安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その13:『ネギま!』の主題歌はだめに決まってんじゃんの巻

提案は無駄だった、しかも…
前回、第二期『魔法先生ネギま!』の主題歌が1位になれる確率をマイナスからゼロまで上げる方法を提案した。
でも、無駄だった。
前回の反省、そしてこれからの策が書いてあるサイトはないかと思って探してみたが、どこにもなかった。
それどころか、1位にする運動の中心的サイトの掲示板で、このブログについて論争が起こっていた。
そして、こんな書き込みがあった。
『リンク先サイト(以下当該サイト又はBlog)の文章(筆者注・このブログのこと)を全て読んでいるわけではありませんが、当該サイトの趣旨を見る限り、アニメマニアなどを批判するようなサイトであるものと思われます』
『当該サイトでは、「プロジェクトは無意味だ」というような趣旨で書かれておりますが、私は決してプロジェクトが無意味だとは思っておりません』
この書き込みをしたのは、なんと管理人だった。
論争をやめさせるどころか、このブログを全部読みもしないで、憶測で一方的にレッテルを貼付けているのだ。
さすがに頭に来て、抗議のメールを送った。
「全部読んでいないのに、こうした一方的なレッテル貼りをされるのは納得しかねます」
そして、未だに何の返答もなし。
問い合わせメールを送る際の注意に、こんなことが書いてあった。
『対応には最大数週間程度かかる場合があります。
また、目を通してはいますが、対応・返信は保障致しません。(対応のみをする場合があります)
なお、返信の催促等は運営を妨げますので、おやめください』
掲示板に書き込む時間があるのに、なぜメールに返信する時間がないのか。
それにそのサイト、なぜ1位になれなかったかの反省がまるでない。
例によって安っぽい成果をズラズラと並べている。
こういうサイトこそ、反省と今後の策を考えるコーナーを設けるべきなのに。
こんな人が管理人だなんてお笑い草だ。


第二期『ネギま!』主題歌1位を阻止する運動
とにかくこんなことじゃ、絶対1位になんかなれない。まして、紅白なんて…。
もうやめちまえ、本当に。
こんな運動につぎ込む金があるんだったら、もっといろいろな本買う金に回して、勉強した方がいいよ。
だまされて損して負けて泣くのが嫌ならば。
もう本当に、徹底的に運動を邪魔してやろうか?
いや、邪魔では言葉が悪い。
『第二期魔法先生ネギま!主題歌1位を阻止する運動』を起こそうかな。
スローガンは、こんなところでどうだろう。
・正義気取りの欺瞞に満ちた、革命の名を騙った利己主義の運動を阻止しよう!
・『1位にする運動』は声優陣の気持ちをズタズタに踏みにじる、最悪の裏切りだ!
・1位になったところでアニソンの地位は上がらない!いや、余計に下がる!
・声優の品位を下げ、かつ歌にかまけて声優のレベルがますます下がる!
・同じCDを買うだけの、見せかけの団結など何の役にも立たない!
・本当のファンなら、1位にする運動はできないはずだ!
・だまされて金を損する人をこれ以上増やすな!
・すでにだめになっている声優界を完全崩壊へと追い込む運動は阻止しよう!
・声優陣をオタクの奴隷、環境の奴隷にするな!
書けば書くほどどんどん浮かんでくるが、きりがないのでこのあたりでやめておこう。
では、運動の内容として、何ができるか。
まず、声優にもっと厳しい態度で臨む。
声優はまず芝居という本分を全うするべきだ。『アイドル活動だって仕事だから』を口実に甘えてはいけないし、甘やかしてはいけない。
声優は役者なんだから。アイドル活動もいい。その前に芝居ができなくてはどうにもならない。
今のままでいいというなら、その声優は『環境の奴隷』だ。
その演技力はどうなのか確認すべく、『ネギま!』のアニメを見てみた。
MASTERキートンのタイチ・キートン・ヒラガ役、井上倫宏氏が高畑・T・タカミチ役で出ていた。
井上氏の演技は文句なしです。まさにキートンがいるようだった。
だがあまりにも周りがひどすぎて、浮いてしまっている。
「そんな演技で俺の恩師の足を引っ張るな!俺の恩師を愚弄するな!もっと真剣にやれ!」
と、画面に向かって怒鳴ってしまった。恩師…キートンを恩師だと私が勝手に決めているだけなのだが。
結局、2話で見限った。
話がそれたので、元に戻す。
次に、阻止運動のまとめサイトを作り、意見を集め合う。
なぜ、『ハッピー☆マテリアルを1位にする運動』は失敗したのか、そこから第二期『ネギま!』主題歌の1位を阻止できる方法はないか…などをみんなで考え合う。
原則として、『1位にする』運動をする人は立入禁止。1位をする運動の是非を問う論争も禁止。
向こうだってそうするに決まっているから、文句は言わせない。
以上、1位阻止運動のアイデアを出してみた。
さあ、『1位にする』運動をやっている人が怒らずにいられるものか。嫌がらせをしてくるかもしれない。
でも大丈夫、1位阻止運動は確実に成功する。世間は『ハッピー☆マテリアル』、『ネギま!』に対して無理解なままだから。


