安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その22:クリエイターの専門学校はだめですかの巻

観客は甘くない!
アイドル声優がこのブログを読んだら、私がどういう趣旨で文を書いていると思うだろうか。
「お前らアイドル声優は、男をたぶらかしていい気になってるとんでもない奴らだ。だからいじめてやる。徹底的にいじめて、欺瞞と虚栄に満ちた声優界をぶっ潰してやる」
そんなくだらない考えで書いている、そう思われても仕方がないだろう。いくら違う、そんなことを言ってるんじゃないと言ったところで無駄だ。
どう思おうと自由だ。「素人になめられました」と、事務所に訴えるのも自由だ。
それでも、こっちから確実に言えることがある。
この文章のようにうるさく言ってくれる観客が、今までどれだけいましたか?
養成所時代だったら、先生がうるさく言ってくれたでしょう。でもデビューして、売れていくほど、誰も何も言ってくれなくなる。
観客は何も言わずに、飽きたらはい、さようなら。さっさと別の声優に乗り換えていく。実に残酷なものだ。
散々おだてておいて、スケベな妄想しておいて、飽きたら黙ってポイなのだから。
観客は、声優が思っているほど甘くはない。
あれこれうるさく言われるよりも、何も言われずに切り捨てられることの方が恐ろしいのだ。
どうしたって、わかる人はわかるし、わからない人はわからない、だからわかる人だけ見てくれればいい?寝ぼけるな、だ。観客を選ぶなんて、十年、いや五十年早い。
もし私につっかかってきたら、蹴飛ばして落とす。
何度でも蹴飛ばして落とす。
蹴落とされるのが嫌なら、声優を廃業した方がいい。
声優志望の人は、断念した方がいい。
こんな素人の書いた文章ごときで壊れる夢なら、さっさと捨ててしまえ、とはっきり言わせてもらいたい。


クリエイター専門学校の寒過ぎる実態
前置きとは話は変わるが、今回のテーマは、『クリエイターの専門学校』。
クリエイター、つまりアニメやマンガ、ゲームを作る人の専門学校の話だ。
先日、大手のアニメ学校が公正取引委員会から広告の一部を排除しろという勧告が出たというニュースがあった。
入学を辞退した場合、払った学費を返還するというものだったが、実際に戻ってくるのは全額ではなく約半分だった。手数料という名目らしいのだが、全額返るような表示は誤解を与えるので変更するように、という勧告だ。
この学校、正確には専門学校ではなく、各種学校だ。つまり、学歴にはならない。
行った人のレポートを読んだことがあるが、真面目な人ほど途中でやめていく、とのことだった。
ここの卒業生で、確かにプロデビューした人は少なくない。しかし、在学中はものにならず、卒業後に別の養成所に行って、そこで芽が出た人、既にデビューしていて、ろくに授業に出なかった人、あるいは中退したのに、デビューしたら卒業生ということにされてしまった人など、実態は寒いものだそうだ。
ここだけではなく、クリエイターの専門学校は、寒い実態のところが少なくないようだ。
鈴木みそ氏の『オールナイトライブ』というマンガで、『ゲーム専門学校から見た風景』というエピソードがある。
ゲーム専門学校の講師を招いて、インタビューをするという形式で話は進んでいく。
ネット上に原稿が出ていたので(著作権はOKなのかは不明)知っている人も多いと思うが、知らない人のためにそれをダイジェストしてみる。
これまで卒業生は約600人を出したが、ゲーム業界への就職実績は実質ゼロ。授業料は2年で250万円なので、つまり15億円がドブ捨てということになる。しかしそこはまだ良心的な方で、高校に『うちを卒業しても就職はできません』と説明している。就職できないとわかっていて生徒は入ってくるのだ。
その入ってきた生徒はほとんどが初めてパソコンを触る人で、当然プログラムもできない。
4行打てば絵が出る優れた教材があるが、めんどくさくて、それさえできない。
2年生になるとグラフィック、プログラム、企画とコースが分かれるが、絵が描けない、プログラムができないから企画に流れていく人が多い。企画は業界でも最難関なのに…。
その生徒たちが、これまたとんでもない。
文章は『てにをは』をしっかりさせないといけないと言ったら、「てにをはって何?」だった。
かけ算の九九ができない生徒がいて、2年かけて教えたら親に感謝されたらしい。
進路のアンケートを取ったら、イルカの生態を調べたいという生徒がいた。
中にはレベルの高い人もいるが、早めにやめるか、残っても周りのレベルの低さに腐っていく。
こいつは見所があると、課題をちょっときつくすると投げ出す。
授業中に講師があまりバカバカ言っていたら、手紙を書いてきた生徒がいた。
「あんまりバカバカ言わないで!バカの身にもなってみて下さい」
高校は出たけれど大学へは行けない、でも働きたくないからゲーム専門学校へ行く。
親は世間体を気にして、ゲーム学校でもいいから外に出てほしいと思っている。
卒業後はどうするのか、親が死んだらどうするのかは想像力が『超』ないからその時に考える。
腹の底から怒ったり笑ったりしない、ただ何となく生きている生徒たちが大半なのだそうだ。
さらに生徒の質は年々下がっていて、しかも数は増えている。この作品が出た次の年には、入りきれなくなって1クラス増やすことになったという。
他にも描かれていることはたくさんあるが、この辺りで止めておく。


