安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その29:シミュレーションで半年間のまとめの巻

ほんと、情けない奴らだ
荒らし犯とその一味に一言。
「お前らの弁解など聞く耳持たん。当方とのコンタクト拒否に変更はない」
以上。 
なぜこんなことを書いたかというと、一味が嫌がらせに出てきたからだ。
ご苦労様。ほんと、ご苦労様だ。
いくらここに嫌がらせのコメントを書いたって、日の目を見る前に消されるんだからね。百行書いても一分で消されるんだから、全くご苦労様だ。
まあ、いいか。荒らし犯の巣窟のあの場所に、人間の言葉はなかったものな。
それと、ここに粘着するとブログで書いていた奴がいたが、一、二日くらいでその記事は消えてしまった。
理由はわからないが、なんて情けないことだろう。ずいぶん粋がっていたくせにすぐ手を引っ込めて。ほんと、情けない。
荒らし犯一味といい、粘着男といい、ほんと、情けない奴らだ。
それだけのエネルギーを、どうして向けるべきところに向けないのか。


抗議への回答シミュレーション
さて今回は、これまでのまとめだ。
このブログを初めて早くも半年が過ぎた。
このあたりで、自分の考えをまとめてみたいと思う。
でも、ただ文章をダラダラと書いても散漫になってしまいそうだ。
そこで、抗議が来た、それに対する回答…というシミュレーション形式で、半年間のまとめをやってみたいと思う。
まずは、アイドル声優から。
「声優界は、だめになんかなっていません」
いいえ、すでにだめになっています。
そして、ひたすらだめになり続けています。
証拠?そんなものは、今の無様な現状が証明しているではありませんか。
それとも、私は違うと言う自信がありますか?
「私たちだって、やりたくてアイドル活動をやってるんじゃない」
私はアイドル活動が悪いなんて、一言も言っていません。
いくらでもやればいいんです。
だからといって、演技ができなくてもいいということにはなりません。
一番私が怒っているのは、どれも中途半端なところなんです。
アイドルにもなりきれてないし、歌手にもなりきれていない。まして役者なんてとても、です。
手っ取り早く、中途半端を断ち切る方法があります。
ヌード写真集を出すことです。たとえ一万円でも、即時完売は間違いなしです。
それくらいすごいところを見せてほしいですね。
「仕事だから仕方がない」
確かにそうです。それが仕事ですから。
言われたことをするだけなら、誰にだってできます。
与えられた仕事をこなすだけなら、声優はしゃべる人形、ロボットに過ぎません。
あなたたちは人形ですか?ロボットですか?違いますね、人間でしょう?
人間にできること、それは考えて行動することです。
まずすべきことは、役者としたら決まっています。
稽古です。
「世間がわかってくれない。アニメや声優をバカにしている世間が悪い」
自分の未熟さを棚に上げて、うまくいかないのを世間のせいにする。
無様な現状に甘んじて、自分から動こうとしない。
結果、ますます世間からの無理解は深まる。その無理解が格好の逃げ道になる。
違いますか?
「人が百人いれば百通りの幸せがある。たとえ年収100万でも、世間から無視されても、バカにされても本人が幸せならそれでいいのでは」
だから私は幸せです、そう言いたいのですか。
それは幸せではなく、現実逃避、将来からの逃避です。
今は良くても、30代、40代、そして50代と、こんなことが続けられるわけがない。わかりきったことでしょう。
それとも、たとえ野垂れ死にしたとしても、「私は幸せだった」と思いながら死ねる自信がありますか?
「だったらどうしろと言うんですか」
自分で考えなさい。
だめ出しはもう散々したんです。
甘ったれるんじゃない、後は自分で何とかしなさい。


シミュレーション、続き
次は、声優ファン。
「こんなにアイドル声優をいじめて楽しいのか」
そう思うなら、声優を守ってやりたいという気がないのですか。
結局はスケベな妄想のネタに過ぎないのですか。
スケベな妄想もいいでしょう。そのためには、妄想のネタを守ることですね。
「プロデューサーが悪いのに、なぜ声優ばかり非難するんだ」
プロデューサーが悪いと言うなら、なぜ事務所、レコード会社に抗議をしないのですか。
結局はこの現状を、沈黙をもって肯定しているではありませんか。
だからプロデューサーになめられるんです。
どうせオタクどもが何もできっこない、と。
「ネギま!主題歌を1位にする運動はやったことに意義がある」
変わり者扱いされるか、笑い者になっただけです。
目標をコロッコロッ変えて、安っぽい達成感で自分をごまかす。
失敗を反省するということを知らない。自分の怠慢を棚に上げて、人のせい、世間のせいにする。
所詮、声優やアニメの地位を上げたいという気持ちはこんな甘っちょろいものですか。
それでは、第二期の主題歌を1位にする運動もまた失敗します。
絶対に失敗します、絶対に。
「言葉は正しいが言い過ぎだ」
とんでもない、まだ生ぬるいと思っています。
こんな素人の書いた文章でガタガタ言っているようでは、まだまだとても世間に理解されるどころじゃないんじゃないですか。
理解されなくてもいい?それなら一生殻に閉じこもっていればいいんです。
…まあ、とりあえず、まとめはこんなところだろうか。
そして、アイドル声優、声優ファン両方に言いたいこと。
悔しかったら頑張ってね。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/15(土) 12:43:51|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<その1:サソリとカエル | ホーム | その28:あなたはどんな役者になりたいのですか?の巻>>

コメント

申し訳ありませんが、このままの文章ではコメントの承認をしかねます。
理由は、このブログでは不適切な表現があるためです。
お手数ですが、手直しをお願いします。
  1. 2006/07/20(木) 17:27:57 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2006/07/20(木) 17:30:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

申し訳ありませんが、これではまだコメントの承認はできません。
お手数ですが、手直しをお願いします。
  1. 2006/07/20(木) 20:45:15 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2006/07/21(金) 15:32:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

申し訳ありませんが、まだだめです。
  1. 2006/07/21(金) 21:59:09 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/31-d79d52e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。