それでも『1位にする』運動を続ける人へ
ここまで言われて悔しいか?
勝ちたかったら、1位になるしかないんだよ。
雨、風、日照りの中で、主題歌CDを売り歩くだけの覚悟があるか?それも秋葉原じゃない駅前で。
「『声優さんにゲリラライブをやらせてみてはどうでしょう?」という提案を声優事務所、レコード会社にする覚悟があるか?
あるドラマーは、富士山頂でゲリラライブをやったらしい。
そんなバカやってどうすんだって?口だけ、金だけのそっちよりましでしょ。
まあ、そんな骨のある奴がいるとも思えないし。
「あの運動は、マスコミの反応が見たかっただけだ」
うん、見れたよね。
テレビでは1分とかからない簡単な説明だけ。無視するだけ。
ラジオではボロカス言われ、CD踏まれ…。
大成果ですこと。
1位になれないと見るや、そうやって自分にまで嘘をつく。開き直る。
もうこうなったら、ひたすら不毛な運動を続けるしかない。
絶対1位にはなれない。絶対なれない、絶対。
紅白も落ちる。絶対落ちる、絶対。出られない。
たまにマスコミで取り上げられてもバカにされ、ますます声優とアニメは理解されない。
それでもいいなら、やりたきゃやれば、もう。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) 00:50:59|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
<<その14:『魔法先生ネギま!』の主題歌の可能性は…の巻 | ホーム | その12:『魔法先生ネギま!』の主題歌はだめですかの巻>>

コメント

ブログを読ませていただきました

ブログの13を読ませていただきました。
一つ気になることが書かれていたのですが、

>声優はまず芝居という本分を全うするべきだ。
>『アイドル活動だって仕事だから』を口実に甘えてはいけないし、甘やかしてはいけない。

とあります。
大抵の声優は事務所に所属していると思います。
事務所から独立してやっている人はともかくとして、事務所に所属している声優の場合所属している事務所からアイドル活動のような仕事が与えられたからやっているだけだと思うのですが、
そもそも事務所に仕事の話が来た時点で事務所側がやるやらないを決めるのでは?
声優自身が望むように仕事をするなんて無理だと思いますが。
どのような仕事を請けるのかというのは声優に選択権があるのではなく事務所にあるのではないでしょうか。
まあ事務所自体が弱小で、来る仕事が嫌だと思っても断ることが出来ないなんて場合もあると思いますが。
どうあるにせよ声優だけを責めるのは筋違いではないでしょうか。
問題にするのならば事務所についても問題にするべきだと思います。
  1. 2006/03/26(日) 03:39:57 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

始めタイトル観た時、熱くなりすぎて物事を正確に捉えようとする気持ちが減ってきてるようにも見えましたが、まぁ私心ですのでそれは置いておいて、ネギま関連の記事を読ませていただきました。

