安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その53:新年早々…それでも言いたいの巻

正月は外房旅行、砂風呂、マッサージ
2007年の正月休みはあっという間に終わってしまった。
3、4日と一家で千葉県の外房地方、長生村に一泊旅行に行った。
宿はスパ・リゾート、いわば娯楽施設の要素が強い温泉旅館だった。
そこで砂風呂とマッサージを初体験してきた。
砂風呂は浴衣を着て、砂地に寝転がる。
そして、従業員が砂をかけるのだが、その砂が重くて、身動きが全く取れない。
始めはどうも砂がぬるいな、と思っていたが、徐々に汗が出てくる。
20分ほどで、砂風呂は終わった。
体内の毒素が砂に溶け出るのが、砂風呂の効用だそうだ。
夜、マッサージを体験した。予約が多く、9時半を過ぎて、やっと自分の番が回って来た。
全身を指圧、そして足を4の字固めのようにしてぐいぐい押してくる。これが痛い。
頭を引っ張られ、指先を引っ張られて、「わー、抜ける!」。
終わった後は、体がスッキリして軽くなった。


声優のおっかけは何も残らなかった
さて、今回は旅行記ではない。
本題に入る。
2ちゃんねるで、こんな書き込みがあちこちにあった。
それを引用してみる。
(引用開始)
XXX(筆者注・声優の名前)のおっかけをやって10余年が経過した。当時大学3年生だったオレはXXX(キャラクターの名前)をやってたXXXに出会い、 即効でファンになった。元々合コンや女の子とは縁のない生活だったが、それからはXXXの為だけに生きてきたようなモンだ。
毎日XXXの歌を聴き、毎週ラジオも聴き、もちろんハガキも出しまくって月3回必ず応援の手紙と詩を送った。イベントも全部行った。
全国ツアーで一緒に全国制覇したのも二度や三度じゃない。ファンやって二年目、握手会で俺の名前を覚えてくれてた時には嬉しくて本気で涙が出た。人生で最高の喜びだと有頂天になって、帰り道一人で吼えてた。
地元の役場の事務に就職した後も、それだけが楽しみで生きてきた。他の事は考えようとしなかった。結婚も、彼女も、友達も、そんなのは関係ない、いらないと思ってた。
そして去年の9月。信じられないものを目にした。「XXX結婚!!」目を疑った。絶対ありえない、絶対ありえない。死んでもありえない。
・・・なんであんな男が。ふざけんな。どこがいいんだ。XXXと釣り合わない、失礼だ。ふざけんな。ふざけんな。一週間仕事を休んだ。
失意の内に半年が経った。もうラジオも聴いてない。会員番号2ケタ前半のファンクラブも辞めた。
最近になってようやく、俺も自分の幸せを掴もう…そう思えるようになってきた。
だけど俺には何も残ってなかった。20代という多感な時期に何もしなかったんだ。当たり前だ。
(中略)
趣味も、特技も、人間性も、協調性も。何もありゃしない。残ったのはブサイクで汚い30代の中身スッカラカンな男。それだけ。
こんなのが今更どうやって幸せ掴めってんだ。声優のおっかけは何も生み出さなかった。
それに今まで気づかなかった俺は最高にバカだ。そして朝っぱらからこんなグチをネットでしかこぼせない俺は最高に惨めだ。
是非俺を笑ってくれ。蔑んでくれ。そして自分の人生をもう一度考えるキッカケにしてくれ…
(以上、原文)
ずいぶん長い引用だが、本当のことかどうかはわからない。
でも、これと同じような経験をしている奴は少なくないはずだ。
悪いけど、同情なんかしてやらないよ。
本人にはかわいそうだが、それは自分の責任だ。
自分が望んで選んだ道なのだ。なのに今更愚痴を言うのは見苦しい。
これからどうすればいいんだって、そんなことは知ったことじゃない。自分の人生だ。自分で何とかするしかない。
アイドル声優だって人間、これから一人、また一人と結婚していくことになるはずだ。
その度に嘆き、悲しみがの声がネットのあちこちで聞かれることになるだろう。人気が高ければ高いほど、声優に入れ込んでいればいるほどに。
結婚に伴って引退するのならともかく、現役続行ならば、今までと変わらず応援を続ければいいはずなのだが、それはできない。
なぜか。声優に恋愛感情を持ってしまっているからだ。
アニメキャラ、ゲームキャラなど、演じているキャラクターと混同してしまう。キャラクターは自分の思い通りにできるから、声優のことまでも、「僕だけの君、君だけの僕」と思い込んでいる。
声優の結婚という現実を突きつけられ、自分の中に作り上げた声優像が壊れた時、もう今までのように声優を見ることはできない。
裏切られた、と感じる。憎いのは声優を奪っていった相手の男より、声優だ。
もうファンはやめた、新しいことを見つけよう…と思っても、気がついた時には何もない。
上記のように、声優ファンをしたことで、残ったもの、生み出したものは何もなかった。
自分から声優を取ったら、何もないことに初めて気づいた。
まさに惨めとしか言いようがない。
今、アイドル声優に夢中になっている連中は、もしかしたら、時々は「これでいいのかな」と考えているのかも知れない。
声優の年齢が上がっていくにつれて、それまで応援していた周囲のファンがぽつり、ぽつりと離れていく。熱が冷めたり、別の声優に乗り換えたりと、理由は様々だ。
「自分だけはそうならないぞ」と誓ってみても、徐々に人気にかげりが見えてくるのが嫌でもわかる。
そして、自分の年齢も上がっていく。「いつまでこんなことができるのかな」と考えたりもする。
わき上がってくる不安や疑問を忘れるために、なおのこと必死になっておっかけをしたり、応援している声優が出演しているアニメのDVDを見たりする。そうすれば、何も考えないで済むから。
声優だって人気商売だ。好きになるなとは言わない。
応援するのはいいが、時々は自分のことを見てみるのもいいのでは。
後で惨めな思いをしたくなければ、だが。


