安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その118:2008年春・北海道残雪紀行・札幌編の巻

札幌の夜景を眺めながら……
前回に続いて、北海道旅行のレポートです。
ホテルのチェックインを済ませて、風呂に入った後、地下の和食料亭で夕食。
カニ、サーモンなど、北海道料理のセット。まずまずの味だった。
夕食後、外に出て大通のテレビ塔へと歩く。
イルミネーションがきれいだった。
夜のテレビ塔

ホテルに戻り、最上階のパブで札幌の夜景を眺めながら飲んだ。
ショートカクテルを、12種類のうち9種類も飲んでしまった。
ドリンク飲み放題だったので、調子に乗り過ぎた。部屋に戻った後は、ぶっ倒れるように就寝。
こうして1日目は終わった。



2日目は札幌満喫
4月16日、旅行2日目。
9時半頃、ホテルをチェックアウト。
2日目最初の目的地は札幌の温泉地、定山渓温泉。
地下鉄南北線で終点真駒内まで行き、そこから定山渓行きのバスで1時間弱。
豊平川にはこいのぼりがいっぱい掲げられていた。
定山渓温泉

日帰り入浴のホテルで一風呂浴びた。最初はバスタオルがレンタル無料のホテルに入るつもりだったが、まだ開いていなかったため、別のホテルに入ることにした。レンタル料金は300円。
次の目的地は羊ヶ丘展望台。
真駒内まで戻ったが、ここから羊ヶ丘方面へと向かうバスはない。
パンフレットを見ると、地下鉄東豊線の終点福住駅からバスが出ている、とある。
かといって、札幌まで戻って、そこから東豊線に乗るのは遠回りになってしまう。
南北線で一番羊ヶ丘に近い駅は、真駒内から二つ目の澄川駅だ。
しかし、そこからも羊ヶ丘へのバスはない。では一番近いバス停は……あった、『西岡3条8丁目』だ。
バスを降りて、まっすぐ歩けば羊ヶ丘に着くことを地図で確認する。
その途中にあったラーメン屋で遅い昼食。店を出てさらに歩くと、羊ヶ丘が見えてきた。
入口にある車の料金所で入場券を買って、坂道を上るのだが、歩くと結構きつい。
坂を上っているうちに汗が出てくる。大きくカーブした坂道を登り切ると、展望台だ。
展望台からは、札幌の街並が一望できる。札幌ドームもよく見える。
記念撮影スポットのクラーク像。
羊ヶ丘展望台のクラーク像

雪まつり資料館に入る。最初はわずか6基の雪像からスタートした雪祭りは、今では日本を代表する冬のイベントになっている。
資料館を見終わった後、福住駅行きのバスに乗る。
「羊ヶ丘はいかがでしたか。ごゆっくりおくつろぎ下さい……」という自動放送が流れていた。なかなか凝っている。
福住から東豊線で大通へと向かう。警備員が電車の中をパトロールしていた。洞爺湖サミットが7月に開かれるからだ。
ここからは、駆け足で名所めぐりとなる。
大通駅で降りた後、時計台へ。
時計台

続いて、テレビ塔に登った。
天気が良ければ藻岩山が見渡せるはずだが、曇っていてよく見えない。
テレビ塔から見た藻岩山

テレビ塔から歩いて、札幌一の繁華街、すすきのへ。
このあたりは東京とほとんど変わらない大都会だ。
すすきのから札幌市電に乗った。
環状線のようだが、始発のすすきのと終点の西4丁目は、つながっているように見えてつながっていない。わずか500メートルしか離れていないので、線路をつなげようという動きがある。さらに、札幌駅まで線路を延ばして欲しいという要望が出ている。
地下鉄の開業で廃止になった路線も多いが、一時は車の邪魔者扱いされ、廃止が相次いだ路面電車が見直されているのだ。札幌だけでなく、東京の都電にも延伸して欲しい、廃線になった路線を復活して欲しいという声が上がっている。
環境に優しい、建設コストが安いなどの利点を生かして、一度は消えた路面電車が再び走る姿を、一つでも多くの街で見てみたい。
さて、すすきのを出た電車は車の間をぬうように走っていく。路線は街の中心から少し外れているが、それでも交通量は多い。
札幌市電は専用軌道はほとんどなく、車と一緒に走る併用軌道が大部分となっている。
電車事業所前で降りる。ここは市電の車庫だ。
除雪用の電車、通称・ササラ電車が車庫で昼寝していた。
車庫のササラ電車

そこから終点西4丁目まで乗った後、すすきのの百貨店でお土産を買った。
お土産の定番、『白い恋人』を買った。
地下鉄東西線で、新さっぽろへ向かう。
そこから快速エアポート新千歳空港行きに乗る。
新千歳発羽田行きの飛行機は19時50分出発予定だったが、前の飛行機が遅れていて滑走路が空かないため、15分くらい遅れての離陸となった。
こうして、初めての北海道旅行は幕となったのでした。
さらば、北海道。
さらば、北の大地。
さらば、札幌。
さらば、夕張。
また来る日まで。


中国は泣き寝入り、ざまあみろ
最後は、レポートとは関係ない話になるが、書いておきたいことを少々。
4月26日、長野で北京五輪の聖火リレーが行われた。
無事に済むわけがないと思っていたが、やはり騒動が起こった。
相次ぐ妨害、自由と人権を訴えるチベット人と彼らを支援する日本人、ピーピーうるさいゲス中国人どもとの小競り合い。
正義はどちらにあるか、もう言うまでもないことだ。
さて、中国マスコミはどう国内に報道するか。
「日本人が聖火リレーを妨害した」と大々的に報道して、反日デモ、暴動を煽るか?
しかしデモや暴動を起こして損をするのはどちらかはわかりきったことなので、それはできない。日本の中国に対する心証は悪くなるばかりなのに、金づるを敵に回してはまずい。ざまあみろ。
中国の駐日大使は聖火リレーの妨害に対する抗議をするわけにもいかず、「感謝する」と言うしかなかった。泣き寝入りだ。これまた、ざまあみろ。
今回の美容整形。
私たちはガラクタです、でも……

がんばれ!! チベット!!
Tibet Bom Ba Ye!!

今回の要点・路面電車の走る街が、一つでも増えたらいいな。
『君だけのTommrow』by 前田亘輝




スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/27(日) 23:58:58|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<休載のお知らせ | ホーム | その117:2008年春・北海道残雪紀行・夕張編の巻>>

コメント

res..

申し訳ありませんが、事情により削除させて頂きました。
  1. 2008/05/01(木) 20:25:57 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/144-a577e76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。