一応ネギまのHPを運営していて、CDは一応買っておきましたが、1位運動は全く第三者的な感じで見守っておきました。
この運動によってだいぶアニメやオタク、声優関係の地位やプライドがガタ落ちしたように見えます。(ハピマテに関してはネタ曲程度にしか感じていません
ランキングを故意的に操作しようとする運動なんて、普通やってはいけないことですしね。(アクセスランキングがいい例えです
だからと言って、まぁ遊び半分でやっても別に私は何も言いませんし、CD何枚買ったって犯罪じゃありませんから批判もしませんでした。
まぁ、そんな感じに思っていた人からの感想だと思ってください。

とりあえず、元から共感してる人でない限り多くの人が読んでいて不快だと感じてしまうでしょうね。
オタクばかりの世界でしたから、そうそうキツク言わないと心が折れないのは身にしみるほど知っています。
しかし、読者に改心させる気がないというか、ただの正論を語る勝ち組の人に見えるというか・・・
文の価値が下がっているように思えますし、やはり不特定多数の人が見るネット上で適切とは思えません。
むしろ、「自由に対する考え」が当時1位運動してた人と管理人様が被ってみえてしまいます。
意見としては的確で納得しますが、その品位を落としてしまってはもともこうもありません。

管理人様は反省や対応と言っていましたが、私はそこまで重大なコトをしでかしたとは感じていません。(もちろん事を見守っていた第3者の立場としてです
まぁ結果的には運動のせいで某歌手に罵られたり、CD踏まれたようですが。(何事もないのにCD踏んだら大問題ですしね
野球などで熱烈なファンが起こした騒動なんていくらでもありますし、その人達がわざわざ反省してるところなんて見るほうがめずらしいです。
しかたなかったなどと妥協するのがこの世の中の流れとなのでしょうし、本人達もそんな感じなのでしょう。(中には悪いことをしたと感じていない人もいるようですが。
かえって、ハピマテを中傷した歌手とかのほうが大丈夫なのかと思えてしまいます。
元からそんな番組だったようですが、下手したら逆に評判を下げるあたりで歌手生命をかけた革命者かもしれませんね(笑)
まぁ、元から我々がどうこうあがいたところで止めたり、耳を傾けてくれるような相手ではないのかもしれません。

最後に、貴重なご意見ありがとうございました。
  1. 2006/03/26(日) 05:24:16 |
  2. URL |
  3. 名無し #aghQ/S3w
  4. [ 編集]

ブログ読ませていただきました

はじめまして
とても興味深いブログで見ていて書き込んでしまいました。安比奈さんの書いていることは決して間違ったことでもなくこういった考えの方も他にもいると思います。
自分はネギまのこともよくわからないし、ましてやそんなことが起きていたのも今知ったくらいですが。
ただ、もうこのあたりで一段落つけたらどうですか?きっとこの企画に参加した方々も内心では痛く安比奈さんの言っていることも理解していると思います。ただ、そこで折れては安比奈さんに負けたと思うから強気のままなのかもしれません。まったく理解してないって人もいるかもしれませんが、1つのカルチャーの中で個人が楽しんでいるわけなので批判されるまでもないことではあります。逆に言えば、そこまで言われる筋合いはないというとこまで安比奈さんは述べてしまっている点もありますが。
私としては安比奈さんのこういったブログを見てからネギまだけでなく声優も然り、アニメやオタク文化の色々なことをもっと書いてほしいです。ただ阻止運動の方はちょっと気になったりしますが・・・。これからの動きに第3者として自分は見ていきたいです。

  1. 2006/03/26(日) 06:17:32 |
  2. URL |
  3. karudo #iVN//AEk
  4. [ 編集]

res...

