安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その233:2014年春・飯田線旅行記リターンズ・秘境編の巻

お読みになる前に……
ちょっとだけ帰ってきた、安比奈のなないろディップスイッチです。
今回は、本文をお読みになる前に、15年前に行った、飯田線の旅レポート、こちらをお読みになることをおすすめします。
http://tomonobu0802.web.fc2.com/iidasen/iidasen.html


秘境駅に立つ
5月3日、15年ぶりにJR東海、飯田線を訪れた。
9時41分、東海道新幹線、こだまで豊橋に降り立つ。
駅の窓口は混んでいた。
ゴールデンウィークであること、さらに飯田線の秘境駅を訪れる人が増えたからだ。
テレビで秘境駅が取り上げられて、臨時列車が走った。
もっとも、今は運行が終わってしまい、優等列車は特急『伊那路』だけになった。
特急『伊那路』
フリーきっぷの『青空フリーパス』と特急券を買い、伊那路に乗った。
このフリーきっぷを使うと、飯田まで乗り降り自由な上に、普通に乗車券を買うより安いのだ。
車内は混んでいた。私と同じく、秘境駅へ行く乗客が多いようだ。
10時8分、出発。座れなくて、デッキで立っていた。
途中、中部天竜で多く降りた。ここから天竜峡までの、旧・三信鉄道の区間が秘境駅ゾーンとなる。
ここにあった、博物館の『佐久間レールパーク』はすでになく、更地となっていた。
佐久間レールパーク跡
向こう岸へ渡らない、『渡らずの橋』を通過。
渡らずの橋
前回降りた、小和田駅。
小和田駅
人がいた。この駅は、何度もテレビに出ている。
中井侍、為栗、田本、金野、千代と、秘境駅が続く。
今回の目的地は、田本。
一旦、天竜峡まで行き、そこから普通列車で折り返すのだ。
12時24分、天竜峡着。ここで大部分が降りた。
12時49分、田本へ向けて出発。客はそんなにいなかった。
13時8分、田本駅に降り立った。
田本駅ホーム
人が結構いる。
秘境度は、小和田駅より高いだろう。何しろ家どころか、建物らしきものが待合室以外全くない。
ここから20分くらい、山道を歩くと集落と道路に出る。
上に向けて歩き出した。
なんだこれは。
田本駅から……
ほとんど獣道じゃないか。
登山道と何ら変わりがない。気休め程度にコンクリートが流し込んであるが、あまり意味はない。
こんなに急な山道だったとは、想像以上だった。
田本駅は、こんなすごいところにあったんだ。
息が上がってくる。
天気が良く、暑いくらいで、汗まみれになる。
15分くらい歩いて、ようやく集落が見えてきた。
そして、ようやく到着。自動販売機があった。
着いた!
助かった。スポーツドリンクを買ってのどに流し込む。
舗装された立派な道路があって、時々車が通り過ぎて行く。
これでは、飯田線を利用する住民なんているはずがない。
そろそろ時間だ。
急な山道を降り、田本駅へ戻る。
街灯が一つだけしかなかった。
夜や雨の日は危なくて、とても歩けたものではない。
待合室にあった駅ノートにメッセージを書いたあと、天竜峡行きの電車で天竜峡へ戻った。
1日目はまだ続くのだが、やたら長くなってしまったので、今回はここまで。


観光鉄道として……
ブームが去ってしまえば、秘境駅の存続は危ない。
いや、今まで残っていたのが不思議とも言えるのだが。
元々こんな秘境だったわけではない。
ダムの建設で、駅周辺にあった集落が水没してしまい、駅だけが取り残されてしまった。
貨物輸送は、今はもうない。林業もない。つまり、交通手段としての役割は終わってしまった。
小和田は別だ。駅周辺の人家は約20分歩いたところにある一軒の民家と、そこから険しい山道を歩いて1時間かかる塩沢集落には、飯田線しか交通手段がない。
観光鉄道として生きる道を選ぶのだろうか。JR東海も、地元もそのつもりのようだ。
なんにもない。なんにもない。まったくなんにもない。
それを逆手に取るしかないのだろう。
では、次回、1日目パート2に続く。

今回の要点・観光鉄道として生きるのなら、イベント列車を増やした方がいいのでは?
スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 22:36:09|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<その234:2014年春・飯田線旅行記リターンズ・前夜編の巻 | ホーム | その232:2014年冬・あいなとものぶ安比奈線を行くの巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/03(日) 09:39:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/323-b35c0156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。