安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その180:国破れて山河あり、夢破れて何もなしの巻

夏本番、用意、スタート!
夏本番となった。
猛暑の毎日が続いている。
でも夏は、あっという間に終わる。
これを書いている今は、とても終わりそうに思えないが、終わってしまえば、あっという間の夏だったと毎年思う。



声優の夢破れて……
今回は、ネット上にあったこの記事から始める。

---引用開始---
高卒で声優を目指した青年 夢やぶれ、就職したい…

声優を目指した青年が、夢やぶれ、正社員として手に職を持とうと奮闘するも仕事にありつけないといった記事が話題となっている。
「期間社員も大工も、自分が積み重ねた経験は何も意味しないんだな」。 倉敷市の無職男性(32)は4月中旬、面接を受けた会社の不採用通知を見て唇をかみしめた。理由欄にこうあった。「正社員の経験がないため」
高校卒業後、東京、大阪で声優を目指した。
22歳で地元・倉敷に戻り、父親の勧めで家業の大工になった。収入は少なく、06年秋に三菱自動車水島製作所の期間社員になった。だが昨年3月に雇い止めにあった。リーマンショック後の落ち込みは著しく「周囲も職を失った。いずれ正社員になりたかった」。
同5月から半年、県内の職業能力開発促進センターで電気工事技術を学んだ。今は非正規労働者向けに模擬面接などを開く「おかやまキャリアアップハローワーク」で職を探す。
年明けから6社の面接を受けたが色よい返事はない。「面接官は『なんで声優を目指したの』と聞いた。選択肢を間違えたと責められたようでつらかった」と男性は振り返る。
(後略)
---引用終了、原文のまま---

これに対して、「今こういうの多いよね」「なんで声優を目指したの俺が面接官でも100%聞くわ」「甘えるな自己責任だろ努力が足りない介護やれ農業やれ起業しろ」「将来設計の大切さがわかるな」など、色々な意見が相次いでいる、という記事だった。
「日本じゃ夢を追いかけて時間を無駄にした奴はただの馬鹿でホームレス行き夢も無くただ漠然と勉強して適当に大学入って就職した奴が一番賢い」。
果たしてそうかな。
大学を出た、就職した、これで将来は安泰……のはずが、リストラされるか、会社が倒産して、再就職もままならず、とうとうホームレスになった、という例がどれだけあることか。
高学歴のホームレスは案外多いらしい。
日本は嫌な国だって?
じゃあ、中国や朝鮮の方がいいのか。
幸か不幸か、中国や朝鮮では、夢も自由も希望も何もない。しかし日本では、死に物狂いでやれば万に一つの可能性はある。
中国や朝鮮には、可能性なんて100億に一つもない。いくら頑張っても、100億%ない。
残念でしたね、ここが日本で。
恨むなら、毎日毎日、無駄飯、無駄酒、無駄女でウハウハのボンクラ独裁者様、弱虫将軍様を恨みなさい。さっさと日本を侵略してくれないから悪いのだ。
どうしたの? 「宣戦布告」だの、「無慈悲な攻撃を加える」だの、ギャアギャアうるさいくせに。
沖縄の海を、潜水艦でコケ脅しのクルージングするしかできない、魚雷一発撃てないくせに。
「弱い犬ほど良く吠える」とは良く言ったものだ。アニオタ、声オタ、そしてヘボ声優と一緒だ。
ギャアギャアうるさいだけで何もできないんだからな。
ギャアギャアうるさいだけのアニオタ、声オタ、ヘボ声優なんか、100人集まっても怖くない。
ハッタリだと思うなら、どうぞ我が家までおいで。
住所? 井川というクズに聞きな。
我が家に押し掛けてきた方は、こんな質問をします。
「メジャーが好き? 美味しんぼが好き? ウォーターボーイズが好き?」
メジャーと答えれば、金属バット……(以下略)。
美味しんぼと答えれば、出刃包丁……(以下略)。
ウォーターボーイズと答えれば、風呂の浴槽……(以下略)。
行く前に決めておいて下さいね。準備をしておきますので。
あ、大丈夫ですよ、ケガはしませんから。
さて、話が変な方向に行き過ぎたので、軌道修正する。
過ぎ去った青春時代は戻ってこない。
声優を目指した日々は何も残らなかった。
この現実を受け入れて、それこそ一度は死んだ気で生きるしかない。
何も残らなかった、それなら、今までやってきたことは全て無駄だったのか?
無駄かどうか、それは自分自身が一番良く知っているはず。
もう声優のことは忘れろというのは無理な注文だ。
そんなに簡単に忘れられるなら、夢はその程度のものだったということだからだ。
でも、自分で納得することも大事だ。
俺はやれるところまでやった、と。
それがないと、いつまでも吹っ切れないから。
私は漫画家を目指していた時期があった。
夢は破れたが、人生のやり直しができた。
夢を追っていたことに、今でも後悔はない。
夢なんか見るんじゃなかったと思ったことは、一度もない。
確かに何も残らなかったけど、あの頃は決して無駄なんかじゃない、と自信を持って言える。
夢がなかったら、死んでいないだけで、生きているとは言えない状態だったはずだから。


スポットライトを浴びないままの方がいいのかも
声優で成功できるのは、1万人に1人と言われている。
成功したかと思ったら、いつの間にか消えていた、バッタリと出番がなくなったということも珍しくない。
これは顔出しのタレントにも言えることだが、いつ消えてもおかしくない世界なのだ。
なまじ成功しないまま、全くスポットライトを浴びないまま去っていく方がいいのかも知れない。
人間は一度スポットライトを浴びると、忘れられなくなってしまう。
その後鳴かず飛ばずでろくに仕事がない、それでも続けるのが幸せなのか。
それとも、早々と見切りを付けて、新しい生き甲斐を見つけるのが幸せなのか。
それは誰にもわからない。

参考文献・まにあっくすZ 2010年7月18日

今回の要点・一度は死んだ気で人生をやり直せ。





スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/07/27(火) 23:58:29|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<休載のお知らせ | ホーム | その179:このペテン講師、青春と授業料返せ! の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/232-d788e6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。