安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その182:あいなくん、ハイ! 委員会編の巻

FP2級の試験を受けた
9月12日、FP(ファイナンシャル・プランナー)技能士2級の試験を受験した。
先週は直前ということで、休載させていただいた。
合格発表は10月25日。まだ一月半近くもある。
合格したかどうかは、神のみぞ知るところ。
さて、どうなることやら……。



今回は委員会活動の話
本題に入ろう。
しばらくぶりに、少年時代の思い出話。
今回は、委員会活動の話。
小学生の時は、5年生になると各自何かの委員会に入ることになっていた。
初めて入った委員会は、掲示委員会。
ポスターや飾りなど、掲示物を作ったり、描いたりして壁に貼るという仕事だ。
資料集の本を丸写しして描いて、切って、貼ってと、そんな感じだった。
6年生では新聞委員会に入った。
なぜか委員長にさせられた。委員長と言っても、会合の司会だけしかしなかったが。
どんな記事を書いたのかは全く思い出せない。
どうせろくな記事を書いていなかったのだろう。
中学は、3年間ずっと放送委員会だった。
担当はアナウンサーとミキサーがある。私はアナウンサーだった。
1年の時、先輩から「しゃべりがうまい」とほめられた。うれしかった。
早口言葉の練習などはやらなかった。
そんなに多くしゃべるわけではないのだから。
給食の時間は、昼の放送がある。流す曲は、大部分がクラッシックだった。流行曲を流すこともあったが、あまり多くなかった。高校ならともかく、中学だから仕方がない。
映画『プラトーン』のエンディングで流れる『弦楽のためのアダージョ』を流したことがあった。
こりゃ食欲がなくなるわな。
高校は1、2年が図書委員会、3年が文化委員会だった。
図書委員は貸し出し、返却の受付をやったり、書架の整理をやったりする。
2学期に入ると、昼休みや放課後は3年生で座席が埋め尽くされる。
理由は、他ならぬ受験勉強のためだ。
しかし、一人でやるのならまだいいが、複数になると「ここが出るぞ」「ここも出そうだ」としゃべり声が聞こえてくる。その内に雑談が始まり、結局勉強にならなくなる。
みんな勉強するふりがしたいだけで、本気でやろうという気なんかない。そういう連中がいくら集まって勉強会なんかやっても意味がないのだ。
3年生の時は文化委員になった。文化祭、つまり学園祭のための委員……のはずだったのだが、ほとんど活動をした記憶がない。
仕事は下級生任せで、3年生はやることがほとんどなかった。
受験のことも考えて、3年生にやらせる仕事は抑えめにしていたのだろう。
なぜ3年間、図書委員を続けなかったのかというと、第107回で書いた、好きだった人が1年の時文化委員だったので、もしかしたら一緒になれるかも知れないという淡い期待からだった。
残念ながらなれなかったが。
その時にはもう気持ちは冷めていたはずだったが、もしかしたらまだ未練が残っていたのかもしれない。
高校で委員会活動は終わり……にならなかった。
大学1年の時、各サークルから学園祭実行委員会の補佐を出すことになり、私がやることになった。
実行委員補佐となり、毎日昼休みにこまごまとした仕事をやらされた。
この実行委員がいばりくさっていて、顎でこき使われて頭に来た。
しかし、学園祭の予算をカットされてはかなわないとグッと我慢。
学園祭の前日、体育館でライブをやるミュージシャンの会場設営の仕事をやった。
そのミュージシャンに付いているローディー(ボーヤ、バンドボーイとも言う)がこれまたいばりくさっていた。ちょっと間違えると怒声が飛んでくる。
普段いばれない分、思い切りいばってやる、それが手に取るようにわかった。
やっと学園祭が終わった時は、もう口もきけないほどヘトヘトだった。
それが最後の委員会活動となった。
ちなみに、そのミュージシャンは数年としない内に見事に消えた。
ざまあみろ。
ボーヤへの教育がいいかげんだからこうなった。
ミュージシャンの皆さん、人様への礼儀は守りましょうね。
スタッフの教育はしっかりとしましょうね。
ボーヤはきちんと飼い馴らしましょうね。


訃報・谷啓さん逝去
9月11日、タレントの谷啓さんが逝去されました。
言うまでもなく、クレージーキャッツのメンバーであり、そして俳優であった。
若手からも「優しい方だった」と慕われた人だった。
今頃は、クレージーのみんなと天国で酒を飲んでいるのかな。
ご冥福をお祈りします。
ガチョーン!!

今回の要点・図書室はほとんど雑談室だった。





スポンサーサイト
  1. 2010/09/14(火) 23:59:32|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その183:山なし、オチなし、意味なし、今回は内容なし……の巻 | ホーム | 休載のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/239-d0d514b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。