安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その69:養成所講師・B氏に改めて物申す!の巻

祝・強制連行訴訟請求棄却
これを書いている日(4月27日)、中国人の強制連行による謝罪と賠償を求めた訴訟で、「72年の日中共同声明によって賠償請求権は放棄された」との判断を示し、原告側の請求を棄却した。
最高裁で強制連行による判例が出るのはこれが初めてだ。
要約すれば「実際に強制連行はあったけど、日中共同声明で全ての請求権は放棄されたからだめ」ということだ。
これで、これからは裁判を起こしても無駄、となったわけだ。
あー、良かった。安心した。
後は、企業はバックレ続けていればいい。
ウスラボケどもがピーピーうるさいなら、黙らせ賃に2、30万くらい握らせれば喜んで帰る。実際、やった企業がある。
中国製の粗悪品の機械を買って3日で壊れたと思えば安いものだ。
同日、最高裁で中国人の従軍慰安婦(完全に嘘)の損害賠償請求を棄却した判決も出たし、おかげでいいゴールデンウィークが迎えられそうだ。
まずは、乾杯!!
あ~、酒がうまい。



B氏のゼミがなくなった
せっかく気分がいい所なのだが、ここで本題に入ろう。
ここで散々非難してきた、名門……だった声優養成所の講師、B氏。
第3回第11回に書いているので、詳しくはそちらを読んでいただきたい。
そのB氏は、3年生の『ゼミ』を持っていたが、今年それがなくなった。
自分の意志で降りたのか、それとも降ろされたのかはわからない。
だが、どちらにしても同じことだ。
送り出した教え子が大成していないのに、ゼミなんか任せられない。
音響の仕事をしている気配は全くない。今、どのアニメのスタッフ表を見ても、彼の名前はない。
作家として活動している気配も、どこにもない。
「作家として必要なものは何か、『言いたいことがある』というだけだ」などと優等生なことを書いてはいるが、言いたいことがあろうとなかろうと、読者に受けなくては、そして売れなくては何の説得力もない。
作家志望者は大嫌いだ、愛想が尽きたとは言っているが、売れっ子の大先生ならともかく、売れない無名作家に言われても別に……ねえ?
売れるより大事なことがある?
時代が悪かっただけ、運がなかっただけだ?
必死に修業することで、大成するよりも大事なことを教え子たちは掴んだはずだ?
こんなかばいだての言い訳をする奴が出てくるかも知れない。
そんなものが今更何になると言うのか。
いくらきれいごとを言っても、貴重な若い頃は戻ってこない。
日韓合作アニメ、『S』のことにしてもそうだ。
20億ウォン、日本円にすれば約2億5千万円の製作費がかかった。
そして、結果は韓国では13回で打ち切り。
日本では打ち切りはなかったが、平均視聴率2%台。
これで利益が出たかどうかなんて、わかりきったことだ。
明らかに赤字だ。おそらく3億円は下らない。
利益を出すより、人気が出るよりもっと大事なことがある?
わかる人にはわかるし、わからない人にはわからない?
作品がコケたときの、格好の言い訳だ。きれいごとで赤字は消えない。
これだけの赤字を出しているのにどうしてダンマリを決め込んでいられるのか、その神経がわからない。
できなかったら、できなかったとどうして言えないんだ。
「期待に応えられなくてすまなかった」とどうして言えないんだ。
素直に失敗を認めれば、人はわかってくれるものだ。
恩師や先輩だって、弟子だってわかってくれるはずだ。
神様じゃないんだから、失敗だってある。
その失敗を認められないのは、最低にカッコ悪い。
まあ、今更認めろというのが無理なことだろうけどね。
役者としても作家としてもものにならなかったハンチク講師、言うだけ番長講師の優等生発言なんか、もう私は絶対に信じない。
死んでも信じるものか。
はっきり言ってしまおう。
カッコつけるのもいいかげんにしろ!!


逃げ道を塞いでやろう
これだけ非難されて、何か言うことはないのか。
クリエイターとしての感情はないのか。
逃げ続けて、恥ずかしいとは思わないのか。
思っていないだろう。
では、逃げれば逃げるほど立場が悪くなるように、こんな物を作ってみた。
<br /><SMALL>B氏が私の追及から逃げ続けている日数&<br />「別に逃げちゃいねえ」と言い訳し続けている日数</SMALL><center><b><br /><font size=+3 color="000000"><script LANGUAGE="JavaScript"><br />var now = new Date();<br />var xday = new Date(2007,4-1,27);<br />count = Math.ceil((xday.getTime() - now.getTime())/(24*60*60*1000)-1); if(count<0)document.write(-count);<br /></script></b></font>日目</center>
これを、ブログの1パーツとして貼っておこう。
B氏の弟子の皆さん、告げ口をどうぞよろしく。

今回の要点・言うだけ番長の末路は、こんなものか。
スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/28(土) 05:22:29|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<視聴レポート ちごゆりが咲く頃に curriculum.3:来年度園児募集停止!? | ホーム | その68:私も昔は映画小僧……ではなかったの巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/77-f1624a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。