安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その14:『魔法先生ネギま!』の主題歌の可能性は…の巻

私のスタンスは…
前回、『魔法先生ネギま!』主題歌を1位にする運動の中心的サイトの掲示板で、一方的にこのブログにレッテルを貼られたことに関する抗議のメールを送った、と書いた。
返事が未だにないと書いたのを読んだ、その管理人から返信が来た。
謝罪ではなかった。
どんな返信かは…とてもここでは書けたものではない。
それだけひどいものだった。
それどころか自分の掲示板に、私の抗議のメールを、私に無断で、かつIPアドレス付きで全文原文で掲載してくれた。
もうほとほと呆れ果てて、怒る気にもなれない。
わかったよ。今回の件はもう何も言わないから、勝手にしな。
ではこの管理人のことはとっとと忘れて、このあたりで私のスタンスをはっきりさせておく。
私は、『魔法先生ネギま!』主題歌を1位にする運動には反対だ。
理由は2つある。1つ目は、ファンたちが団結しているように見えて、実はバラバラでまるでまとまっていないからだ。
一番バラバラなのは、運動の目的だ。アニソンへの差別や偏見を跳ね返したくて本気で1位にしたい人もいれば、マスコミがどう反応するかを面白がってやっているだけの人もいる。
やった共通のことと言えば、CDを買う、他に何があるだろう?
2つ目は、何度も言うが、前回の反省や今後の策を考えていないことだ。
失敗は仕方がないが、反省しない、安っぽい成果や達成感で自分をごまかすのは最悪だ。
こんなことでは、達成できるものもできない。まさに『だめに決まってんじゃん』だ。
何も考えずに同じことをやって、できるわけがないのだ。
繰り返すが、このままでは、また運動をやったとしても、1位になれる可能性はゼロにさえならない。マイナスだ。
だから私は、こんなことなら悪いことは言わない、やめた方がいいと言ったのだ。
そこで、引導を渡すために書いたのが、これまでの文章、そして1位阻止運動のアイデアだった。
ここで疑問が出てくるだろう。運動に反対なら、可能性をマイナスからゼロまで上げる方法といった提案をしたのか。そして、放っておけばいいものを、なぜあそこまで厳しく書いたのか。
答えは簡単、本気かどうかを知りたかったからだ。本気で1位にする気があるのかを。あれほどまでに書かれても、それでもあきらめないかを。
その答えは出た。
決して1位にする気がないわけではない。本当はわかっているのだ、このままではいけないことは。
でも、プライドが邪魔をしてそれを認めたくない。何も知らない素人ごときにボロカスに書かれた。悔しくてならない。あんなことを言われてまで、やる気になれるか、と。
そこで無用なプライドを捨てられるかどうか、そこが勝負の分かれ目なのだ。
それができる人がいることを信じて、今度は1%まで上げる方法を提案する。
あとはもう何も言わないし、私にはどうすることもできない。
ここまで読んで、「余計なお世話だ」「お前の言う通りにやったって1位になれねえだろ」と思った人は、この先は読まれなくて結構です。
きちんと「読まなくてもいい」と断ってあるのに、全部読んでからどうこう言うのは筋違いです。
本気で1位にしたいと思っている人に読んでもらいたいです。
「自分は本気で1位にしたいのか?」、それをもう一度自分に聞いてみてから、次を読んでもらいたいです。