田中次郎さん>
確かに、事務所にも問題はあります。
安易に金儲けに走って新人・若手声優を育てようとしない、その姿勢は間違っています。
そうは言えども、一番の原因は声優にあります。
ただ事務所の言いなりになって動くだけなら、声優はしゃべる道具に過ぎないのではないでしょうか。
それだったら、本文中にあるような『環境の奴隷』です。
それに今の、落ちきった演技力。それは誰のせいでしょうか。わかりきったことですよね。

名無しさん>
初めまして。
この運動がいかにアニメ・声優、そしてアニソンがますますバカにされる傾向を作ったかは、現実が証明しています。

不快だと思われるのは承知で、このブログを書きました。そして、賛同してくれる人もいます。
私は読者を改心させる気なんてありません。勝負をしてもいないのに、勝ち組も負け組もありません。
改心するのは本人なのですから、私がいくら書いたって、本人がその気にならなければ無意味です。

重大なことには確かになりませんでしたが、もっと悪いことが起きるかもしれませんでした。
テレビで興味本位に取り上げられ、ファン、そして声優陣が全国的に恥をかくことになるかもしれませんでした。
ただでさえアニメの扱いは、よほどのメジャーどころでない限り悪いのに、ますます印象が悪くなるかも知れなかったのです。
以前、オタクをあからさまにバカにする番組がありましたから、ありえないことではなかったと思います。
『ハッピー☆マテリアル』をバカにしたとされる歌手は、「こんなものコケにしたって、ファンも声優もどうせ何もできっこない。俺を潰せっこない」と高をくくっていたのかもしれません。
実際何もできなかったし、彼は今でも活動を続けています。
そして、彼を非難する非オタクの人は聞いたことがありません。

最後に、自分が間違ったことを書いたとは思っていません。言い過ぎたとも思いません。むしろ、まだ生ぬるいと思っています。
これだけは自信を持って言えます。

karudoさん>
はじめまして。
確かにおっしゃる通り、『1位にする運動』に参加した人は、薄々は「これでいいのか?」と思っているのかもしれません。
でも、私に勝ったところでどうなるのですか?
こんな文章一つで勝った負けたと思うなら、とても1位になるどころの話ではないのではないのでしょうか。
そこまで言われるいわれはない、確かにそう思う人もいるでしょう。
繰り返しますが、こんな文章一つに動じているようでは、1位になるどころの話ではないのではないのでしょうか。

阻止運動は、私はアイデアを出しただけです。私がやるとは言っていません。
やるやらないは、私が決めることではありません。
  1. 2006/03/26(日) 09:57:28 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

ブログ読みました

はじめまして。
ハピマテ1位運動肯定派としてコメントさせていただきます。

まず、安比奈さんや名無しさんが勘違いされているようですが、
某歌手に罵られたりCD踏まれたりしたのは運動が起こる以前の出来事で、
運動のせいでそのようなことが起こったのではありません。
むしろ、その発言によってこの運動が起こってしまった、と言っても過言ではありません。
(この運動のせいでアニソンやオタクが馬鹿にされるようになったとありますが
例えばどのようなことでしょうか?具体例やソースを挙げてください、イマイチよくわからないんで)
あとCD踏んだ云々の話はネタとかギャグでしょう。
本当に踏んでいたのではないと思いますよ。→http://www.bounce.com/article/article.php/2009
あと上のサイトに「実際2位まで行った」と書いてありますが、
デイリーのことだと思います。(間違っていたら誰か訂正してください)
ウィークリーでは5月度が4位、6月度が3位です。

本題ですが、
あなたは何故このブログを書いたのですか?

>私は読者を改心させる気なんてありません。
だとしたら何ですか?このブログは・・・
ただの自己満足ですか?
ここまで他人に訴えかけるような文を書いておいて?