明日は我が身かも
これを見て、「バカみたい」と笑っているアイドル声優たちよ。
笑っている場合じゃないぞ。
他人事ではない。明日は我が身かもしれないのだ。
飽きられて人気が落ちたら、切られる運命なのだ。
その時、何かが残っている自信はあるか?いや、切られないほどの実力と自信をつけているか?
どこかの事務所に拾ってもらおうにも、年齢ではねられ、それでなくても実力ではねられる。
顔出しの役者に転向しようにも、アニメの声優というだけで門前払いになる。
声優界は、顔出しでものにならなかったアイドルの再就職先なのに、その再就職先から何をしようというのか。
芝居から足を洗って一般企業へ再就職しようにも、職歴が邪魔をして、これもままならない。
職業を選ばなければ、何とかなるかも知れないが。
辞める辞めないは自由だが、おそらく声優界、アニメ界は去年以上に悪くなる。いや、絶対に悪くなる。
失望して役者を辞めるか、それとも続けるかは自分で決めるしかない。
年を追うごとに悪くなるばかりの声優界、アニメ界。
だからこそ、このブログを書き続けていく。
新年早々言われたくはないだろうけど、去年以上に厳しく書くからね。
「殺してやる」って思うくらいに。
覚悟してなよ。
目を背けるな、B氏。あんたもだよ。

今回の要点:どうするかは、全て自分で決めるしかない。
スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/01/06(土) 21:57:46|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<その54:2007年冬・あいなとものぶ安比奈線を行くの巻 | ホーム | その52:年忘れ特大号!!元ネタ知ってる?の巻>>

コメント

はじめまして

はじめまして安比奈さん。圷と申します。
つい最近このブログを見つけ、声優に対するあなたのご意見に関する記事は大方拝見させて頂きました。

実は、自分は来年より声優養成所に通うつもりでいる声優志望者なのですが、あなたのブログを読み素直に感じたことを申し上げるなら、「それがどうした。」です。

少々言葉足らずでしょうから、説明致します。
確かに現在の声優業界はあなたの言うように腐っています。特に女性声優は、需要もないのに人数だけが増えて肝心の質は目も当てられない状況。まるで質の悪い中国製の量産品です。(まぁそんな彼女らのことを将来「先輩」として扱わなければいけないのですが……。)

でも、そんな時代は長く続くはずは無いと思うのです。お笑いブームは今もなお小さな火を灯し、現在進行形で続いていると言えますが、現在のアイドル声優ブーム(と言っても過言ではない)は、今年中に沈静化するでしょう。そうなれば、次に声優が求められるのは「演技力」のみになるのではないでしょうか?

自分はアイドル声優にはなるつもりは毛頭ありません。
養成所で磨ききれるかどうかは別にして、「声優」ではなく「俳優」として活動できる演技力を身につけたいと思っております。

長文で、自分本位な文章。誠に失礼致しました。では。
  1. 2007/01/06(土) 22:47:20 |
  2. URL |
  3. 圷 #89A0AiOk
  4. [ 編集]

それはただの一例なのでアイドルの追っかけ全部に当てはまるわけではありません。
芸能事務所のマネージャーやプロデューサーの仕事では、そういうファンの気持ちを理解できることが大きな武器になったりもします。
ですから一概に何も残らないと決め付けることは間違っています。
  1. 2007/01/06(土) 23:28:14 |
  2. URL |
  3. まきはら #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/01/07(日) 01:05:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

res..