可能性1%への提案
まず、声優が歌うという仮定のもとで案を出す。
これから声優陣は歌手として、運動をする人、つまりあなたはファンとして、他のアーティストと戦う。
そして、世間の無理解とも戦うことになる。
先に書いた通り、私は1位になる可能性を1%まで上げる方法を提案する。
あなたはそれ以上に上げてほしい。どれだけ上げられるか、10%か、20%かはあなた次第だ。
声優陣に、さらに上げる力をつけさせるのもあなた次第だ。
まず、ただCDを買いあさるだけではだめだ。
もっとたくさんの人に曲を知ってもらわなければならない。当然だが知名度が上がらなければ、売れないし、理解もしてもらえない。
しかし、レコード会社は宣伝なんてほとんどしないだろう。宣伝などしなくても売れる、まして『ネギま!』の主題歌なら、十分利益をもたらしてくれる、と高をくくっているからだ。
レコード会社があてにならないとなれば、あなたたち自身がやるしかない。
では、どうすればいいか。
歌う声優自身をキャンペーンガールとして貸してほしいと、事務所に頼むのだ。
デビューしたての新人なら、まだそれほど本業の仕事はないはずだ。バイトをして食べている状態なのだから、時間はあるはず。そこで、「新人声優さんにいいアルバイトを持ってきました」と、言ってみれば営業をかけるのだ。
そして、アニメとは縁のなさげな大型レコード店で、宣伝活動を一緒にする。できれば、ライブで歌わせる。
次に、CDをレコード会社から直に買い付ける。
そして、声優と一緒に駅で売るのだ。
もちろんランキングに反映はされないが、大きな駅でやれば、とにかく目立つ。
知名度を上げるチャンスだ。
そんなことしようとしたって、事務所やレコード会社が相手にしてくれないだろうって?
そこは情に訴えるのだ。最後は情だ。
どれだけ『魔法先生ネギま!』という作品を愛しているか、どれだけ声優陣に期待をかけているか、そして、アニメや声優をバカにしている連中を見返してやりたい、その精一杯の気持ちを自分の言葉でぶつけるのだ。
もし、声優がだめなら、コスプレイヤーを雇うという手もある。
しかし、運動をするにあたって、大きな問題がある。
それは、世間の目だ。前よりも風当たりは強くなるだろう。もっとバカにされるかもしれない。私が書いたことの比にならないくらいに。
その時、逆に笑い返してやれるか。バカにされても、胸を張れるか。
バカにされたら悔しいだろう。その悔しさを精一杯運動にぶつけてみろ。世間が気負けして、バカにするのをやめるくらいに。その勢いで、世間からの理解も勝ち取るんだ。
理解は自然にあるものじゃなく、勝ち取るものだよ。
私は強制なんて一度もした覚えはない。運動するもしないも、この提案を受け入れるのも受け入れないのも自由だ。そこは自分で考えて決めてほしい。
それでは、締めに私からのプレゼント。
このバナーをご自由にお使い下さい。

ハッピー☆マテリアル反省会



タカミチはキートンじゃない
前回、『ネギま!』を見ての感想で、「まさにキートンがいるようだった」との発言に苦言を頂いてしまった。
そのことについて釈明したい。
それは、単に私がわがままなだけだ。決して井上氏に非があるわけではない。
タカミチはタカミチ、タイチ・キートン・ヒラガじゃないんだ。
それはわかっている。でもどうしても、「キートンだ、キートンがいる!」と思ってしまうのだ。
見る側とは、いつもわがままなものだ。でもせめて空想の世界でくらい、わがままでいさせてほしい、これが見る側の本音ではないだろうか。
もしかしたらこれがオタク的思考、というやつなのかもしれない。
原作『ネギま!』は、1話を読んだきり、全く読んでいない。
これから読むか?でも読む気にはなれない、読みたくない、これが私のわがままな本音だ。
なぜなら、『ネギま!』を読んで生まれた私の空想の中で、タカミチに、
「キートン先生にネギくんを紹介したいな」
「ユーリー・スコット先生(キートンの恩師)の授業をネギくんに受けさせてあげたかったな」
「生徒たちがスコット先生の授業を受けてたら、どうなっていたかな」
「特別講師にキートン先生を呼びたいな」
とは、言わせたくないからだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/01(土) 11:51:53|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<その15:まだやる気になれないか?こうなったら…の巻 | ホーム | その13:『ネギま!』の主題歌はだめに決まってんじゃんの巻>>

コメント

私は求めています

>きちんと「読まなくてもいい」と断ってあるのに、全部読んでからどうこう言うのは筋違いです。
  『「憶測で一方的にレッテルを貼る事はせず」
     まずは知る(読む)事、それから意見があるなら言えばいい』
違いますか?