これはあくまで自分の推測ですが、あなたは
「自分がわざとこうやって煽るような文を書いて、
1位運動する人たちのやる気を出させようとしているんだ。
影ながらこの運動を応援しているんだ。
お前らのために汚れ役を買って出てるんだ。」
的な意図をお持ちなのではないでしょうか?
だとしたらそのようなことは大きなお世話です。要りません。
もう放っておいてください。

もう一つ。karudoさんは自分は第3者だと言っているのに
動じるとか、1位になれないだとか返信するのは筋違いじゃないでしょうか?
  1. 2006/03/26(日) 14:31:44 |
  2. URL |
  3. T.K #-
  4. [ 編集]

素早いコメントどもですm(_ _)m
名前を書き忘れた者ですm(_ _)m

不快とは書きましたが、まぁ管理人様に不快だと感じる人もいるんだからヤメロと言う人はただのアホな訪問者ですから言いません。
まぁ、ただ読んで欲しいターゲットに対して、メッタ斬りというよりは足で踏みにじってる感じがしました。
「経験上」、斬った人はもう起き上がれませんが、踏みにじった人はつっかかってくるだけです。
私はネギまファン、そしてHP経営者として、声優やアニメ等の品位を下げるような出来事が起きた事は非常に遺憾に感じます。
しかし、このような事件に関して起こったことをきちんと認知している人はかなり少ないです。
そういった事柄を取り上げていただくだけでもすばらしく、いいブログを見つけたと思いましたが、管理人様はただ踏みにじっていたいだけな御様子。
読んでほしい人が読むと不快なサイトでは、賛同する人がいても意味がありません。
管理人様のようなアニメ関係のようなことでもきちんと事情を知る方で、読んで欲しい人に読んでもらって見直す機会を与えるようなブログがあったらいいなと感じていましたが、私の筋違いだったようなので残念です。

いろいろと失礼致しました。
  1. 2006/03/26(日) 15:14:28 |
  2. URL |
  3. 名無し #aghQ/S3w
  4. [ 編集]

> 某歌手に罵られたりCD踏まれたりしたのは運動が起こる以前の出来事

また勝手にスミマセン。
はしくれでも私はネギまHP経営者です。
某歌手の発言は1位運動はもう起こっていました。
むしろ某大手ファンサイトではマジ1位にすんぞスレが立ってすぐ取り上げ、その大手サイトやスレの影響力によって数多くのネギまサイト管理人にも広まりましたね。
まぁ、某歌手発言によってヒートアップしたのはたしかです。

まぁ自分の書きたいことを書くのがブログですから管理人様はご自由にしたらいいと思います。
というより、まだ運動を肯定する人がいることのほうが悲しいです。

...管理人様のT.Kさんへのコメントが眼に浮かびます。
  1. 2006/03/26(日) 15:40:34 |
  2. URL |
  3. 名無し #aghQ/S3w
  4. [ 編集]

返信

>>安比奈さん
確かに阻止運動はアイデアの一つとしてですね。私が見誤りました。
>>T.Kさん
>karudoさんは自分は第3者だと言っているのに
動じるとか、1位になれないだとか返信するのは筋違いじゃないでしょうか?
私はそんなことは言っていません。それは安比奈さんが私に返信した内容です。自分はCDを買う参加まではしないけどアニメ自体が好きなのでオリコンの上位に食い込んでいくのであればすごいなぁと思う程度です。その点で第3者と言う言い方は間違っていたようです。推進運動はしないけど阻止運動もしないということです。
  1. 2006/03/26(日) 16:23:12 |
  2. URL |
  3. karudo #iVN//AEk
  4. [ 編集]

>karudoさん
スミマセン・・・
最後の文はkarudoさんに言ったのではなく、安比奈さんに言ったんです。
誤解させてしまった様で申し訳ありません。
  1. 2006/03/26(日) 16:37:26 |
  2. URL |
  3. T.K #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
運動のことはここで始めて知ったのであまり意見は持ち合わせていませんが、
田中次郎さんのコメントについて返信したいと思います。
業界の仕組みは知りえないとこなのでこの場を借りて知って頂ければと思います。

