安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その3:やっぱりアニメと声優はだめですか(前編)の巻

声優さんからコメントが来た
仕事の新しい出向先に入って一週間。
まだ研修中の段階だが、しっかりやらねば。
何事も、最初が肝心だから。
それはそうと、第1回の文章に対して、なんと、声優さん(正確には、声優の卵)からのコメントをいただいた。
ご意見を下さったハンドルネーム、きつねさんの承諾の上、今回の文章にコメントの一部を引用させていただきます。
ご好意、ありがとうございます。
さて、コメントは、私の文章に大部分で同意して下さっているものだった。
『大部分では安比奈誠伸さんに同意せざるを得ません。
ただ可愛い声というだけで、演技力を感じないというのは否定しようもできません。
年のいっている方で「アイドルがどれも同じ顔に見える」という人をたまに見かけますが、それと同じです』(原文のまま、以下同じ)
しかし、こうもおっしゃっていた。
『しかし知っておいて頂きたいのは、声優はダメになっているわけではないということです。
演技力に磨きをかけている役者といえるの方も大勢いらっしゃいます。』
確かにそれは私も知っている。演技力の優れた声優さんは決して少なくない。
だが、それではカバーしきれないくらいに、若手、新人に、演技力がもう話にならない声優が多すぎるのだ。
そういう声優が主役級のメインキャストになるから、『声優なんて簡単なんだ』という誤解が生まれる。
外国映画、劇場版アニメでお笑いタレントが声優に挑戦、などといった、声優からすれば「素人が声優なんてふざけんな、声優をなめるんじゃない!」ということがしょっちゅう起きている。


声優だけが悪いんじゃない
第1回で、声優に対してずいぶん厳しいことを書いたが、少し考えを改めなくてはならない。
これは、声優だけの問題じゃない。テレビ局、声優の事務所、ファン全ての問題だ。
金儲けのために制作費を大量にピンハネする、安易にタレントを声優として使うテレビ局。
ファン=オタクをアイドル声優で釣り上げてボロ儲け、そのくせ声優の待遇はひどい事務所。
ホイホイと戦略に乗せられて(だまされて)声優のイベントやグッズに金をつぎ込むファン=オタク。
そして、ろくに行動しない声優たち。
だが、決して今まで何もやってこなかったわけではない。
1991年、声優業界は生活の保障、地位の向上を求めて48時間ストライキを起こした。だが、結果として失敗に終わった。使用者であるテレビ局が「ストしたければすればいい、だったら文句を言わない素人声優を使うだけだ」と開き直って、大量に声優を干してしまったのだ。
これがきっかけで、顔出しで売れなかったアイドルが声優になる傾向が生まれ、そしてアイドル声優というものが生まれ、その流れが今でも続いている。
最近では2005年アメリカで、ゲームに出演した声優がストを起こそうという動きがあったが、ゲーム会社と待遇改善の合意ができて、ストは回避された。
しかし日本では、声優ストはもう二度と起こらないだろう。そんなことをしようものならまず干されるし、ファン=オタクから「こんなに金つぎ込んでやってるのに、何が不満なんだ」と反発されるのは目に見えている。行動しない、というよりできないのだ。
オタクが団結して「よし、それなら俺たちが何とかしてやる」「声優たちを救え」などといった運動を起こせば事態は変わるかもしれないが、そんな心ある連中なんて、どこにいるものか。ただ「○○ちゃん萌え~」と叫んでるだけで、何もしていないじゃないか。
結局、現状に甘んじてろくに行動していないのはオタクも同じだ。CDやグッズに金払ってやってる?応援してやってる?ファンなら当たり前のことだろう。
第1回で取り上げた「ハッピー☆マテリアルを1位にする運動」「紅白歌合戦に出す運動」だって、やったことはCDを買う、ハガキやネットで大量に投票する。それだけだ。普段やっていることに毛が生えた程度のことしかやっていない。
ちなみに第二期『魔法先生ネギま』が放送されるらしいので、また運動が起こるだろう。
一生やってなさい。
こんなケチくさい運動で声優さんが喜ぶものか。「こんな運動で1位になってもうれしくない!」「だから声優はバカにされんのよ!」と怒るだろう。
じゃあどうしろと言うんだ、って?
そんなことは知ったことじゃない。
ここまでボロカスに書いておいて無責任だ、責任取れよって?
どうして私が声優の生活の保障の責任を取らなければいけないんだ。甘ったれるなよ。
どうすればいいかのヒントは少し前に書いてあるじゃないか。後は自分たちで考えて自分たちで何とかしろと、はっきり言わせてもらいたい。
オタクの数は百万人は下らないんだ。これだけいれば、世の中を動かせるだろう?
とはいえ、どうせ「○○萌え~、××はだめだ」「いやそんなことはない、○○こそだめだ」と、派閥争いと足の引っ張り合いになって、団結なんかできっこないし。まあ、無理だ。
悔しかったらがんばってね。


