとは、何とも意外……いや、意外でもなんでもない。
もっと共通点を書こう。
上から何かを与えられないと何もできない。
昨日まではしっぽを振っていても、平気で裏切る。
成功は横取り、失敗は認めない。
追い込まれると何かのせい、人のせいにする。
責任は誰かに押し付けて、自分の非を認めない。
安っぽい達成感で自分をごまかす。
自分たちは特別だ、すごいと思い込んでいる。
他人はバカだと思っている。
周りがバカばかりだから理解されないと思っている。
自分たちが立派過ぎるから周囲がひがんでいると思っている。
誰もだませないから、自分で自分をだます。
……こんな所だろうか。
まあ、一つか二つくらいは私の思い過ごしもあるだろうが、大部分は当てはまるだろう。
孔子の子孫だと名乗るジャーナリストが、著書で「日本人は太平洋戦争の時のように、自分で自分をだます」などと書いていたが、それは他ならぬそっちのことだ。
この子孫様、中国の故事成語を持ち出して人の道を立派に説いて下さっている。豚の耳に念仏……いや、豚の口が念仏です。
私は親日だ、日本が好きだなどとふざけた戯言を抜かしているが、実のところは中国に居場所がないから、日本に居座っていばっているだけのことだ。
日本はチョロイぜ、飯、酒、女がいくらでもかっ食らえるからとウハウハ状態だろうね。
全く黄砂よりも始末が悪い、歩く『輸入公害』だ。
まあ、こんな奴は放っておけばいい。どうせ母国では戦力外にされているんだから、工作員なんかできるわけがない。
残念ながら、日本にも戦力外はたくさんいる。
中でも不燃ゴミ諸君は、日本を代表する戦力外だ。
私の幻影に向けてか、「人生もう消化試合なんだから無理するな」と陰口をほざいている不燃ゴミがいた。
それを言うなら、お前らは人生放棄試合だよ。0対9の負けだ。まあ、0対100で負けるよりはスコア的にはいいかも知れないが。
中国人どもといい、不燃ゴミ諸君といい、実に幸せなものだ。
嘘、妄想という麻薬を打つことで、突き刺さる真実の痛みから逃げられるのだから。
私にはとても無理だ。
でも、こいつらの存在に全く別の意味で救われる。
自分よりひどい連中を見ていると、自分がまだまともに見えてくる。
学校のテストで、悪い点を取った時、周りを見渡して自分より点数が悪い奴を見つけると、「あー、良かった。まだ下がいる」と安心するのと同じようなものだ。
口に出さなくても、内心で思っていれば同じこと。いくら口先だけで優等生なことを言っても無駄だ。


賞賛してどうするの
前回は休んだが、今回の美容整形。
チベットで咲こうね!

『ひぐらしのなく頃に』のお庭番・井川X寿という不燃ゴミが炎上を仕掛けようとして見事に失敗したのは、前回書いた通り。
非難の声はどこにも見当たらず。
それどころか、「懐かしい」「若い」。
いさめるどころか、賞賛してどうするのって。
さて、今回はどうなることやら。
では、締めに……。
がんばれ!! チベット!!
Tibet Bom Ba Ye!!

今回の要点・共通点がありすぎて、お笑い草だ。




スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/04/13(日) 22:56:03|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<その117:2008年春・北海道残雪紀行・夕張編の巻 | ホーム | その115:第3期アニメ版ネギまはだめですかの巻>>

コメント

石河です。

北京五輪の聖火リレーについて。
卓球選手の福原愛さんが、
「中国を信じています」と
語ったそうですが、このことについて安比奈さんはどう思いますか。
  1. 2008/04/18(金) 00:27:01 |
  2. URL |
  3. 石河 #-
  4. [ 編集]

res..

>石河さん
勝手に信じれば?

  1. 2008/04/20(日) 17:12:14 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

日本の卓球の若いエースが
チベットを間接的に見捨てるような
発言をしたかも知れないのですよ。
これがもし真実なら自分は
納得がいきません。
チベットの正義を述べる気はありませんが、侵略と虐殺は世界の
最悪の罪ですから。
  1. 2008/04/21(月) 01:23:33 |
  2. URL |
  3. 石河 #-
  4. [ 編集]

res...

