安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その127:子供に夢を与えられないアニメと声優はだめですかの巻

アンチサイトができていた
このブログのアンチサイト(ブログ)が、知らない間にできていた。
……と思ったら、早速放置状態になっている。まあ、こんなものだろう。
管理人は、ひぐらしのなく頃にのスタッフ、井川なんとかX寿という男です。
そのアンチブログのURLはあえて書かない。
検索で調べて閲覧するのは自由だが、コメント、トラックバックを書き込んだ場合は即刻失格とする。つまり、ここには入れないということ。
ただし、そこを閉鎖させたら失格は解除する。



子供に夢を与える力がある声優がどれだけいる?
今回の本題。
今更だが、ネギまは言うまでもないひどいマンガであり、ひどいアニメだ。
どこがひどいのかって?
全て。
原作がだめ、アニメがだめ、ドラマがだめ、声優がだめ、そして読者がだめ。
読者はスケベな妄想をするだけ、金を出すだけしか能がない連中だ。100人いて100人全員がそうだ。ネギまの読者で、尊敬に値する奴、信じるに値する奴なんて、一人もいない。
ハッピーマテリアル1位運動だって、やったことはCDを買いあさるだけで、たまにネットのあちこちにせこい宣伝を書き込む連中がいる程度だった。
そのくせ、失敗を認めようとせず、つまらない言い訳をして自分をごまかす。
仮契約カードがなかったから1位になれなかった? CDはビックリマンチョコではありません。
初回特典(という名のおまけ)のせいにするようでは、1位になんかなれるわけがありません。
こんなつまらない寝言を言う奴もいる。
「ネギまにエロはいらない」
嘘つくな、コラ。
完全にHシーンをなくしたら絶対文句を言うくせに。
口だけでなら何とでも言える。そんなの、誰も信じないから。
少数だが存在する女性の読者の中にも「ネギまにいやらしさは感じない」という奴がいるが、なおさら嘘つくな。
前の繰り返しになるが、ネギまは女性から嫌われて当然の作品だ。
くしゃみでスカートめくり、裸にしたりされたり、それだけで十分嫌われる理由、かつ世間から理解されない理由になる。
それを補って余りあるものが、ネギまにあるのか?
そんなものはない。
これは今の大多数のアニメにも言えることだ。
嫌われるマイナス要因を補って余りあるもの……例えば、子供に夢を与える力。それがあるのか。
ネギまが子供に夢を与えられますか?
リリカルなのはが子供に夢を与えられますか?
ゼロの使い魔が子供に夢を与えられますか?
わかりきったことです。
子供に夢を与えられなければアニメじゃないのかって?
私はそうは思わない。こういうアニメもありじゃないのかと思う。
『大きな子供』にスケベな妄想を提供する、そういうアニメもありじゃないのか?
だが、世間はそうは見てくれない。
子供に夢を与えられないアニメなんて、世間は理解してくれない。
きんもーっ!
この一言が、世間が下した評価です。
これは声優でも同じことだ。
この中で、子供に夢を与える力がある人がどれだけいますか?
「○○(キャラの名前)やってー!」 と子供たちから歓声を浴びたことがある人がどれだけいますか? 
『おっきなおともだち』じゃなくて、『ちっちゃなおともだち』から。
子供たちに夢を与えたくて声優になったんじゃないのか?

まあ、5人といないだろうよ。それが実力だ。
こんなこと、書いていいのかって?
いいんだよ。どんなにボロカスに書いたって、どうせファンは口だけ正義の味方で、助けてなんかくれないんだから。
大人の対応を口実に逃げるような連中には、期待するだけ無駄というもの。
だから私は、容赦なく厳しく書くことにしたのだ。
徹底的に叩いて、怒らせる。食ってかかってきた奴を蹴飛ばして落とす。そして、それでも食ってかかる奴をさらに蹴飛ばして落とす。甘い言葉はめったにかけない。
それで声優が廃業したら、どう責任を取るのかって?
どうして私が責任取る必要があるんだ。
廃業したければすればいい。廃業されたら困る奴なんてどうせ100人といないんだから。
かわいそうだが、それは自分の責任だ。
それは違う、世間は嫉妬しているんだ、ひがんでいるんだ? だから理解したくないんだ?
ひがまれるほどすごいのか、嫉妬されるほど何をやったのか。
世間に理解されることがそんなに偉いのか、わかってもらえなくたっていい?
そんなことは、世間からの理解を得られてから言ってもらいたいものだ。
世間から理解されないことが個性、周囲の無理解は勲章?
それなら、声優陣に問いたいことがあります。
「私は声優です」と胸を張って言えますか?
アニメをろくに知らない人の前で、胸を張って言えますか?
友達や家族の前で、胸を張って言えますか?
言えませんね。言えるわけがない。
声優と名乗っただけで、好奇の視線が突き刺さる。それが怖くて、とても言えない。
だから黙り込むしかない。
ここで、ちょっと違う話をする。
駅や地下街にいるホームレスは、みんな顔を伏せている。その理由がわかるか?
道行く人々は道ばたに落ちている石ころのように誰も目もくれない。たまに視線を向けられても、侮蔑の視線ばかり。その視線を、ホームレスは見たくないのだ。実に惨めなものだ。
私の言いたいことがわかるだろうか。
侮蔑の視線におびえるホームレス、好奇の視線におびえる声優はどこが違う?