>1つ目
   「ハピマテを1位に」,《目的,目標》はこの1つではないでしょうか?
その《運動,目的》の《目的,理由》は、1位になった時の反応を見たいなど、人それぞれで、
《目的,理由》は、必ずしも1人1つではないはずです。
  これは私の「その12」でのコメントですが、

>『第二期魔法先生ネギま!主題歌1位を阻止する運動』
>スローガンは、こんなところでどうだろう。
     《中略》
>書けば書くほどどんどん浮かんでくるが、
  仮にこの運動を100人がしているとします。
・スローガンに掲げた『9ヵ条の題』の、これは賛成できるがこれは出来ない
・よく解らないが、面白そうだ
・ハピマテ(アニソンなど)が嫌いだから
 きりが無いのでこのあたりでやめますが、
100人全員が足並み揃って進めるとは思えません。
しかし、向いている方向は同じではないでしょうか。
 『ハピマテの一位阻止』

>世間が気負けして、バカにするのをやめるくらいに。
>その勢いで、世間からの理解も勝ち取るんだ。
>理解は自然にあるものじゃなく、勝ち取るものだよ。
  『もうほとほと呆れ果てて、怒る気にもなれない。
     わかったよ、勝手にしな』
と世間に思われるのかもしれませんね。
私は自然に理解される事が望ましいと思います。
「嫌韓流」はそのいい例だと考えています。

>「その12」,「その13」のコメント
   安比奈誠伸様は「オタク」、「非オタク」とはどんな人の事だとお考えですか?
残念ながら私には答えとなるものを見つける事ができなかったので、
改めて安比奈誠伸様の考えをお聞かせください。
  1. 2006/04/01(土) 14:36:01 |
  2. URL |
  3. クレシェ #bUOqhcfc
  4. [ 編集]

その14読ませていただきました

>私は、『魔法先生ネギま!』主題歌を1位にする運動には反対だ。
>理由は2つある。1つ目は、ファンたちが団結しているように見えて、実はバラバラでまるでまとまっていないからだ。
>一番バラバラなのは、運動の目的だ。アニソンへの差別や偏見を跳ね返したくて本気で1位にしたい人もいれば、
>マスコミがどう反応するかを面白がってやっているだけの人もいる。

いえいえ、運動の目的は「ハピマテを1位にすること」であって、
アニソンへの差別や偏見を無くしたいとか、マスコミの反応が見たいとかは
運動をする「理由」なんだと思います。
理由は人それぞれバラバラでもいいと思います。

例えば、学校行事の体育祭。
ある人は
「この競技で絶対1位を取るぞ!」と思って参加した。
またある人は
「クラス対抗リレーで皆の役に立ちたい」と思って参加した。
またまたある人は
「いいところを見せて好きな娘に振り向いてもらおう」と思って参加した。

皆理由は違えど体育祭を頑張るという目的は同じですよね?
そういうものなんだと思います、この1位活動も。

あと反省・対策を考えてないというのはその通りですね・・・
ここで今後の策など練ってるっぽいのでよかったら来てください。
http://happymaterial.com/treebbs/treebbs.cgi

それ以降の記事は一つの意見として受け取っておきます。
  1. 2006/04/01(土) 14:55:25 |
  2. URL |
  3. T.K #-
  4. [ 編集]

前の記事と矛盾する点があるのですが

>歌う声優自身をキャンペーンガールとして貸してほしいと、事務所に頼むのだ。

とありますが、これは安比奈様が前に書かれていた記事にある、

>声優はまず芝居という本分を全うするべきだ。
>『アイドル活動だって仕事だから』を口実に甘えてはいけないし、甘やかしてはいけない。
>声優は役者なんだから。アイドル活動もいい。その前に芝居ができなくてはどうにもならない。
>今のままでいいというなら、その声優は『環境の奴隷』だ。

この発言と矛盾していると思います。
安比奈様はアイドル活動をするのはいいが、
その前に演技力を身につけろと言っているように思われます。
であるなら、余計な仕事をやってる暇があるのなら演技力を身に着けろというのが安比奈様のご意見だと思っていたのですが、違うのですか?
後、前のコメントにも書きましたが確率はマイナスにはなりません。
マイナスからゼロに引き上げるという表現はおかしいと思います。
  1. 2006/04/01(土) 16:43:07 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

多くの提案ありがとうございました。

今度こそ1位にしたいです。
本気です。

あなたの本当の気持ちを十分に察知し
次こそ本当に1位にしましょう!


