安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その45:続・第二期ネギま主題歌1位運動・失敗前夜祭の巻

最高記録達成!
前回の文章を上げた時から、アクセスカウンターの数字が上がること上がること。
そして、11月8日、ブログ開始以来の1日アクセス最高記録、593人を記録した。
まずは、ありがとうございます。
ああ、書いて良かった。次は1000人目指すぞ!
さて、なぜ急にアクセス数が上がったのか。
2ちゃんねるのあちこちで、前回の記事のURLが貼られていたからだった。
「ああ、このチキンか」
「声優目指して挫折したチキン」
チキン、チキンって、うちはケンタッキーじゃないっての。それに声優なんて目指してません。良く読みましょう…って、読めたら書かないな。
こういうバカは、きちんと読むべきものを面倒臭がって読まなかったばかりに、損して泣くのが落ちだ。きちんと読むべきもの、保険、携帯電話の勧誘、役所の書類、etc。あ、ごめんごめん、読めないし読まないから言うだけ無駄だ。
それはそうと、モーニング娘。の新曲『歩いてる』を1位にする運動が持ち上がった。
もしかしたら、ランキングでネギまに負けるかもしれない。冗談じゃない、国民的アイドルグループが、あんなわけのわからないアニメに負けたとは格好がつかない…と、いう理由なんだろう。
国民的アイドルだったのは、もう過去の話なのだが、それにしたって負けたら恥だ。1位にはなれなくても、ランキングで勝てればいいのだろう。モー娘は、向こうと違って、今まで何度も1位になっているから。
物の弾みとはいえ、散々バカにしているアニメオタクと同じことをしているとは…もう勝手に張り合って下さい。
それでは、今回も元気に行ってみましょう。
『ネギま!?』主題歌、『1000%SPARKING!』を1位にする運動、失敗前夜祭!


空想・夢想・妄想劇場・もしもテレビ出演したら…?
あの曲が、まさかの1位に輝いた。
さすがに、業界は驚きを隠せなかった。
そして何より、歌った声優たちが一番驚いた。
ある日、人気音楽番組に、声優たちが出演することになった。
張り切って声優たちはテレビ局へと向かう。
入館手続きを済ませ、渡されたメモを見ながら、出演者控室へと向かった。
この角を曲がれば控室の並び…というところで、
「ちょっと!ここからは関係者以外立入禁止ですよ!」
ADらしき男に怒られた。
「い、いえ、違います。私たちはこちらの番組に出演する…その…声優です」
「あ、そうですか。じゃあこちらへ」
出演するタレントに向かってこんな失礼なことはないのに、間違えてすみません、の一言もない。互いに憮然とした顔のまま、控室へ向かう。
やっと到着した控室のドアには、『声優様』と殴り書きされた紙が貼られていた。
「声優様って、個人名書いてないし…」
声優たちはブツブツ言いながら控室に入る。
番組専属のメイクとスタイリストが来たが、その態度がやけに横柄に感じるのはなぜだろうか。
ともあれメイク、衣装合わせを終えて、収録開始となった。
座席の4分の1は、いわゆる『仕込み』として集められた、いかにもオタク風の客たちで占められていた。
他の客は、異物を見るような目で見ているが、彼らにしてみれば、声優が生で見られるのだから構うことじゃない。
なぜ、仕込みをわざわざ集めるのか。せめてもの情けだろうか。会場全体がドン引きではかわいそうだから。
他の出演者が拍手と歓声で次々と入場する。そして、声優たちの入場となった。
「XXちゃ~ん!!」
「XX~!!」
確かに拍手と歓声は上がっている。だがそれは客席の一角、仕込み客で固められた一角だけだ。
他の席の客は、シーンとなっている。
入場が終わり、トークと歌に入った。
出番を待っている間、他の出演者が、なんとなく異物を見るような目で声優たちを見る。
お前ら誰だよ、素人がなぜここにいる、そんな顔で見ている。
そして、声優たちの出番となった。また、客席のごく一角から野太い歓声が上がった。
トークでは、アニメのことを話すことになった。というより、他に話題がない。
演じているキャラの声をやる。その度に野太い歓声が上がる。
だが、他の客は完全に引いている。メールを打ったり、連れとしゃべったりで、完全無視だ。本当に人気があるのかないのかわからない、少なくとも自分の周りは知らないアニメの話なんて、聞いても面白くない。
メンバーの中に、あきらかに20代後半なのがいるのに、まさか、アイドルじゃないよな…と思っていた。
いよいよ歌が始まった。拍手と歓声なのは、仕込みの一角だけで、あとは機械的な冷たい拍手だけ。
舞台に向けて、生暖かい視線と、冷たい視線が交錯する。
それを痛いくらいに感じながら、それでも声優たちはぐっとこらえて歌う。
客席では、仕込みでない客は唖然としていた。
仕込みの一角から起こる、奇妙なコール。
モー娘でも歌わないような、いかにもアイドル然とした歌。
そして、間奏に入る台詞。
20代後半で、マジでアイドル!?
こいつら、大丈夫かよ…?
ともあれ、歌は終わった。
またもや、拍手と歓声は仕込みの一角、それ以外は機械的な拍手だけ。
こうして、番組は収録終了となり、撤収となった。
「あの…」
人気アーティストが話しかけてきた。
「は、はい!」
声優たちの背筋が伸びる。他の共演者に無視される中で、初めて声をかけられてうれしかった。
「あんたたち、どこの誰?」
「なんで、呼ばれたの?」
共演のアーティストたちからの冷たい目が突き刺さる。
声優たちはいたたまれなくなって、テレビ局から逃げるように帰った。
雨が降ってきた。土砂降りになった。
ずぶ濡れになりながら、声優たちは情けなくて悔しくて泣いた。
そして声優たちは気がついた。初めから冗談半分、笑い者、いわゆる『ネタ』として呼ばれたのだと。
「嘘ばっかり!何がアキバブームなわけ!?声優なんて、まるで虫けら扱いじゃない!!」
「1位なんかもうたくさん!」
「オタクがあんな運動なんかしなければ、こんな目に合わずにすんだのに!一生恨んでやる!」