圷さん>
はじめまして。
アイドル声優ブームは、すでにブームではなくなっています。
つまりこれが通常の状態になっています。声優界は完全に変わってしまいました。
そう簡単に変わるとは思えないのですが、どうでしょうか。
養成所に行かれるのですか。
がんばって下さいね。

まきはらさん>
確かにおっかけ全部に当てはまるわけではありません。
だからこそ、「自分のことを見てみるのもいいのでは」と書いたのです。
  1. 2007/01/07(日) 23:00:44 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

今年もよろしくお願いします

安比奈誠伸さん、お元気ですか。
私も元気にしております。

さて、ここでは安比奈さんにならって、私の好きなもの・嫌いなものを挙げようと思います。かなり強い刺激があるとは思いますが、その点はお許し下さい。

好きな人・もの:研究家、革新的な人、伝統を重んじる人、閃きを有する人、最後までやり遂げる努力をする人、コツコツやる真面目な人、好奇心旺盛な人、明るい人、面白い人、物静かな人、美しい人(必ずしも「美人」というわけでもない)、計画的な人、光っている人、博聞強記・博覧強記の人、繊細さと大胆さを併せ持つ人、礼を尽くす人、夢を持つ人、夢に邁進する人、素直に生きる人、謙虚な人、正しいことを言える人、うわべを飾らない人、“子供は生まれる家や時代を選べない”と考える人、旅好きな人、芸術家・岡本太郎(1911~1996)、「愛」「真実」「善」「美」に対する関心を強く持つ人、等…

嫌いな人・もの:暴力を振るう人、ガラの悪い人、調子に乗っている人、徒党を組んで悪事を働く人、無責任な人、うるさい人、破壊的宗教団体(いわゆる“カルト”)、2ちゃんねる、嘘つき、ナルシスト、詐欺師、殺人鬼、自殺者、反省しない人、車社会信奉者、尊大な態度をとる人、声優オタク・アニメオタク(もはやどうしようもない)、北朝鮮、偽善者、自己中心的な人、優柔不断な人、独裁者、虐待者、年子を生んだり十代で子供を生んだりした原級の馬鹿、そうして出来た子供を“天の授かりもの”と考えている比較級の馬鹿、そうした結果子沢山で苦しい思いをしている最上級の馬鹿(いわゆる“大家族”)、等…



「人は皆、生まれる家を選べない哀れな存在である。しかし、人として生まれたからには何かをしなければならない。よし、それならばもっと生きよう!生きて、この世のあらゆる物事を、自分の目で見てやろう…」
そう考えると、何かをしたいという気持ちが心の中に泉のように湧き出てきます。ファイトも、勇気も。

今年も、よろしくお願いします。
それでは。

2007年1月11日
M.N
  1. 2007/01/11(木) 13:07:44 |
  2. URL |
  3. M.N #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/01/11(木) 22:00:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

res..

M.Nさん>
>革新的な人、伝統を重んじる人、閃きを有する人、最後までやり遂げる努力をする人
私も好きです.
あきらめない人は、元気を出すきっかけになってくれるから好きです。

>嫌いな人・もの
私も全部嫌いです。
北朝鮮が早く潰れることを祈っています。

>「人は皆、生まれる家を選べない哀れな存在である。しかし、人として生まれたからには何かをしなければならない。よし、それならばもっと生きよう!生きて、この世のあらゆる物事を、自分の目で見てやろう…」
この言葉には大いに共感します。
今年も宜しくお願いします。



まきはらさん>
あなたの態度は、議論以前の問題です。
今度こんなことを書いたら、失格にします。
  1. 2007/01/13(土) 17:41:01 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

申し訳ありませんでした。

悪かったと思われる部分を削ってコメントし直します。

-------
好き嫌いは各々の勝手なのでどう思ってようが構わないのですが、
「その考えを他人に強要する」または「その考えが絶対であると思い込む」ことは、
(お言葉ですが)とても見識のある主張には思えません。

人間である以上、差別や偏見を持ってしまうことは仕方の無いことですが、
物事の主張・話し合いにおいて、それは障害にしかなりません。
何故なら偏った考えしかできなくなってしまうから。
それをいかに拭い去って物事を考えることができるかが大切なんです。
絶対に正しい判断ができる人が居るのなら法律なんて要りませんよね。
人が話し合い議論するのは、お互いの意見・考えを聞くことによって、
より広い見解で物事を考えることができ、少しでも正しい判断に近づくことができるからです。

何にせよ「考えを持ち主張する」ことはいいことだと思います。
様々な考え・意見を吸収することで思考力も付きますし。

最近意見を持たない人が増えています。
それがそのまま成長して「狭い見識の上司」「それを易々と受け入れるイエスマンの部下」になります。
これではとても社会が良くなるとは思えませんよね。

長くなってしまってすみません。。。 それでは。
  1. 2007/01/13(土) 18:46:54 |
  2. URL |
  3. まきはら #-
  4. [ 編集]

私も永久失格処分ですか?
  1. 2007/01/14(日) 16:49:40 |
  2. URL |
  3. まきはら #-
  4. [ 編集]

res...

まきはらさん>
私は自分が絶対に間違った文章を書いたとは思っていません。
しかし、意見に同調するよう強要をした覚えなど、一度としてありません。
失格者は、指示違反、ルール違反をしたから追放したのです。
私の文章に納得できないのなら、出て行ってもらって構わない、
それ以上、以下でもありません。

この前のようなコメントは二度としないように!!
  1. 2007/01/14(日) 17:50:24 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/58-48fa961b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。