できれば、プロジェクトサイトにも顔を出していただき、一緒に検討してくださるとうれしいです。

最後に、本プロジェクトに参加表明をしてくださったことに感謝します。
  1. 2006/04/01(土) 21:59:08 |
  2. URL |
  3. 気流な音 #xf71VgJc
  4. [ 編集]

res...

クレシェさん>
ちゃんと断っておきましたよね、「読まなくてもいい」と。
わかっていて読んだのなら、ゴチャゴチャ書かないでいいですから。
能弁、多弁はいりませんから。
オタク…一番簡単な例、それは、あなたのような人です。

T.Kさん>
確かに、理由は何でもいいんです。
目的は一つのはずなのに、バラバラでまとまりがないのではどうにもならない、それが言いたかったんです。
理由がバラバラでも目的が一つなら、団結はできるとは思えませんか?
あと、そこの掲示板ですが、どうも私は招かれざる客のようです。

田中次郎さん>
>安比奈様はアイドル活動をするのはいいが、
>その前に演技力を身につけろと言っているように思われます。
>であるなら、余計な仕事をやってる暇があるのなら演技力を身に着け>ろというのが安比奈様のご意見だと思っていたのですが、違うのですか?
違います。余計な仕事などとは、一言も言っていません。
そして矛盾、それも違います。
役者なんですから、キャンペーンだろうとイベントだろうと、どんな状況でも学び取る貪欲さがなければ、いい役者にはなれないとは思えませんか。役者としての糧を見つけようとする努力です。
ただ稽古をするだけ、いい芝居を見るだけではだめだとは思えませんか。
気流な音さん>
どうやら、私の言いたいことがわかっていただけたようですね。
今までの暴言を許して下さい、なんて虫のいいことは言いません。
私は参加はできませんが、どうか1位を取れる可能性を少しでも上げて下さい。
これが私からの最後のお願いです。
  1. 2006/04/01(土) 23:40:16 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

なるほど確かにそうですね

確かに安比奈様の言うとおりですね、
どんな状況からでも学ぶ意欲という物をもっていなければどんな仕事をしていても大成できませんね。
学ぶ意欲を持っていればアイドル活動等の声優としての本業以外の活動しても問題はありませんよね。
勘違いしていて申し訳ありませんでした。
後、お手数ですが前回のコメントにも書いたマイナスの確率云々のこともお答えいただけないでしょうか?
これも前回書いたのですがマイナスからゼロに引き上げるという表現が自分には理解できませんでしたので。
こちらの方もよろしくお願いします。
  1. 2006/04/02(日) 02:50:49 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

>理由がバラバラでも目的が一つなら、団結はできるとは思えませんか?
ええそうですよ。理由は違えど目的は「ハピマテを1位にする」の一つなのですから、
まとまっている、団結していると言えますよね。
ということは
>ファンたちが団結しているように見えて、実はバラバラでまるでまとまっていないからだ。
この考えはもう変えてくれたのですね。ありがとうございます。

あと自分はもうこのブログには来ないようにします。
運動に関しては無理しない程度に頑張ろうと思います。
あなたの言うように命を賭けるほど頑張ることははできませんが、やらないよりマシでしょ?
やらないで後悔するよりやって後悔したいですから・・・。
  1. 2006/04/02(日) 03:36:02 |
  2. URL |
  3. T.K #-
  4. [ 編集]

res...

田中次郎さん>
マイナスの確率、あれは言い方が悪かったようですね。
可能性がゼロどころかマイナス、こういった方が良かったと思います。

>T.Kさん
>あと自分はもうこのブログには来ないようにします。
>運動に関しては無理しない程度に頑張ろうと思います。

わかりました。無理を言ってすみません。
  1. 2006/04/02(日) 10:48:04 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

措いといて

>オタク…一番簡単な例、それは、あなたのような人です。
  わかりました。 11の時と同じですので。
それでは、「私(クレシェ)」はどんな人間なんでしょうか?
それと、どのような要素を持っている人がオタクなのでしょうか?