裏切られた思い
さて、話題は変わるが、声優志望者の数は増える一方だ。
養成所や専門学校の声優科の数も増えている。
しかし、数は増えているがレベルは明らかに下がっている。
ここでまた、きつねさんからのコメントを引用させていただく。
『ここ数年声優を目指す人は増えています。
しかし=才能ある者が増えるというわけではないと思います。
声優になる前に諦める数も増えれば、芽が出ないまま終わるのも増え、
そして芽が出ても「アイドル」になるのが増える。
結局、プロの世界に乗り込む人の数と目指す人の数は比例していないでしょう。
多くなるのは「お話にならない」のばかりなのです。』
意識の低い志望者も悪いが、養成所にも問題がある。
きちんとしたカリキュラムのない養成所、人気声優が講師と広告を打っておきながら、ろくに来ない養成所、果ては講師の指導が甘い養成所。
だが、これは仕方のないところもある。厳しくしすぎて生徒が辞めたら、その分減収になってしまうから、講師が甘くせざるを得ないのだ。
それでも、厳しく指導する講師はちゃんといる。
ある養成所の講師の方が自身のホームページで、声優を目指す人たちに非常に厳しいことを書いていた。
仮にその人をB氏としよう。B氏の勤める養成所は名門養成所として名を馳せている…はずだったが、それも昔の話になりつつある。
今はもう、そこの出身の人気新人声優、最近誰かいたっけ?という状態だ。
それはさておき、そのB氏、ホームページで「声優とは俳優だ」「あきらめられるなら、あきらめなさい」と言い切っている。
また、演出論、俳優論について非常に高度な知識を公開している。指導力も非常に優れている方のようだ。
元声優で、最近の声優のあまりのレベルの低さに憤慨し、それが高じて母校である養成所の講師になり、そしてホームページの開設に至ったそうだ。
雑記のコーナーでは、さまざまな知識、日常の出来事、教え子に思うことなどが書かれているが、これがうなずけることが多いのだ。
「正しい努力とは、成果を得られる努力だ」
「成果を得られない努力とは、努力が足りないか、やり方が間違っている」
この人なら声優界を変えてくれるかも…と思っていた。
だから、多少の言葉の綾、書き散らされる愚痴、言い過ぎな発言(オーディションに来たアイドル声優を評して『ぶっ殺すぞ!』と言っていた)には目をつぶっていたのだ。
だが、その思いは見事に裏切られた。
「21世紀は間違いなく実力派が復権する」「実力派とタレント派が共存する」というようなことが書かれていた。この人ならその役目を担ってくれる、と思っていた。が、その先見の明は…大ハズレ。
タレント派に隠されて、実力派が出にくい状態がどんどん強くなっている。
アイドル声優ブームが、日常の状態になってしまったのだ。
つまり、良くなるどころか、悪くなるばかりになってしまったというわけだ。
それに、B氏の教え子で、大成した人を見たことも聞いたこともない。
プロダクションに所属している人はいるらしいが、今放送中のアニメに何人出ているのでしょう。
仕方ないだろ、それは教え子たちの責任だって?
誰でしたっけ、「成果を得られない努力とは、努力が足りないか、やり方が間違っている」と、ご教示を下さったのは?つまり教え子たちは努力が足りなかった、あるいはやり方が間違っていたというわけですか。でもB先生の推していた人だっているでしょう?それでも努力が足りなかった、あるいはやり方が間違っていたとおっしゃるんですか?
掲示板で、「最近の、耳をつんざくような声のアイドル声優についてどう思いますか?」と質問されて「別に何とも思いません」。
あれ?「ぶっ殺すぞ!」じゃなかったんですか?ねえ、B先生?
結局、講師として何の成果も出せていないのだ。
そして、最近ではすっかりダンマリを決め込んでいる。あれほど頻繁に出ていた雑記もどんどん出る間隔が開いていき、ついには全く出なくなった。
こんなことなら、期待なんてしない方が良かったのか?何とも、裏切られた思いがする。もう、私はこの人は信じない。
これからもB氏は『信者』とともに、出口のない果てしない迷宮の中で生きるしかないだろう。
今回は声優だけの話だけで大量になってしまったので、次回はアニメの話としよう。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/15(日) 20:00:40|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<その4:やっぱりアニメと声優はだめですか(後編)の巻 | ホーム | その2:小江戸と安比奈線を行くの巻>>

