安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その235:2014年春・飯田線旅行記リターンズ・激走編の巻

ついにクライマックス
今回は、mixiに投稿した文章を多数引用していることをおことわりしておきます。
本当は前編と後編で終わらせるつもりだったが、書きたいことが次々と出てきて、3回になってしまった。
今回が完結編です。
飯田線の旅リターンズ、ついにクライマックスを迎えます。
秘境駅だけが飯田線ではない。
飯田線、下山村駅と伊那上郷駅間は電車に乗れば5駅6キロの距離だが、直線距離にすればわずかに2キロ。通常電車はこの区間を20分ほどで運行する。
2キロという距離を20分(電車によって差があるが)以内で走れば、先を走る電車に追いつける。その人間と電車の競争、それが通称『下山ダッシュ』、電車と人間どっちが速い競走である。
『究極超人あ~る』、『探偵!ナイトスクープ』でも取り上げられて有名になった。
私もやってみたくなって、チャレンジしたことがあるが、失敗だった。
今度こそは……勝つんだ……勝つんだ!!
さあ、15年目のリベンジはなるか!?


走れ!!
2日目。
ホテルで朝食を済ませた後、チェックアウト。
朝の街を、飯田駅へ向けて歩く。人通りは少ない。
ホテルの近くにあった小学校、なかなかクラシカルな建物だった。
駅前のバスターミナルで、帰りの高速バスのチケットを買った。
その後、お土産屋に入り『秘境駅最中』を買う。
小和田、田本、金野、中井侍駅が箱に描かれていた。
駅のコインロッカーに荷物を預ける。
持っているのは、携帯とパスケース、小銭入れだけ。
特急に乗って再び天竜峡へ。飯田から一駅だけの乗車だが、時間のロスを防ぐため、それにタクシーよりも安いからだ。
昨日は歩けなかった、天竜峡の遊歩道を歩く。
天龍峡(駅と竜の字が異なっている)
吊り橋、つつじ橋。これが揺れて怖い。
つつじ橋
大学生とおぼしき集団が、橋の真ん中でChoo Choo Trainごっこをしていた。おいおい、危ねーぞ。
昨日入ったりんご足湯に再び入り、天竜峡駅の近くで早めの昼食。
その後待合室で、1時間ほど待っていた。
挑む電車がホームに入ってくる。
入線!
いよいよ、決戦の時が来た。
電車に乗り込む前、mixiにこんな投稿をした。

今、私は天竜峡駅にいます。通称「下山ダッシュ」にこれから挑みます。勝っても負けても、これが最後の挑戦です。一回失敗して、幾年の時を経て、今、ここにいます。(弊サイトにレポートあり)やるだけのことはやった、後は時の運です。一時間後、どういう形での報告かはわかりませんが、悔いのないようにしたいです。

電車に乗り込んだ。
色々な思いが頭を駆け巡る。
あの時、負けて悔しい思いをしたこと。
いつかリターンマッチを、と思ったこと。
あれから15年、その時が、ついにやってきたのだ。
下山村駅に12時54分着の予定だったが、5分ほど遅れて到着した。
時計を見ると、時刻はちょうど13時。
車掌さんに切符を渡し、ホームを降りて電車と同位置に並ぶ。
位置について……
警笛が鳴り、電車が動き出した。
スタート!!
私は走った。ただ走った。
新飯田橋を渡り、坂を駆け上がる。
新飯田橋
そんなにきつくないが、やはり苦しい。
うどん屋を右折、橋を渡る。
その坂がさっきよりきつい。 その先にまた坂が続く。
息が上がってくる。歩きそうになる。
焦るな、いつものスポーツクラブのランニングマシンのつもりで行けばいい。
時間は、まだ10分経っていない。
勝てる、勝つんだ。
私は走った。
坂を登りきり、最後の交差点。
最後の信号、もうすぐだ!
幸い、信号には引っかからなかった。
ここを過ぎればあと少しだ。
走れ! 走れ! 走れ!!
交差点を左に入り、3軒のアパートがある分かれ道を右へ。
最後の坂を登ると……伊那上郷駅が見えた!
あと少しだ。 ラストスパートをかけた。
伊那上郷駅に改札はない。スロープから、ホームに駆け上がった。
電車を待つ乗客がいる。
つまり、電車はまだ来ていない。
やった!!
やった……。
ついにやったんだ!!
15年前の念願を果たしたんだ!!
携帯を見ると、13:11だった。
余裕の勝利……と思ったら、それから2分もしないうちに電車が見えた。
さっきの電車が……
どうやら、途中で遅れを取り戻したようだ。
危なかった。ギリギリ2分、途中で歩いていたら、アウトだったかも知れない。
前方の乗客に見えないように、片手で勝鬨を上げた。
15年前に乗れなかった電車に乗った。
さっき乗ったのは2両目だったが、今度は1両目に乗った。
乗った途端、拍手が巻き起こった……わけないですね。
なんだか照れくさかったから、違う車両に乗った。
結構混んでいた。高校生が多かった。
汗だくで、息を切らせている私は、さぞ怪しい人に見えただろう。
5分後、元善光寺駅で降りた。 余談だが、伊那上郷と元善光寺の間に、リニア中央新幹線の駅を設置する構想がある。
15年前、勝ったらここで降りる予定だった。ゴールインだ。15年間、長いランニングだった。
今は無人駅だが、その名の通り元善光寺の最寄り駅なので、比較的大きく、乗客もそこそこいる。学生に加えて、観光客もいた。
駅前の自販機でアクエリアスを買って飲んだ。
折り返しの飯田方面の電車まであと、1時間以上ある。
十分時間はあるので、元善光寺を参拝した。
元善光寺
名物の舞台桜を見た。大きい。桜の季節は、壮観だろう。
舞台桜
ベンチで一休み。
伊那谷の春風が心地良かった。
駅に戻り、飯田方面の電車に乗って飯田へ戻る。
コインロッカーの荷物を取り出し、待合所で高速バスを待つ。
15時、新宿行きバスが出発。
中央自動車道を走り、東京・新宿駅へと向かう。
バスは1時間に1本、その上新宿まで4200円と安く、所要時間は電車とそんなに変わりがない。
これでは勝負にならない。なんとか頑張って活性化してもらいたいものだ。
さらば、飯田線。
また来る日まで。


Three cheers for Iida line!
「しかし、汗だくになって電車に乗って、フラフラになりながら元善光寺に参拝してる俺は、何なんだろう?」
旅人……だよな。物好きな。
何はともあれ、無事に旅を終わることができて本当に良かった。
もうこれで、思い残すことはない。
以上で、飯田線旅行記リターンズを終わります。
Three cheers for Iida line!
Hip hip hooray!
Hip hip hooray!
Hip hip hooray!

今回の要点・No Side!
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/06/25(水) 21:39:21|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<その236:2015年冬・あいなとものぶ安比奈線を行くの巻 | ホーム | その234:2014年春・飯田線旅行記リターンズ・前夜編の巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/07(木) 18:53:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/10(日) 11:49:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/10(日) 19:04:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/21(木) 10:10:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/329-f161382d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。