男の声優は芝居に生活かけちゃってるんだ
じゃあ、どうすればいいのかって?
今まで私が、ここで書いたことを全部読み返して考えなさい。
読んだけどわからない?
だったら廃業届出して、実家に引っ込んじまいな。実家暮らしなら働きなさい。
最後に、どうして女性声優ばかり責めるのか、男性声優は悪くないのかという疑問への回答。
女の声優は食うためにアイドルの真似事をすればいいから、芝居は二の次でいいかも知れないが、男の声優はそれができないから、芝居で生きていくしかないんだ。
つまり、芝居に生活かけちゃってるんだ。
それが答えです。
答えになってない? 知らん。

今回の要点・ホームレスと声優はどこが違う?




スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/06(日) 23:58:49|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<その128:上から目線じゃなくてどこから見られる! の巻 | ホーム | その126:『メアリー・スー』テストをやってみたの巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/07/07(月) 02:01:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/07/12(土) 07:47:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

おお、いよいよ対抗しようという人が外部に現れましたか。
まだ内容は読んでいませんが…ところでこれはある意味チャンスなのかもしれませんよ?
どうも相手は業界人のようですし、意見を戦わせれば色々な内情が聞けるかもしれない。ひいては主さんの言うようなアニメ・声優の腐敗化について、その本質が見えてくるかもしれませんしね。

さて、前置きはともかく。
個人的に深夜アニメは子供に夢を与えられるものではないような気がします。
(そもそも放送時間がアレですし)内容自体子供ウケするような内容ではなく、対象はむしろ多少いろいろな方面で予備知識を持ち、様々な感情が豊かな「大人」ではないでしょうか。
だいたいアニメが子供に夢を与えるなんて時代は数多くのアニメがゴールデン枠を徹底していったあの90年代後半にはすでに終わっているんでしょう。
同じように漫画が夢を与える時代も終わった。物語にあるメッセージ性を優先するのではなく、作者のうちに秘めた妄想世界を表現する場所「のみ」の役割に落ち着いたのです。

今時の子供(といっても私は弟しか知りませんが)はネットという全世界から情報を得る技術を幼いうちから獲得したことでテレビや漫画といったものに依存する必要性・感情が薄れ、よりリアリティのある現実を求めるようになりました。
まさか高校生が「SEになりたい」という時代が来るなんて私には想像できませんでしたしね。
つまりアニメや漫画が夢を与える時代が終わった今、当然声優にも同じことが言えます(と言っても私の中で子供に夢を与えた声優さんはアンパンマン役の戸田恵子さんくらいしか思いつかないんですが…あの人の本業は女優さんでしょうかね)

「子供向けアニメは早朝・大人&青少年+少女向けのアニメは深夜」といつの間にか分け隔てたれたアニメ業界の中で、声優とは役の体現者そのもの。もはやそれ以上でもそれ以下である必要もなくなったのです。
まぁ今でこそ声優のアイドル化(別記事にあるので詳しくは述べません)が進み、なんとなく「それ以上を求める声優」さんも中にはおられるようですけど、それも容姿や歌声が一定の水準を超えている女性声優だけに言える話でまだ「当たり前」とまではいえない状態です。
ただ少し前に比べたら若い声優さんのお顔を拝見する機会が大分多くなってきたのは編集サイドの思惑もあるでしょうけど何よりユーザーサイドであるファンがそれを求めているせいなのでしょう。
そのファンが現状より減ることが無い限り、声優が廃業するなんて自体はしばらくありえないでしょうねぇ。。。
そしてファンがいる限り、声優自身も自分の仕事に自信や誇りを持つでしょう。声優も芸能人の一種、たとえ一般人に後ろ指を差されようと自身が最後の一人になるまでは笑顔を誰かに振りまき続けるんじゃないかな。


ただ注目声優といってもアニメ業界が衰退したらそうも言っていられない。
とにかく萌えに走るアニメなんて今時珍しくもなく、CGに目が肥えたアニメ好きには少しの作画の乱れすら作品の評価を上下する要素となりえる。たとえどんなに良作でもDVDやブルーレイ、ビデオ、LDなど買わなくてネットを使えばいつでも見返せる。
今のアニメ業界は非常に苦しい立場にあるといえます。

一方アニメ化されるまえの原作であっても同様。漫画やラノベは無駄にエロ表現を増やし、ストーリーもなんだか似通ってしまって個性がいまいち薄い。そして何故かそういう作品ばかりが売れ、その隣に並ぶマイナーな良作はなかなか人目に触れない。

一体何がどうなって、誰のせいでこうなったのか。
案外犯人は原作者でも、声優でも、アニメ業界人でもない一般人なのかもしれません




  1. 2008/08/16(土) 21:04:18 |
  2. URL |
  3. vip #CofySn7Q
  4. [ 編集]

res...

vipさん>
失礼を承知で言います。
あなたの意見を読むと、「これが現実だから仕方がない」と言いたいのかはわかりませんが、
開き直ってクールな傍観者を気取っているようにしか思えません。
そんなことはない、と言いたいでしょうけど、
意見を戦わせるとか言って、自分はアニメや声優にどうなって欲しいのかというのが
あなたの文章からは見えてこないんです。
アニオタ、声優オタと同じで、かっこばかり口ばかりで、つまらないですよ。
  1. 2008/08/19(火) 23:56:29 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/154-427a8b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。