コメント

こんにちわ。
本当に引用されて驚きです。よもやこんなに早く使われるとは。

映画などでタレントが使われるのは話題性が欲しいのが一番の目的だと思っています。
そして必ずといっていいほどそこにいるのは山寺宏一氏です。
きっとあの人くらいしかメジャーに知られている声優がいないからでしょう。
話題性を超えるほどの技量を持った声優、それが僕の目指すものの一つでもあります。
しかし、これはある種の売り上げ戦略なのだからこれはこれでいいのかもしれません。

このBLOGを拝見して、また自分の意見も言わせて貰い、
改めて声優が何処に向かっているのか疑問に感じています。
ラジオやCDなら理解はできますが、知っていますか?
最近は「声優ドラマ」というDVDもあるのです。
声の俳優の声優が体で演技する時点で声優じゃないじゃないかという問題もさておき。
それがアイドル声優の顔出しによる金儲けの延長だから呆れたものです。
今日友人から試しに借りてみましたが、10分見ているのが限界でした。
「ドラマ」とはよくいったものです。まるで猿芝居。
これなら劇団ひまわりの小学生のがマシでしょう。本当にそう思いました。

そもそもアニメに人気が出て、声優に焦点がゆき。
声優を表舞台にだしたことが間違いだったのではと思います。
出てはいけないというわけではありません。
出方を間違えたのではないでしょうか?

これから声優が何処に向かい、何処にたどり着くのか?
僕はそれを見届けたいと思います。

それでは失礼します。
  1. 2006/01/16(月) 22:16:42 |
  2. URL |
  3. きつね #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
さっそくコメントを引用させて頂きました。

声優ドラマというものがあるとは知りませんでした。
実写でドラマをやる、と言えば聞こえはいいんですが、
あくまで声優の顔出しの延長でしかないんですね。
顔出しは決して悪いことではないんですが、
声優も事務所も勘違いしていると、声優ってなんなのか
わからなくなりそうですね。

次回は、アニメについて書いてみたいと思います。
数は増えてもレベルは下がる一方です。
どうしてそうなったのか、を考えてみたいと思っています。
それでは、また。
  1. 2006/01/18(水) 00:01:15 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

疑問

このHPに書いてあるB氏が病気を患っていると
いうのはご存知でしょうか?
何かあることないことを書いておられるようですが
B氏は病気や仕事が多忙なため更新できないのだと思います。それとも案比奈さんはここの元生徒だったのでしょうか?
  1. 2006/01/29(日) 04:22:40 |
  2. URL |
  3. 生徒A #-
  4. [ 編集]

>>生徒Aさん
はじめまして。
まず、最初に言いますが、私は元生徒でもなんでもありません。
ただの素人です。
次に、案比奈ではなく、安比奈です。
そんな細かいことはどうでもいいと思うでしょうが、名前を間違えたばかりに相手を怒らせたという例は業界では多数あるようです。
声優界ではありませんが、お得意さんの名前を間違えて、お得意さんを失ったということがあったらしいです。
話がそれたので、本題に入ります。
B氏の体調が悪い、ということはB氏のHPにある雑記のコーナーで薄々察しておりましたが、病気を患っておられるというのは初めて聞きました。
それでは、こちらからお尋ねします。
何があることで、何がないことなのでしょうか?
>「21世紀は間違いなく実力派が復権する」「実力派とタレント派が共存する」というようなことが書かれていた。
ここまでは、B氏がHPの雑記帳に書かれたことを元にして書きました。
その後は、今ある現実、そして掲示板でのやり取りを元にして書きました。
つまり、『ないこと』は書いていません。
その上で、「もうこの人は信じない」と書きました。

HPで生徒や仕事仲間を売るような人に教わったって、声優になんかなれっこないと、はっきり言わせてもらいたいですね。
理由は何であれ、生徒や仕事仲間を売るのは最低の行為です。
うまくいかないのを生徒のせい、周りのせいにして、スネて愚痴を書き散らすような人を信じられますか?
上の人には子犬状態(B氏自身がこう書かれていました)、弱い者には独裁者、そんな人を信じられますか?
病人に鞭打つ行為だと思うでしょうが、病気なら何をやっても許されるものでしょうか?

納得できないなら、B氏に告げ口されても結構です。
(ありえないが)B氏自身が、言い分があると言うなら、聞かせて下さい。
  1. 2006/01/29(日) 09:53:12 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

そのB氏という人物が誰なのか、少し気になるところです。
けっこう講師をやってる声優は多いですからね。
  1. 2006/12/01(金) 21:31:43 |
  2. URL |
  3. T3 #-
  4. [ 編集]

res...

T3さん>
本当なら『ネット上で住所と名前を公開して、これが正真正銘のバカというものです、見てやって下さいと言いたくなる』くらいにひどい(B氏の雑文からの受け売り)人なのですが、一応名前は伏せることにします。
今、講師以外に何をやっているのでしょう。
講師だけでは食っていけないでしょうから。
  1. 2006/12/02(土) 12:12:29 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/4-c02c272e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。