次回は祭り本番
以上は、以前声優が歌番組に出た前例を元にした、フィクションです。
こいつはけしからんと、事務所にねじ込むのは自由ですが、無駄です。ファン一人の抗議くらいで、いちいち動いてくれません。
1位になったらなったで、苦労があるのだ。なれないけどね。
さて、いよいよこれを書いている次の週、オリコンのランキングが決定する。
次回は祭本番だ。
『ネギま!?』主題歌、『1000%SPARKING!』を1位にする運動・失敗記念祭、次回開催!
あちこちで言い訳や責任転嫁の嵐が吹き荒れることでしょう。
乞うご期待!
スポンサーサイト
  1. 2006/11/11(土) 20:41:53|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<その2:『シルミド-from麻帆良-』資料 | ホーム | その44:第二期ネギま主題歌1位運動・失敗前夜祭の巻>>

コメント

はじめまして。

 覚えていらっしゃいますでしょうか。ずっと以前にいちどだけSSこんぺの話を掲示板に書き込んだことがある者です。
 ブログがはじまる以前から拝見しておりましたが、個人的にはSSの更新を楽しみにしています。続きが気になって仕方がないもので。伏見さんたちはあの後どうなるんでしょう? もしよろしければ、構想だけでも教えていただけるとうれしいかもです。
 それでは、失礼いたします。
  1. 2006/11/12(日) 00:38:32 |
  2. URL |
  3. カマラ #-
  4. [ 編集]

res...

カマラさん>
こんにちは。
できれば、SSの話はHPの掲示板に書いて下さいね。
SS、ずっと中断したままになっています。
仕事とブログにかまけてしまって、中断したままです。
構想ですが、現在のAIR編の後にもう一編、その後に最終編を予定しています。
それでは、また。
  1. 2006/11/12(日) 11:22:12 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

アニソンで歌番組出演

こんばんは

ネギま1位運動ってまたやってたんですね
このブログ見てはじめて知りましたよ
しかし1位はどう考えても無理のような気がします
てか、前回最高で3位に入れただけある意味すごいとは思いましたけど

話は変わって、アニソンで歌番組出演といえば
松本さんがポケモンのオープニングテーマを何かの歌番組で歌ってたことを覚えています
そのときはけっこう、観客も他の出演者も盛り上がってましたね
やっぱポケモンだからこそですかね
  1. 2006/11/12(日) 20:47:12 |
  2. URL |
  3. T3 #-
  4. [ 編集]

res...

T3さん>
こんばんは。
1位、どう考えても無理です。
運動しているように見えて、やっているのはCDを買っていることと、有線にリクエストしていることだけです。

ポケモン、あれは完全に子供向け、そして超メジャーどころだから、歌っても浮かないし、受けが取れます。
NTV系『夜もヒッパレ』でSPEEDが歌っていました。
  1. 2006/11/12(日) 22:26:39 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2006/11/13(月) 16:17:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2006/11/17(金) 10:37:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/49-51a90e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。