安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その79:OVAネギま主題歌1位にする運動・失敗準備会の巻

気がついたら10年経っていた
本HP『安比奈のページ・Ainapple House』が、去る7月11日、開設10周年を迎えた。
大部分のHPが、忙しくて更新ができなくなって閉鎖している中で、良く続いたものだと自分でも思う。
続けようと思ったわけではなく、気がついたら10年経っていたという方が正確だが。
それもほったらかしのままじゃなくて、少々でも毎週のように更新していたのは、自分でも驚きだ。
本当に時の経つのは早いものだ。
開設した頃はまだ学生だった私が、今は社会人として第一線で働いているんだから。
この場を借りて、閲覧された皆様、寄稿して下さった皆様に厚く御礼申し上げます。



OVAネギま主題歌1位にする運動
本題に入ろう。
次のテーマは何にするか、ネットをぼんやりと見ながら考えていたら、こんなページを見つけた。
「『らぶ☆センセイション』をオリコン1位に!」
『らぶ☆センセイション』……OVA『ネギま!? 夏』OPテーマ、TVアニメ『ネギま!?』第25話のEDテーマ……これをオリコン1位にする運動か。
よし、決定。
今回のテーマはこれだ。
発売日は8月17日。歌う声優が違うバージョンが2枚発売される。
この2曲で1、2位を独占するわけだが、どちらを1位でどちらを2位にするかは決めていない。決められるわけがないか。
やれやれ、性懲りもなく、また始まったかと言いたい。
また何かの主題歌でやるんじゃないか、と薄々思っていたが、ああやっぱり、だ。
試聴ができるサイトで、歌を聞いてみた。曲の良し悪しは、ここでは言わない。
それはともかく、運動の方法は、相変わらず進歩が見られない。
運動をしている(つもりの)連中には、新しいことをやってみようという姿勢が見られない。前にやったことの繰り返しに薄毛が生えただけだ。
過去の繰り返しや反省だけで勝てるなら、誰でも勝てるはずだ。まあ、反省なんてほとんどないのだが。
反省せず、失敗から学ぼうとしない。だから同じ失敗を何度も繰り返して、金と時間の無駄遣いをする。それも1回や2回ではない。これでは、本当のバカと言われて仕方がない。
『らき☆すた』の主題歌は2位になったのに?
あれは万馬券が当たったようなものだ。万馬券が当たった、この意味がわかる? わかっても、認めるのは嫌だろうな。
毎回毎回同じことを繰り返して、一体何のため、誰のために運動をやってるんだろう。
テレビの音楽番組のランキングに出すため、あるいは声優本人を番組に出すためなのか。
以前、ある人気声優が音楽番組に出た時、えらく恥をかいたのを見たはず、知っているはずなのに、全然懲りていない。そこまで声優に恥をかかせたいのか。スケベな妄想の対象にするだけじゃなくて、恥までかかせたいのか。
『卒業』という名目でお払い箱にされた声優陣の復活を狙っているようだが、ご大層なことを言っているくせに、二言目には自分たちのことしか言わない。
嫌悪している実写版に復讐してやるためなのか。
実写版の役者、それに制作側にしてみれば、1位になろうがなるまいが、痛くもかゆくもない。
まあ、目的なんてこっちの知ったことじゃないか。
だが目的は何であれ、新しいことをしよう、前に進もうという姿勢がなくてはどうにもならない。
連中には、全くそれが見えない。
今の場所から動かないまま、大きくなろうとしているだけだ。
木や花など、植物は動かないが、雨風日照りに耐えて大きくなる。
ハウス栽培でいくら大きくなっても、たくさんある中の一つにしかなれない。
じゃあ、どうすればいいんだって?
ヒントはこのブログの中にいっぱい書いてあるから、勝手に探せ。
言っておくが、「これはおかしい」などと、私に議論を吹っかけようとしても無駄だ。
議論なんて成り立たないし、絶対に私には勝てないんだから。絶対に勝てない。
コメント欄で言論封殺をしてるからだ?
ここで言えないなら、よそで言えばいいだけじゃないか。
それだけ自信があるなら、「安比奈はこんなふざけたことを言っていた」と、ネギまのファンが集まるサイトで、堂々と言えばいい。原作者の赤松健氏、講談社、声優の事務所に堂々と告げ口をすればいい。
それをやった奴は、今までに一人もいない。堂々と言えた奴は、一人もいない。
匿名という隠れ蓑を被って、2ちゃんねるという陰に隠れてウジウジと言うしかできない。
正しいのは俺だ、間違っているのは安比奈だと言い切れる自信がないんだろうな。
「本当はできるが、大人の対応をしてやる俺様の広い心で許してやる」と、自分をごまかす。
それは泣き寝入りといって、大人の対応でも何でもないから。
勝てないケンカを吹っかけるより、まず自分のするべきことを考える方が先ではないだろうか。私と勝てない議論なんかしても、一文の得にもならないのだ。
これだけ言われて、それでも勝ちたい、1位になりたいという気持ちが捨てられないなら、堪え難きを堪えて、私が出したヒントを試してみるのはどうだろう。
不可能なこと、理不尽なことは書いていないから、尚更読んでいるうちに頭に来るのは目に見えているが。
私の言う通りにやっても1位になれる保証はないが、やってみる価値も全くないのだろうか。
どのみち、このままじゃ1位なんて絶対になれないけどね。


どうしてここまで書くのか
どうせ1位になれないと思っているなら、どうしてここまで書くのか、疑問に思った人もいるだろう。
正直に言おう。
私にもわからない。
「絶対になれない」という確信があるからこそ書けるのかも知れないし、「もしかしたら……」という気持ちを捨て切れないから書けるのかも知れない。
書くことで、私自身の気持ちをはっきりさせられる……かどうかはわからない。
ただ、今これだけははっきりと言える。
以前、人生の乗り換え切符は買いにくいという記事を書いたことがあるが、1位というプラチナシートの切符も、簡単には手に入らないということだ。
ただ店にいってCDを買うだけでは手に入らないのだ。
それなりの代償を払わない限り、絶対に手に入らない。
生半可な覚悟は、私が叩き落としてやるから覚悟しなよ。
では、その第一歩として、以前描いたこれを再掲載しよう。






今回の要点・1位というプラチナシートの切符は、簡単には手に入らない。
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/14(土) 22:09:11|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<安比奈の日本人に生まれて良かった その3 | ホーム | その78:実写版ネギまの役者陣はだめですかの巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/07/15(日) 10:16:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

2ちゃんねるを時々見ているのでわかりますが今回に限らずある程度の
知名度がある声優やアニソン歌手の曲で、1位運動スレは立ってるみたいですね。(そのスレが流行るか流行らないかは別)
僕は声優やアニメのCDは買いますが順位にはあまり興味はありません。
一位運動を熱心にする人はたぶん一位なればTVで紹介されて一般人に
も売れてその人の曲を聞いていても嫌われなくなるという淡い期待をしているんじゃないかと思います。


  1. 2007/07/18(水) 03:56:27 |
  2. URL |
  3. DAi #99DFA69w
  4. [ 編集]

res...

DAiさん>
1位になれば、さすがに少しは目を引く可能性は出てくるでしょう。
それにしたって、1位にならなければ意味がありませんね。
でも、今のままではまず無理です。
  1. 2007/07/20(金) 04:24:32 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/92-19e6bc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。