安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その63:ネギまが実写化!?冗談でしょう…の巻

つい口が滑って炎上
今回は最初から本題。
ネギまが実写のドラマになるというニュースが、ネットを駆け巡った。
これを書いている三日ほど前のことだ。
とある新人女優(元は声優出身らしい)が、ブログで出演者のオーディションに合格したことをバラしてしまった。
あっという間に炎上して、ブログは削除された。
だがこのニュースは、ファンの間で大きな衝撃を与えた。
あちこちのブログで、ショックの声、実写反対の声が上がっている。
おそらく、ブログで実写化をバラしてしまったこの女優は降ろされるだろう。
つい口が滑ったとはいえ、大騒動を起こしてしまったのだ。
余談だが、ここはいくらボロカスに書いても炎上しないのに、失礼だが無名の女優のブログが炎上するのはなぜだろう?
そこが解せない。



誰が演じる?お色気シーンは?戦闘シーンは?
実写版『魔法先生ネギま!』が製作される…このことは当然、正式発表はされていない。
原作者の赤松健氏のHPに、「4月になったら驚く発表がある」とあるだけだ。騒動が起こっている今も、実写化については触れられていない。
さあ、大変だ。そりゃもう大騒ぎ。
「是非実現してほしい」「見たい」「そんなものをやるなら第3期、劇場版を作れ」「イメージが壊れる」etc。
見てみると、反対意見の方が圧倒的だ。
さっそく、実写化反対運動が始まったようだ。
中には、「実写をやるなら、声優さんたちにやらせろ」という意見もある。
そうでないと、3年間がんばってきた声優さんがあまりにもかわいそうだ、というのだ。
ハァ!?
失礼ですが、全員年齢オーバーですよ。
中学生の制服姿をしている娘を親御さんが見たら、ショックでぶっ倒れるかも知れない。
「おたくのお嬢さんは、今どのドラマに出てらっしゃるのですか?」
こう聞かれたら、どう答えればいいのか。
私が親だったら、「なんだ、あの格好は!」と、ぶん殴って勘当しているかも知れない。
かわいそうも何も、仕方がない。実写とアニメは違うのだから。
サクラ大戦という前例がある?あれは歌と芝居、いわば劇中劇を声優にやらせただけだ。日常シーンは知らないが、戦闘シーンはやっていない。ロボットをどう動かせばいいんだ。
かわいそうだなんて、うまいことを言って、声優にお色気シーンをやらせたいんだろう。
違う?いいんだよ、隠さなくたって。今まで散々、スケベな妄想を作る手助けをしてくれたんだから。
そうだ、何が悪いとキッパリ言って楽になったらどうですか?
まあ、そんな願いはかなうことなんかないから、この辺にしておこう。
パンチラや裸を見たり見せたりのお色気シーン、魔法あり、格闘ありの戦闘シーンはどうするのか。
お色気シーンはまずアウトだろう。放送時間が深夜でもまずだめだ。
まあ、8時~10時のゴールデンタイムはまずないだろうけど。
戦闘シーンはどうか。CGになるだろうが、それにしても莫大な費用がかかる。
オタク向けのアニメのドラマ化に、それだけの費用をテレビ局、スポンサー出してくれるのだろうか?
無理矢理戦闘シーンをやったら、もう目も当てられないほどひどくなるのは、想像に難くない。
お色気シーンも、戦闘シーンも抜きで、一体何をしようというのか。
生徒たちを演じるのは新人女優、アイドルになるのだろうか。ネギは誰がやるのか。
ハロープロジェクト?オファーしたところで、鼻で笑われるのが落ちだ。
ネギ役は…美少女子役が男装、でいくしかないかな?
…とか、何とか散々書いてきたけど、初めに書いた通り、まだ正式発表はされていない。
つまり、まだ本当か嘘かは確定していないのだ。
もし本当にやったら、絶対に大コケする。これは断言できる。
大コケして、余計に世間から白い目で見られて、余計にオタクへの偏見が強まるだけだ。
そもそも、二度のアニメ化もファンの評判はあまり良くないようだし、それがドラマともなれば…。
非難のされっぷりなら、見てみたい気もする。


実写化は甘くない
マンガの実写ドラマ化はどんどん増えている。
大抵は青年誌のマンガが原作なので、ドラマ化は容易だ。
ジャンプを始め、少年誌はアニメ化が大部分だが、マガジンは実写ドラマ化が多い。
金田一少年の事件簿、GTO、サイコメトラーEIJIなど。
これらの作品は大ヒットして、シリーズ化されたり、劇場版が作られたりした。
だからネギまも、大ヒットが狙えるというわけなのだろうか?
冗談は由子さん。
金田一、GTO、EIJIは実写にできるジャンルだったから成功したのだ。
ネギまが実写に向いているかどうかなんて、考えるまでもないことだ。
以前、『美少女戦士セーラームーン』の実写版があった。
大きく期待されていた。だが、ふたを開けてみれば大コケ。
オタクとお色気目当てのスケベ親父が少し見ただけ。打ち切りこそなかったが、結局シリーズ化されずに終わってしまった。
パンチラ(本当はレオタード)がなかったら、打ち切りになっていたかも知れない。
コスプレをしたアイドルがアクションらしきことをしているだけ。特撮やCGはもう話にならない。
実写化はそんなに甘くはなかった。マンガやアニメの人気に頼りすぎた結果だ。
一般人でも大抵知っているセーラームーンでもこの状態なのだから、ましてネギまなんて…。
これから制作側がどう動くかはわからない。
ともあれ、まだ騒動は始まったばかりだから、これからどんどん大きくなっていくだろう。
どんなネタを私に提供してくれるか、楽しみだ。
さあ、たっぷりとここで書いてやるぞ!

今回の要点:マンガの実写化は、そんなに甘くはない。
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/03/17(土) 13:13:40|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<その64:続・ネギまが実写化!?冗談でしょう…の巻 | ホーム | その62:ネギまの声優陣へ捧げる送辞の巻>>

コメント

記事には関係ありまsんが。

安比奈さんは日本の政治についてどう思っていますか?
記事をかいてくださると面白そうなので時間があればお願いしたいです。
  1. 2007/03/19(月) 19:24:11 |
  2. URL |
  3. じふな #KV1os9jM
  4. [ 編集]

res...

じふなさん>
はじめまして。
日本の政治、誰もが思う通り、間違っています。
本当はもっと色々書きたいのですが、あまり色々テーマを欲張り過ぎると、
かえって書きにくくなってしまうので、今は声優、アニメの批判が中心です。
もっと色々書けたら、と考えてはいますが。
では、また。
  1. 2007/03/21(水) 20:53:12 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/69-55886715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。