安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その52:年忘れ特大号!!元ネタ知ってる?の巻

前略ゴミ助一味へ
これを書いている現在、2006年ももうあと1日と少しになった。
WBC、トリノオリンピック、FIFAドイツワールドカップ。
全部今年の出来事のはずなのに、もう何年も前のことのようだ。
では年忘れに、今回は特大版といこう。
年の最後に、私からのメッセージだ。
まずはゴミ助一味へ。
警察に通報する?じゃあ、チンタラせずに、さっさとやれ。以上。
…では短すぎるので、大サービスで長めに書いてやる。てめえのくそ頭で良く読め…ないな。
ゴミ助を始めとした、私から追放を食らった連中が相変わらず陰口をぶっこきまくっている。
私と話し合いたい?ハァ?何寝言言ってんの?
その前に、まず荒らし行為、それに陰口を叩いたことを謝れよ。
脅迫メールを送りつけたことは不問にしてやるから、反省文を送ってくるくらいの誠意を見せてみろよ。一切のコンタクトは断ると言ったが、年末の特赦で反省文ならこの限りではなくしてやる。
実はその脅迫メール、あまりに頭に来たので、消去してしまった。早まったことをしてしまったものだ。証拠がふいだ。
それはともかくとして、「(安比奈は)人の話をろくに聞こうとしない」だ?
やだね、聞きたくねぇよ。なんで聞かなきゃならねぇんだよ。私はお前の友達でも良きライバルでも何でもない。言い分を聞いて欲しいなら、まずやるべきことをしろ。あれだけのことをしておきながら、ただで言い分を聞いてもらおうなんて、そんなくそ甘っちょろいことが通ると思ったら大間違いだ。
逃げるな、だ?やるべきことをせずに、最初からずっと逃げてるのはそっちだろうがよ。
鏡見ろ?見る前に叩き割るよ。100枚でも割ってやる。
警察に訴えてやる?面白い、やれるものならやってみろ。できっこないくせに。
証拠としてこっちの手元にはログがある?よろしい、張り切って提出しなさい。
言っておくけど、警察はプロバイダの出したものでない限り、ログなんか信じてくれないからね。
つまり、出しても無駄ってこと。
第一、どうやって本物だと証明するの?そっちの都合のいいようにどんどん改竄できるんだから。
そうじゃなかったら、「この男は『私は放火をしました、強盗をしました、麻薬の密売をしました、どうぞ、逮捕して下さい』と、ブログに書きました。証拠としてログがありますので、提出します。さあ、逮捕して下さい」となってしまう。そんなことがまかり通ったら、世の中は冤罪だらけでメチャクチャだ。
それでなくても、こっちが証拠品として荒らし行為のログを提出したら、そっちは喚き散らすに決まっている。「改竄だ!」だの「捏造だ!」だのと。
たとえ私でも、百億分の一の確率で間違えたことを書く可能性があるかもしれないというムードが…どこにもないが、仮に百億歩譲っててめえを傷つける内容だったとしても、社会的信用を傷つけたという実証がないと、告訴しようとしても無駄骨になるのが現状だ。社会的信用、どこがどう傷ついたか、風評被害で金銭的被害を受けたか、第三者から嫌がらせをされたか、など。それが認められても、リスクに見合うだけのリターンはほとんど期待できない。
『ヘボエロゲ屋ゴミ助』だけじゃ、個人の特定ができないでしょ。住所も氏名も電話番号も出てないんだから。
それに、「本人にどうして直接メールで抗議をしないんですか」と聞かれたら、どうするの?こっちはあの脅迫状以来、そっちから一切メールを受け取っていないんだけど。「某大型掲示板に書いた、本人も読んでいるはず」、なんて通らないよ。
そういえば、個人の情報を掲示板に書き込む行為をプライバシー侵害として、プロバイダは書き込みをした発信者の情報開示を発信者に許可なくできるというガイドラインができるらしい。まだ固まってはいないが、早ければ来年2月からのようだ。
鬼の首を取ったように喜んでいる一味だが、甘い。
新しくできたルールは、生まれる以前まで遡って適用されることはない。不遡及の法理といって、どこかの国の親日派何とか法のようなことは許されないのだ。
前にも言ったが、どうせ「ほんとは告訴できるんだけど、そんな必要ないからやらないだけだもんね」と、粋がって逃げるんだろう。必要ないんじゃない、めんどくさいだけ、恥をかきたくないだけだ。そして、リスクを背負うのが怖いのだ。
理はこっちにある。理はないが勝ちたかったら、全てを捨てる勇気を持つしかないんだよ。
絶対あるわけがないが、訴えられたら、その一部始終をここで書きますので、お楽しみに。
実は私は法学部卒なのだが、卒業しても、勉強に終わりはない。