同じ立場の人間なので逆に厳しいのかもしれませんが、一番の原因は当の本人達にあると思います。
事務所それぞれに請け負う仕事の種類が違います、外画・アニメ・ナレーション等それぞれです。
アイドル系を生業にしてる人を調べると分かるかもしれませんが、数個の事務所に集中している筈です。
調べたことないので確かではありませんが、全く無い事務所は確実にわかると思います。
まず、その事務所の特色ををわかりながら入った本人の問題。
知らずに入ったはさらに問題外言語道断です。
ネギまを例にすると、何人かは知りませんが一クラス分なので声優一人の仕事量はさしてない筈です。
ネギまは特に声優がほとんど20か10代なので他の仕事で手一杯ってこともないでしょう。
そうなると自主トレはくらでもできるのです。アニメ一作品の中で急成長する方もいます。
さらにいうと暇のないベテランの方はそれでもドンドン実力をつけていかれます。
22日に山寺さんがモノマネ番組(?)に出ていられましたが、一人でケツメイシの三役をやり、
しかも檄似の歌も上手いという相変わらず別次元のことをされていました。
山寺さんと親しい人いお話を聞いた時、暇を見つけては新しい声真似で遊んでいるそうです。
まさしく、役者人生しか目に無い人です。
それと比べると時間の有り余る若いころはなんでも出来る絶好の時なのです。
若い頃に何をしていたかでその後が本当に決まります。
「アイドル活動をやるな」ではなく、やりながら何をしたか、しているかが問題なのだと思います。

別の視点で言えば、女優の鈴木杏さんはまだ10代ですが素晴らしいモノを持っています。
しかし、同年代で彼女をタメを張る声優はあまりいないと思います。
彼女より年上のアイドルの部類方は、ドラマに出演する小倉優子やつんくファミリーのレベルでしょう。

僕の知っている方をあげるとすれば14歳でデビューし、今現在20歳で確実に力を付けている人や、
歌の方ですが、水樹奈々さんはCDデビューしてからドンドン新しいことに挑戦していきます。

最後にひとつ言えば、ネギまを観てみましたが、
あれならつんくファミリー等がした方が話題も出て売れるんじゃないかと思いました。
極論ですが、思っても仕方ないかな?と感じてしますのです。
  1. 2006/03/26(日) 16:58:42 |
  2. URL |
  3. きつね #-
  4. [ 編集]

>絶対1位にはなれない。絶対なれない、絶対。
>紅白も落ちる。絶対落ちる、絶対。出られない。

絶対に1位になれないとは限りません、絶対に落ちるとも限りません。
だからといって絶対1位になれる保障もありませんし、絶対に紅白に出れるとも限りません。

この世に絶対なんてのはありえない事です

もしかしたらテレビ局の気が変わるかもしれませんし、本当に皆がハピ☆マテを買ってくれるかもしれません。

だから絶対なんてのはありえないのです。
そこだけは分かってもらいたいですm(_ _)m
  1. 2006/03/26(日) 20:31:37 |
  2. URL |
  3. 名無し #/dKDbQxY
  4. [ 編集]

繰り返しますが、

>『第二期魔法先生ネギま!主題歌1位を阻止する運動』
   曰く、
『そんな利己主義の運動は成功するわけがなく、理解されるわけもないのです』
   曰く、
『阻止(革命)なんて言葉を使うなんてバカげてるにも程がある。
  いや、阻止の必要があると認められたのは光栄な事だ』

>「1位にする運動を阻止する運動(?)」の是非を問う論争も禁止。
   「みんなで考え合う」ためには、「なぜ」の部分の議論(論争)が必要となるはずです。
そして、「反省と対策」は自分と相手を視る必要があるはずです。

>1位阻止運動は確実に成功する。
   しかし、『世間は今はまだ無理解なまま』である。
その成功というのは、
『1位になったところで、やはり無視されるのが関の山』
『1位になれる確率は、ゼロだ。いや、ゼロどころかマイナスだ』
と決め付けられた、(いや、そもそも知られていない)
「そんなもの」のために阻止運動をするのは、
『バカ』だ、『無駄』だ、それとも「光栄」な事なのか。

>勝ちたかったら、1位になるしかないんだよ。
   残念ながら、「勝ちたい」という気にはならないのですが。

>阻止運動は、私はアイデアを出しただけです。
>私がやるとは言っていません。
>やるやらないは、私が決めることではありません。
   やるかやらないかは、あなたが決めることです。
『ミソッカス(スローガンの)が嫌なら、行動を起こしてみな』
賛同、共感した人が増え運動となるのではないでしょうか。