>石河さん
まず実際に発言したかどうかを確認すればどうです?
  1. 2008/04/21(月) 21:29:12 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

大家族にも同じことがいえる&聖火リレー&チベットにエール

(管理人注・誠に勝手ながら、前半は事情により、カットさせて頂きました)

さて、話は変わりますが、長野での聖火リレー、明日に迫ってきました。

>26日、日本勢のメダル量産に沸いた五輪以来、10年ぶりに聖火が長野市を走る。出発式で一般客を締め出し、伴走する警備の壁で沿道から聖火を見られるかも微妙。祝祭ムードは伝わってこない。
>人種や宗教の違いを超えて人類をつなぐはずの聖火が、国家間の亀裂を深めていく。一見皮肉だが、東西冷戦時のボイコットなど、五輪は国際政治を映し出す鏡でもある。「一つの世界、一つの夢」。北京五輪のスローガンがかすんでいく。
(2008年04月25日・『朝日新聞』より)

>長野市で26日に行われる北京五輪の聖火リレーで、「硫化水素をまく」など、リレーの妨害を予告するメールが市実行委や市の関係部局に届いていたことが24日、分かった。市が定例記者会見で明らかにした。これまでに届いた妨害予告メールは10通ほど。危機管理防災課の職員は「信用度は不明」としながらも、「あらゆる危機を想定して対処する」と述べた。市は、市民の生命・身体などを脅かす恐れがあるとして、リレー当日に危機警戒本部を庁舎内に設置することを発表。県警や消防局と共に情報収集を行い、多数の負傷者が出た場合や不審物を発見した際に市民を避難所に誘導する。
(4月24日19時32分配信・『時事通信』より)

どうなることやら…不安です。

>チベットの自由を求める声はおさまるどころか、ますます強まっている。
>車椅子の聖火ランナーが襲われた、というニュースが流れたが、それでもチベットを擁護する声はやまない。

がんばれ!チベット! Cheer up!Tibet! Forza!Tibet!
(Forza〔フォルツァ〕とは、イタリア語で〔がんばれ〕という意味です)
  1. 2008/04/28(月) 23:21:05 |
  2. URL |
  3. M.N #-
  4. [ 編集]

res...

M.Nさん>
聖火リレー、激しい妨害が起こりました。
妨害は許されないことだ、などとありきたりなことを言う連中がいますが、
「じゃあ黙って見ていた方が良かったのか?」と聞かれたら、
「それは、ちょっと」となってしまいます。
  1. 2008/04/28(月) 23:25:26 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

マナーを守れない人は嫌いだ!

>中国南部・広東省の地元紙「南方都市報」(電子版)は9日、同省広州市で7日に北京五輪聖火リレーが行われた際、沿道の草木が踏み倒され、ゴミが散乱するなど、観衆の悪質な行為があったと伝えた。
>中国国内の聖火リレーは、チベット暴動鎮圧に抗議して妨害行為が相次いだ海外と異なり、管理された「愛国主義」による祝賀ムード一色の中で展開されているが、マナーの悪さまでは完全に統制できないようだ。
>同紙によると、観衆の中には、鉄柵を曲げて植え込みに入り、草を踏み倒し、沿道の木に登る者が相次いだ。リレー終了後は、辺り一面に、折れた苗木の小枝や、声援を送る際に使った無数の紙製の中国国旗、ゴミなどが散乱。翌日、わずか100メートルの距離で集めたゴミは車2台分になった。

(2008年5月10日23時3分配信・『読売新聞』より)

この記事を読んで、私は以前読んでいた本のことを思い出しました。

「私は『昆明発石林行き』の乗車券を購入しようと窓口に並んだ。…私は予め紙片に『今天、特快202次、往石林、軟座、一張(一人)』と書いて窓口に差し出した。ところがである。窓口に陣取る年配の女性服務員は、憮然とした顔でこう言い放った。『没有!』(読みは“メイヨウ”、つまり“無い”という意味。投稿者注)
 …私は試しに、軟座(一等車)を硬座(二等車)に書き直して、再度トライしてみた。…すると、どうだ。無表情の服務員は『有!』と言って切符をよこしたのである。
 これが日本だったら、いや、他の国でも、『一等車はあいにく満員ですが二等車ならあります』と言ってくれるはずだが、そんな常識が通用しないのもまた、中国なのである。彼女に言わせれば、『軟座をくれ』と言われたから『没有』と答えたまでのことであって、切符が売れようと売れまいと、私の給料が増えるわけじゃあるまいし。と、そんなところであろう。…」
「…車内は一応禁煙と表示されているが、服務員が率先して喫煙するため、紫煙もうもうたるのも『硬』ならではである。
 エアコンのない『硬』では、ゴミは窓から 外に直接捨てる。たとえあなたが律儀にゴミ箱に捨てたとしても、服務員はゴミ箱がいっぱいになれば窓から捨てる。結局は同じこと。」

(櫻井寛『世界の鉄道旅行案内』より)

中国がマナーを守れない国であることは、以前から知って(知られて)いましたが、ここまでひどいとは…。

私はマナーを守れない人は嫌いです!
  1. 2008/05/11(日) 13:44:42 |
  2. URL |
  3. M.N #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/142-c3eecbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。