前略アイドル声優へ
続いて、声優志望者へ。
御託ぶっこく間に、稽古しろ!!
それが嫌なら、声優なんか辞めちまえ!!
次に、声優ファン、アニメファンへ。
もう知らん。
一生声優とアニメキャラを重ねて妄想してろ!!
最後に、アイドル声優へのメッセージ。
一年間、ひたすら厳しく言い続けてきた。
果たして、何も変化なし。
ブログで無駄飯、無駄酒、無駄ゲームの話は相変わらず。
いい加減に目をさませ!!
ずっとこのままでいる気なのか。
役者として扱ってもらえないまま、バカにされ続け、空気扱い、ただの音扱い、虫けら扱いされ続けるのか。
おどけた振りをして、無意味な自虐をするな。
ファンのみんなを失望させるな。
往年の声優は、子供たちに夢を運ぶ配達人だった。
今では、職業は声優だなんてとても名乗れない。名乗った途端、好奇の視線が突き刺さる。
家族や学生時代の友人には、とても仕事をしている姿なんて見せられない。
そのくせ、スター気取りは一丁前だ。CDの売り上げの、見せかけの高い数字。金にあかせて取った会場でのイベント。
でも秋葉原を一歩出た途端、誰も知らない。これが現実だ。
嘘だと思うなら、身分を隠して「XX(自分の名前)って知ってますか?」と街の人に聞いてみればいい。
100人中100人が「誰?」「知らない」と答えるのが落ちだ。
なぜ現実を見ないんだ。
見てる?嘘つけ!
それなら、この無様な現実は何なんだ。
マスコミなんか、声優を良くてまるで無視、悪ければ水商売みたいに扱うじゃないか。
それでも平気なのか。役者の感情というものはないのか。
これじゃ生きてる死人だ。死んでいるのと同じだよ。
まだ何も感じないか。そうだよな。
こんな素人の書いた文章なんて、いちいち重要に取る必要ないもんな。
化石みたいに古い観客の言うことなんか、聞く耳持ってなんかいられないもんな。
いちいち熱くなってるのがアホらしくなってきた。
もう辞めりゃいいじゃん。声優辞めて、転職するなり、それなりの相手捕まえるなりすりゃいいじゃん。
いくら御託を並べたところで、芝居を投げた時点であんたの負けだ。そして、一生負け犬だ。
毎日人のせいにして、毎日人を恨んで、毎日裏切って、毎日傷つけて、一円の経済効果も生み出せない、人に希望を与えることもできない、まさに何もできないんだからな。
なんてことだ。今までの努力も吹っ飛んだな。
でも後悔なんかしてないだろう?自分で選んだ道なんだから。
こっちだって同情なんかしない。
あんたたちみたいに、現状に甘んじ続けて、野垂れ死にを待つことなんかしたくない。
俺にはまだ生きたいという気持ちがある。
敗北が嫌なら、まず俺と戦うんだ。
世界一悪い観客の俺と戦え!!
なぜ客と戦わなくちゃいけないのかって?
芝居は作る側と観る側の戦いだからだ。
ボロカス言われっぱなしになる手はない。
まだだめか。それなら言ってしまおう。
くたばれ、エセアイドルども!!
これで、少しは悔しいという気持ちが芽生えてきたか?
だとしたら、取るべき道は一つだけだ。
戦え!!!
戦わなければ、いずれ野垂れ死ぬだけなんだ。
もし戦えば、勝っても負けても、新しい道を開く余地がある。出直すチャンスがある。
あんたたちならできる!
絶対できる!!
絶対に!!!
以上の文章は、少し言葉を入れ替えれば、B氏宛ての文章になる。
どこを入れ替えるかは読めばすぐわかるので、言わない。
だが、B氏にも、アイドル声優にも、動き出さない限りはこれからも、もっと厳しく言い続ける。
時には二律相反することも言うだろう。
文句は言わせない。役者、芝居へのだめ出しは二律相反が当たり前なのだから。


2006年、最後のプレゼント
以上、思いのたけは全てぶちまけた…とはいかないが、それに近いところまで行けた。
これで私の2006年は幕を閉じた。
来年、アニメ界、声優界がどうなるのか、もう一つの関心事である、南北朝鮮がどうなるのか、それは誰にもわからない。
そして、私自身がどうなるのかもわからない。
それでも、このブログを続けていくことで何かを掴めれば、と思っている。
余談だが、アイドル声優へのメッセージ、これはある映画の台詞が元ネタになっています。大分原型から離れていますが。
もしかしたら、知っている人も多いのでは?
では最後に、バカになりたくない人へのプレゼント、最後の一人です。
反省会・バカレッド

これに懲りたら、二度とネギまの主題歌で1位運動なんて起こさないほうがいいよ。
以上をもって、今年のブログを終わりとする。
それでは、良いお年を!!
スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/12/30(土) 21:29:53|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<その53:新年早々…それでも言いたいの巻 | ホーム | その51:アニメスタッフ座談会の記事を読んでみたの巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/01/01(月) 13:16:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ちょっと状況がよくわかりませんが、少々お疲れなのではありませんか?
お正月なのですから、気晴らしするのもいいと思います。
  1. 2007/01/01(月) 15:53:13 |
  2. URL |
  3. まきはら #-
  4. [ 編集]

res...

まきはらさん>
新年おめでとうございます。
今年の元旦は、寝正月でした。
  1. 2007/01/01(月) 17:56:59 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/57-e8716c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。