  確率・・・ある事象の起こる可能性の度合い。
  可能性・・・物事が実現できる見込み。
意味上でも、それほど違いはない (可能性を数値で表したのが確率?)
つまり、確率を可能性に変えて問題が無くなるのでしょうか?

>言いたいことを言い合える、間違っていることは間違っていると言える、それが真の友情なのだと思います。
  私がここで出すには「不適切」かもしれませんね。
  1. 2006/04/04(火) 01:38:28 |
  2. URL |
  3. クレシェ #bUOqhcfc
  4. [ 編集]

あまり変わってないような気が

いささか返信が遅れ申し訳ありませんでした。
お答えいただいたのはありがたいのですが、クレシェ様も仰っていましたが可能性とは物事が実現できる見込みのことであるので、
こちらもまたマイナスという表現を使うのは正しくないです。
見込みがまったくないのならゼロで表現できるはずです。
自分には安比奈様がマイナスという表現を使われたのかが理解できないのですが。


  1. 2006/04/04(火) 13:08:07 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

res...

田中次郎さん&クレシェさん>
答えれば答えるだけ質問が出てきますね。
何がそんなに不服なんですか。
そんなに私の回答や記事が納得できないならいいですよ、もう来られなくても。
  1. 2006/04/04(火) 19:40:06 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

enipreser

  それだけ魅力的で興味深いものなんですよ、安比奈様の書き物は。
魅力が無ければ読みません、興味が無ければ此処にはいません。
だからこそ、だからこそより深く納得したいのです。 

 (納得=理解、肯く、認める、分かる、など)
  1. 2006/04/04(火) 23:39:36 |
  2. URL |
  3. クレシェ #bUOqhcfc
  4. [ 編集]

ご返答させていただきます

安比奈様の記事に不服があるわけではありません。
むしろ非常に興味深い内容であると思っています。
ただ自分は読んでいて気になった点や疑問な点を質問したり、ここがおかしいのではと思った点を指摘しているだけであります。
これは記事の内容に興味があるから質問や指摘をしているのであり、興味がない場合はそもそも記事自体読んでおりません。
ご理解くださいますようお願いいたします。
  1. 2006/04/05(水) 03:31:49 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

そんなに

あまり人の行いに批判的になってもしょうがないのでは?(こちら側もそうですがw)
誰が何を買おうと勝手だと思います。ハッピー☆マテリアルを買うことがあなたの不利益にはなりませんよね?(なるのなら別ですが)
なら批判はある程度で抑えておくべきだと思います。個人には信仰・表現の自由があると憲法に認められています。それを批判することは憲法を批判するも同然、と自分は考えます。 ちょっとこちらからも批判的な文章になってしまい申し訳ありませんが…
  1. 2006/04/05(水) 18:31:26 |
  2. URL |
  3. 匿名 #MlBpHDQg
  4. [ 編集]

いいすぎ…

安比奈様こんにちは
あなたはハッピーマテリアルを1位にする運動を相当毛嫌いしているようですがそんなに嫌いならばこの話題には介入してくるべきでは無いと思っています。
ハッピーマテリアルが1位になったとして貴方には何の不利益も発生するわけでも無いと思います。
一度賛成側の気持ちになって考えてみてください。
  1. 2006/04/07(金) 04:35:54 |
  2. URL |
  3. hope #A1vz8dvw
  4. [ 編集]

res1...

クレシェさん>
>それでは、「私(クレシェ)」はどんな人間なんでしょうか?
典型的なオタクです。
>それと、どのような要素を持っている人がオタクなのでしょうか?
あなたのような要素を持っている人です。

田中次郎さん>
こんな体たらくでは可能性はゼロ、それ以前の問題だ、それを比喩的にした言い方だったんですが、わかりにくかったでしょうか。

お二人に言っておきますが、私の記事に興味を持たれるのは大いに歓迎です。
でも、これだけは言います。
質問をするのと、気に食わないからと絡んでゴネるのは違いますからね。
  1. 2006/04/07(金) 22:43:19 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

res2...