何が起こってるんだろう
このマンガはあちこちで話題になった。
現役のクリエイターの人たちも、ほとんどが「全て事実です」と認めている。
中には、学校の質そのものが悪いところもある。
機材やソフトは古くて使い物にならない。講師の教え方はひどい。パンフレットに書かれていること(就職率、有名人が講師)は嘘だらけ。
大金を払って入学した生徒たちは「だまされた」とやめていく。
学校、そして養成所で、悪質なところは確かにある。
そうは言っても、生徒の質が落ちているというのもまた事実だろう。
また、数が増えているが、質は下がっているのも事実だ。
アニメのオーディションでは、今回は低調で良さそうなのがいないという時でも選ばなければならない。いちいち選び直していたら間に合わない。
プロ野球のドラフト会議で、今年はちょっと厳しいかなという時でも、出席した以上は毎回新人を指名しなければならないのと同じだ。
そして今、放映されているアニメの数はインフレ状態になっている。キャパシティーを明らかに越えているから、質は下がる。海外に原画、動画を発注しても追っ付かない。
それに質の低い声優が声を吹き込むと言うダブルパンチ。これでは、質は上がるべくもない。
質の高い作品も確かにあるが、それはごく少数だ。だが、そこには優れた声優がそろっている。
質の高いところに質の高い人材が集まる…ごく自然のことだ。
当然、質の低いところには質の高い人材は集まりにくい。仮にいても、演技が上手過ぎて、かえって浮いてしまう。
アマチュアの野球チームに、メジャーリーガーがいるようなものだから。
では今回は、作品のラストの台詞で締めよう。
「全体の平均は能力低下しているのかもしれませんけども、特出した才能も出てますよね。(中略)むしろ今までいなかったタイプの天才もどんどん出てくるんじゃ…?」
「ふうむ…何かが違ってきているってことは感じるんだよな、確かに。何が起こってるんだろう…」
スポンサーサイト
  1. 2006/05/27(土) 21:59:15|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<その23:底をついた時が生まれ変わる時の巻 | ホーム | その21:いやはやアニメと声優はだめですかの巻>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/05/28(日) 04:08:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ゲーム専門学校の話、読んだことがあります。
読んでいるうちに、日本の未来が心配になってきました。
ゲーム業界への就職は想像以上に狭き門で、入れても18禁の会社だったりということはザラだそうです。
  1. 2006/06/01(木) 12:26:48 |
  2. URL |
  3. イム #-
  4. [ 編集]

res...

イムさん>
はじめまして。
ネット上に原稿が公開されていることもあって、読んだ人は多いようです。
本当に未来が心配になってきました。
18禁の会社でも、入れるだけまだいいですよね。
そんなところは嫌だと贅沢は言っていられません。
  1. 2006/06/01(木) 22:57:04 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/24-6f3495f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。