安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その17:『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌はどうでしょうの巻

思い出話・おまけ
<ハイラルの紋章、ファミコンウォーズ>
小学6年生の時、左手の甲に三角の紋章をマジックやサインペンで描くのがはやった。
ファミコンの『リンクの冒険』のCMのまねだ。
「おばちゃん、これ見て、これ!」
「おお、ハイラルの紋章!」
というCMだ。
これは私もやった。
他にファミコンのCMのまねと言えば、体育の時間でグラウンドを走る時に、
「ファミコンウォーズが出るぞ!」(ファミコンウォーズが出るぞ!)
「こいつはどえらいシミュレーション!」(こいつはどえらいシミュレーション!)
「のめりこめる!のめりこめる!のめりこめる!のめりこめる!」
「母ちゃんたちには内緒だぞ!」(母ちゃんたちには内緒だぞ!)
ゴルフUSコースのCMで、阿波踊りのリズムに乗って、
「♪参加参加参加参加参加参加…」
など、いろいろあった。


『涼宮ハルヒの憂鬱』主題歌を1位にする運動
さて、アニメ関連の話にそろそろ戻す。
『涼宮ハルヒの憂鬱』というライトノベルを原作にしたアニメが放送されている。
そのエンディングテーマ『ハレ晴レユカイ』のCDをオリコンのランキングで1位にしようという運動が、いつの間にか始まっていた。
そう、明らかに『魔法先生ネギま!』主題歌を1位にする運動の影響で始まった運動だ。
なぜオープニングテーマではなく、エンディングテーマが選ばれたのか。それはエンディングの画像がインパクトが強くて印象に残りやすいからなのだろうか?
公開されているEDムービーを見てみた。曲はいかにもありがちなアニソンといった感じだったが、登場人物が曲に合わせて踊っていた。
EDテーマに乗って踊るというのは、ドラマ『女王の教室』からいただいたもの…ではないな。昔の浅野温子の主演ドラマ、『グッドモーニング』でもやっていた(もっとも、こちらは素人参加)。
こういうのは、個人的には好きだ。楽しそうに踊っているのは見ていて気持ちがいい。
話がそれた。
この運動では、ここで何度も取り上げた、『ネギま!』主題歌を1位にする運動の悪かったところを他山の石、つまり反面教師にする人がきちんといる。
参加している人のブログを見ると、『ネギま!』運動からシフトしてきた人、両方やっている人も少なくないようだ。
そして、どうしたらいいかのアイデアも、使える使えないは別として、いろいろと出し合っている。
・文化祭でビラ配りをする。
・ポスターを貼る。
・バンドをやっている人はライブで演奏する。
・チラシを配る。場所はアキバ。
・ズームインSUPER等で映って宣伝。
・プロ野球選手のテーマソングにしてもらう。
・無駄に他の話題とタイアップして宣伝。
いろいろと工夫している。
そして、真剣に1位にしたい人が多いようだ。『ネギま!』の方が、『真剣派』と『お遊び派』の分裂状態に陥って失敗したのに対して。


あえて言わせてもらうなら…
この運動では、『ネギま!』運動という前例があったからこそ、その失敗を今回に生かすことができている。
その点は評価できる。
私はこの運動にあれこれ言うつもりはないが、それでも今回だけはあえて言わせてもらうことにする。
まず、『ネギま!』の時と同様に、世の中の偏見、無理解と戦わなければならない。
もしかしたら、某歌手の「なくなってほしいですね」よりもっときついことを言われるかもしれない。
それでも、いちいち反応したり、抗議をしてはいけない。抗議よりも、1位にするためにできることを考えるのが先だ。
第14回で書いたことの繰り返しだが、そのバカにされた悔しさを運動にぶつけるんだ。その勢いで世間からの理解を勝ち取るんだ。
チラシを配るなら、アキバ以外の方がいい。人が集まるところなら、東京にはいくらでもあるから。アキバでいくら配っても、知名度は上がりにくい。知っている人相手にいくらチラシを配ったって、知名度は上がりません。
アキバ以外でのチラシ配りは恥ずかしいでしょうが、知名度を上げ、1位に近づくのには代えられません。
これ以上は、こちらから口を挟むのは控えるようにする。
CDの発売は5月10日。もう残された日にちがあまりない。
できる限りの最大限のことをやってほしいと思う。
『ネギま!』運動のように、費用700円ぽっちのチープな革命(という名の自己満足)で終わらせないでほしい。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/23(日) 08:02:02|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<その18:悪い子は戸塚ヨットスクールに入れるぞ!の巻 | ホーム | その16:あいなくん、ハイ!小学校編の巻>>

コメント

こんにちわ、久しぶりの書きこみです。
『涼宮ハルヒの憂鬱』は原作は読んだことありませんが、アニメが面白くて好きになりました。
僕もEDは好きで初めは何回か見直してしまったりしまいました。
でもEDのアニメがないと良さが半減してしまう気がします。
宣伝するならEDも一緒にできる方法もあればよさそうですね。
狙うならデイリーオリコンなのですから発売日しかチャンスがありませんよね、
5/10までが勝負ですか、以外と1位運動も本格的にすると面白そうですね。
  1. 2006/04/23(日) 23:42:15 |
  2. URL |
  3. きつね #-
  4. [ 編集]

res...

きつねさん>
お久しぶりです。
原作は私も読んだことはないですが、EDは繰り返して見ています。
結構気に入っています。
5/10までに、なんとか知名度を上げなければならないわけですが、
もう時間がないですね。
なんとか運動を頑張ってもらいたいです。
  1. 2006/04/25(火) 04:30:22 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/19-5c29f14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。