匿名さん>
その通り、誰が何を買おうと勝手です。
私は誰かに自分の考えを強制した覚えは一度たりともありません。
私の言うことに従う義務なんか誰にもないんですよ。
あるとするなら、このブログで、私の指示に従っていただけない方は退場願う、それだけです。
秩序を乱す方は、ここでは必要としません。
信仰、表現の自由があるなら、言論、思想の自由だってあります。それをお忘れなく。

hopeさん>
言い過ぎなんてとんでもない、まだ生ぬるいくらいです。
あれで言い過ぎというなら、優しく書けば聞く耳を持ちますか?
私がどんな気持ちであれほど厳しく書いたか、これからの提案をしてきたのか、考えたことがありますか?
反省がない、これからどうするか考えない、それが嫌いなんです。
人に考えさせる前に、まず自分で考える必要があるのではないでしょうか。
  1. 2006/04/07(金) 22:57:37 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

比喩だったのですか

なるほどそういう比喩だったのですね。
比喩として表されているとはまったく想像もつきませんでした。
大きな勘違いをしていたようですね、
申し訳ありませんでした。
  1. 2006/04/08(土) 00:57:17 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

斬ってくるなら、斬りかえせ!! ただし峰打ちで

  まず、気に入らないからではなく、ですね。
気に入らないのであれば、「去る」か「荒らす」か「無視」か
 (荒らすのは気に入らないのであまりしてないつもり)
そのどれもとるつもりは無かった、なぜなら興味があったから。
  私は文句ではなく質問をしてきたつもりでした。
ついでに気のきいた文句の1つでも言えていたらという願望もあり。
  しかし、私が文句を言っていたということはその通りなのです。
例えば、「カラスは白い」という人に「カラスは黒い」と言う
それはある意味では文句を言っている事になります。
 「カラスは白じゃねぇ、黒だろ」 下手したら殴られますね。
  「メッタ切り!!」 と「意見!!」は同じようなものですね。
それも、立ち位置は西か東かハッキリとするはずです。
その場合、西に立てば東からの意見が出てきます、逆も然り。
その意見、東から見れば反論であったり質問であったり、西から見れば反対意見であったり文句であったり。
そこに、(仮に)討論(とする)がうまれれば、そこはカオス
 >秩序を乱す方は、ここでは必要としません。
西なら西、意見は1つにと言う事なのでしょうか?
 >信仰、表現、言論、思想の自由だってあります。
 >それをお忘れなく。
と言う事は、討論はOKなのでしょうか?

  まず話を聞き、考えてみた、
>>それでは、「私(クレシェ)」はどんな人間なんでしょうか?
>典型的なオタクです。
>>どのような要素を持っている人がオタクなのでしょうか?
>あなたのような要素を持っている人です。
  ワタシガオタクデオタクガワタシ?
まず、私が持っている要素とは何なのでしょうか?
世界中のオタク全員に共通する必要はありませんが、
(典型的)オタクの判定基準になる要素は何があるのでしょうか?
たとえ「私はオタクだ」と言っていたとしても、何かの要素があってオタクだと判断したはずです。
それは何なのでしょうか?
  1. 2006/04/08(土) 01:08:48 |
  2. URL |
  3. クレシェ #bUOqhcfc
  4. [ 編集]

res...

田中次郎さん>
わかってもらえればいいんです。
クレシェさん
>討論はOKなのでしょうか?
そんなことは自分で良く考えなさい。
>私が持っている要素とは何なのでしょうか?
今でここでやってきたことを思い返せばわかるでしょう。
質問を口実にグダグダ言う、それです。
共通する要素は大いに持っています。
あなたは私同様、それほど特別ではありません。
  1. 2006/04/09(日) 10:05:02 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

今回の件についてもう一言だけ

色々ありましたが私としては疑問に思った点や気になった点について質問すること、ここはおかしいのではという点を指摘をすることを辞めるつもりはありません。
もちろん言いがかりをつけるといったつもりは持っていません。
ただ、そういった指摘質問から自分の持っているものとは違う考え方や自分が持っていなかった知識等を得たり、また指摘質問から議論に発展することにより何がしかの学ぶものがあればお互いにとって非常に有意義なものになるからだと考えているからです。
こういったことをご理解いただければありがたいです。
  1. 2006/04/09(日) 16:19:20 |
  2. URL |
  3. 田中次郎 #Ghy17aHM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/16-ef2af696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。