>こんな運動につぎ込む金があるんだったら、
>もっといろいろな本買う金に回して、勉強した方がいいよ。
>だまされて損して負けて泣くのが嫌ならば。
   曰く、
『それは本人次第、使い方次第で、私が決めることではありません』

>その12:『魔法先生ネギま!』の主題歌は・・・のコメント
   安比奈誠伸様は「オタク」、「非オタク」とはどんな人の事だとお考えですか?
残念ながら私には答えとなるものを見つける事ができなかったので、
改めて安比奈誠伸様の考えをお聞かせください。
  1. 2006/03/26(日) 22:52:53 |
  2. URL |
  3. クレシェ #bUOqhcfc
  4. [ 編集]

はじめまして。気流な音と申します。
1位運動肯定派として、読ませてもらいました。

私は、この「その13」を読んであることを思いました。
もしかして、安比奈誠伸さんは本当は1位運動肯定派なんではないでしょうか?

「それでも『1位にする』運動を続ける人へ」 以下を読んで、そう思いました。
気になったのはここの部分です。

>ここまで言われて悔しいか?
>勝ちたかったら、1位になるしかないんだよ。

これを読んで、私はこう思いました。
安比奈誠伸さんは、「こういった批判をすれば、それに怒った1位運動肯定派が、今度こそ1位にしてくれるだろう。」と思っていると。違いますか?

この後のいくつかの提案を読んで、この考えは確信へと変わりました。

安比奈誠伸さんは本当は1位にしたい。それを実現するために1位運動反対派を騙って、我々を奮起させる気だった。
こういった言い方をすれば、絶対に誰かが食いつく。すべてはそれを見越しての行為ではないでしょうか?

私はそう感じました。
全然的外れなことを言っているとしたら、申し訳ありませんでした。

では、これからも更新がんばってください。
  1. 2006/03/26(日) 23:07:27 |
  2. URL |
  3. 気流な音 #PAJNfKCg
  4. [ 編集]

私は少し言い方が悪いように感じますが、管理人さんの言う通りだと思います。
肯定派の人が言いたいこと言ってますが、私ははっきり言ってこの運動のせいでハピマテの名声が下がってしまったと思うので運動否定派です。
実際今のハピマテはさんざんな言われ方です。
それに肯定派の人が否定派の人を非難したりするのはおかしいです。
この運動自体が悪い悪くないが大切じゃなくて、非難する人が出てくる運動なんです。
どう考えたって肯定派の人がやったことで否定派の人は困ってるんです。
そう肯定派の人に覚えていてほしいです。
  1. 2006/03/26(日) 23:42:36 |
  2. URL |
  3. みつき #5Vrd59AE
  4. [ 編集]

確かに

あくまでも自分の意見だが正論を述べていると思う。
  1. 2006/03/27(月) 08:37:29 |
  2. URL |
  3. no #-
  4. [ 編集]

 はじめまして。
 ブログで書かれていらっしゃる意見は理解できるのですが、クレシェ氏が皮肉気味に指摘していらっしゃるとおり、発言が恣意的でダブルスタンダードに陥っているように見受けられます。例えば……揚げ足を取るようですが、ネギまのアニメにキートンがいると思えることは、芝居がうまいことの事例としてはまずいのではないでしょうか。一向に変わらぬ現状に、強い憤りを感じてしまった故の些細な手違いだとは思いますが(皮肉のつもりで書かれたのなら、あるいは、例えばハリソン・フォードのような役を演じない名優を紹介する意図での表現だとすると、完全に私の読み違いです、申し訳ありません)……。
 なかなか他には見られない斬新な分析、批判、語り口が非常に面白く、毎回の更新を楽しみにしていたので、分不相応ながら気になった点を進言致しました。もし読解力が足りない、その考えは間違っている、という場合は、容赦なくお願いします。
 それでは乱文失礼致しました。
  1. 2006/03/27(月) 12:16:25 |
  2. URL |
  3. 雪村 #8buK0kak
  4. [ 編集]

