安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

視聴レポート ちごゆりが咲く頃に curriculum.2:恐怖のリストラ試験!

さて、第2話です。
経営難に陥った私立ゆりのは保育園にやってきた、伝説の再建請負人、妻沼博康。
予告通り、いよいよリストラが始まることになりました。
理事長は「今一人でも辞めさせたら保育園はやっていけない」と反対しますが、妻沼先生は「新しい保育士を雇えばいいだけだ」とあっさり却下します。
さあ、リストラされるのは、誰か!?
みんな気になって、仕事が手に付きません。
子供たちに当たり散らす朋美先生、すみれ先生。無関心を装っていて、実は動揺している楓先生。オロオロするばかりの奈緒先生。同じくオロオロの理事長先生。自分は園長だから切られるはずはないと余裕しゃくしゃくの美雪先生。
初めて園児の名前が出ました。年長組の健太くん、どうやら子供たちのリーダー格のようです。でも、悪ガキには見えません。それから、同じく年長組のひかりちゃん。健太くんのことが好きなのかな?
リストラ試験の日が来ました。試験の方法は、面接とペーパーテスト。もちろん理事長、園長も受けます。
面接での質問は、「こいつはだめだ、という奴がいたら言って下さい」。さらに、「情を排して言って下さい」と念を押します。
朋美は「理事長、すみれ先生、それに奈緒先生」、すみれは「朋美先生、奈緒先生、理事長」。どうやら、朋美先生とすみれ先生は対立関係にあるようです。楓は「……理事長先生」、奈緒は「……理事長先生です」。面接室から出てきた奈緒先生に、すみれ先生と朋美先生の目が光ります。この二人が言わせたようです。奈緒先生、いじめられていますね。
園長の美雪先生は、「理事長先生」。そして理事長は、「だめだという人はいません」。
そして、ペーパーテスト……となるはずでしたが、妻沼先生は、「その必要はない、もうリストラは決定した」と言います。
そして、妻沼先生からリストラが発表されます。
「帰ってもらうのは……理事長先生……」
朋美、すみれはニヤリ、理事長唖然。
「……を、除く全員です」
一同、固まるところでAパート終了。
続いてBパート。
理事長以外、全員解雇が決定しました。園長先生が、「私も、ですか」と聞くと、妻沼は「当然」とバッサリ。
納得できるはずもなく、みんな怒ります。しかし妻沼先生は言います。
「同僚を売るような保育士には、子供たちはとても任せられない」
ごもっともです。売らなかったのは理事長先生だけ、だから残ったのです。
しかし、「情を排して言えと言ったはずじゃないか」と、保育士から不平の声が上がります。当然でしょう。でも妻沼先生は言います。
「情を排せとは言ったが、自分の保身のために同僚を切り捨てろという意味じゃない」
「まず自分に対する情を排せない者に、人に対する情を排する資格はない」
それでも保育士たちはおさまりません。そこへ畳み掛けるように妻沼先生は言いました。
「納得できないなら、今の自分にしかできない仕事を言ってみろ。他人にはできない、自分だけの仕事を」
一同、黙り込んでしまいます。このまま全員解雇か……というところで、妻沼先生が意外なことを言い出しました。
「3ヶ月間、ただ働き同然の給料でいいなら、仮採用として再雇用する」
保育士たちに選択の余地はなく、条件を呑むしかありませんでした。
だが、妻沼先生は厳しい言葉を浴びせます。
「俺や理事長に逆らうことは一切許さん。今までの甘ったれた考えを捨てられないなら、即解雇だ」
あまりの厳しさに、朋美先生がたまりかねて叫びます。
「いつか……あんたを追い出してやる!」
反乱です。でも、妻沼先生は顔色一つ変えません。「いいよ、追い出してみろ」と、軽く受け流します。
こうして、リストラ騒動は事実上の減給という形で決着しました。
誰もいない園庭。夕暮れの花壇の前で、妻沼先生は誓うように言います。
「ゆう子先生、必ず私がこの保育園を立ち直らせます。そのためには、誰にでも喜んで憎まれます」
ゆう子先生とは、おそらく恩師なのでしょう。恩師への誓いを、妻沼先生は果たせるのでしょうか。
エンディング、今回はすみれ先生が歌うバージョン。どうやら、ヒロインが持ち回りで歌うようですね。
最終回は、全員で歌うのでしょうか?それとも、『ゆう子先生』が歌うのでしょうか?
今回の所感。
妻沼先生は、保育士たちに憎まれるのは承知で、今回のリストラ試験をやったはずです。でも、結局は誰も切らなかったわけで、これは妻沼先生がチャンスを与えたと取るべきでしょう。
彼は保育士たちに厳しい言葉を浴びせました。でも、そう言わざるを得なかったのです。
ゆりのは保育園の存続の危機なのですから。
妻沼先生と保育士たちとのバトルがこれから始まるのでしょう。
さあ、一体どうなるのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/08(日) 22:47:44|
  2. 視聴レポート ちごゆりが咲く頃に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その67:実験第二弾はネギまVSマリみての巻 | ホーム | その66:祭りなんて、炎上なんて、ないない大実験の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/74-316ca45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。