またお聞きしたいことがあります

安比奈様は1位阻止運動のアイデアを出されていましたが、ブログの記事を読ませていただくともともとハピマテの運動は何をやっても現状では一位にはなれないと書かれています。
記事からはハピマテの運動を起こしている人たちには反省も無く今後の策を考えている人はいないとも書かれています。
この場合わざわざ阻止運動を起こさなくても成功しないと言うことになると思います。
となると阻止運動は無駄な行動になると思います。
もしハピマテの運動を起こしている人たちがきちんとした反省を持ち今後の策を考えるのならともかく、
現状では阻止運動は意味が無いと思うのですがいかが思われますか?

  1. 2006/03/27(月) 15:45:51 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

res...

皆様>
あまりにも多くの意見が出過ぎて、自分でも収拾がつかない状態です。
次の記事をもって、返答に代えさせていただきたいと思います。
前の記事で、1位になる確率を、マイナスからゼロまで引き上げる方法を提案しました。
次は1%まで引き上げる方法を提案したいと思います。
  1. 2006/03/28(火) 22:06:49 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

お詫び

>>T.K.さん
自分も勘違いをしていたみたいですね^^;すみません
あとは安比奈さんの次の記事が早く見たいところです
  1. 2006/03/29(水) 01:04:07 |
  2. URL |
  3. karudo #-
  4. [ 編集]

図々しいことこのうえないかもしれませんが

初めまして、つい先ほど、ここのブログを拝見させて頂きました。

私は、ハピマテ運動に参加したわけでもなく、肯定でも否定でも無いんですが
一言だけ言わせて欲しく、コメントをしました

タイトルより
>その13:『ネギま!』の主題歌はだめに決まってんじゃんの巻

これについてです。
私は純粋なハピマテ好きの一ユーザーですが
この言動は運動に参加してないが、ハピマテは好きな私みたいなユーザーは腹を立てるものがあるんじゃないかと思います。

意味的には『ハピマテを1位にする運動がダメ』なのか
『ハピマテって歌は、ダメじゃん』と、歌自体を
愚弄しているのかはわかりません。

もしかしたら私が意味をはき違えて空回りしているだけかも知れませんが。
私はハピマテが好きなユーザーです。
もし、同じような方が見たらどう思うでしょうか。
好きな曲が馬鹿にされてたら怒っても当然かもしれないですし。
また、タイトルを見ただけで
『こいつは好きな曲を馬鹿にするためにブログを書いているのか』
という感じに、内容も満足に読まれないで伝えたいことを伝えられなかったりすると思います。
あくまで個人的思想なのですが・・・。

このタイトルに私は不快感を覚えました。
意味はどちらなのか返答をお待ちしております。


最後にもう1つ。
案比奈さんは1位にさせたいのでしょうか。
わざと憎まれ役をかって、やる気を引き立ててるようにしか見えないんですけど・・・・。
  1. 2006/03/29(水) 03:57:58 |
  2. URL |
  3. ALTO #SPsewlHE
  4. [ 編集]

駆け込みですがこのことに対する返答もお願いします

タイトルにあるとおり駆け込みで申し訳ありませんが、一つ質問にお答え願います。
その12や上にある安比奈様のresにあった

>1位になる確率を、マイナスからゼロまで引き上げる方法

とありますが確率というものは一つの出来事が起こり得る可能性の度合いであり、一を超えることがなくまた負にならないもののはずです。
なので自分には「確率を、マイナスからゼロに引き上げる」という表現がよくわからないのですがどういうことなのでしょうか。
絶対に一位になれないと言うものの確率を引き上げる場合ゼロからプラスになるという表現で充分だと思うのですが。
駆け込みで申し訳ありませんがこれについてもご返答お願いします。
  1. 2006/03/29(水) 04:07:04 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

res...

皆様>
新しい記事を書きました。
こちらでお答えできると思います。
  1. 2006/04/01(土) 11:54:11 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/15-27f8ec4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。