安比奈のなないろディップスイッチ

世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。
アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め!
声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!
アニメ首脳陣よ、声優ファン・アニメファンからどうやって搾取するか、煮詰まった時はこれを読め!
炎上上等!!突撃上等!!
素人の傍目八目な爆言で、喝!!

警告!声優ファンやアニメファン(特にネギまファン、リリカルなのはファン、ゼロの使い魔ファン)は読むのをやめた方が無難です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その81:『創』のアーツビジョン事件の記事を読んでみたの巻

明日は参議院選挙
この記事が出る日は、参議院選挙の前日だ。
今回の選挙の結果が吉と出るか、凶と出るか、それは誰にもわからない。
誰に入れるかは書けないが、中国、朝鮮にヘコヘコするような人には入れません。
20歳になって、初めて選挙に行った時のことだった。
誰に入れるか決めていなかったので、散々迷った末、投票に行く直前にあみだくじで決めた。
情けない思い出だ。学級委員の選挙じゃないんだから。



『創』にアーツビジョン事件の記事が掲載された
本題に入る。
アーツビジョン事件の発覚から2ヶ月が経とうとしている。
月刊誌『創』8月号で、この事件、そして声優業界にはびこる枕営業の特集記事が掲載された。
記事を書いたのは、フリーライターの添田哲郎氏。
私見を交えて、ダイジェストしてみよう。
記事は事件の経過から始まる。事件の概要、松田の逮捕、『声オタ』が枕を持って抗議行動を起こしたこと、事件発覚以後、アーツのサイトでは通り一遍の謝罪文が表示されるのみ、ということが書かれている。
次に、声優ファンの熱狂ぶりの一例として、人気ゲーム『THE IDOLM@STER』、通称アイマスのイベントが出ている。お台場で行われたライブでは、会場のロビーがファンから贈られた花輪で埋め尽くされていたという。一昔前のアイドルコンサートさながら、声優はれっきとしたアイドルと、筆者は評している。
さらに、ファンはアイドル声優を演じるキャラクターと同一視している、と言い切っているのだ。
私がここで散々書いてきた、声優とキャラを重ねて、スケベな妄想をしているということは、やはり間違いではなかったと言えるだろう。
次に松田の経歴、どういう人物なのかが紹介され、本題となる、枕営業問題へと話は進んでいく。
「報道される前から事件のことは知れ渡っていた。別に驚きはしない」「何か下手打っちゃったのかな」「声優業界は、未だに枕営業が当たり前の世界」と、準大手声優事務所の関係者がコメントをしていた。
今更騒ぐほどのことではない、ということなのだ。
以前筆者が、大手芸能事務所(声優の事務所ではない)の関係者たちと話した時、彼らは、
「今時枕営業なんてやらない。そんなの求めてくるのは、余程のバカくらいじゃないか」
と笑いながら語っていたという。
ところが、声優業界は一般芸能界(つまり、顔出し)に比べるとかなり前近代的な世界らしい。噂レベルでは『枕営業』の可能性は、ファンの間でも知られていた。今回の事件で、「やっぱりだ!」となった、というわけだ。
さらに記事は続き、アイマスがアニメ化される際、なぜかSFになっていたこと、声優が全員変更されていたこと、その声優の多くがアーツ系だったこと、オーディションがなかったこと、声優、関係者から不満の声が上がったことが書かれている。
人気アニメ・ゲームに出演する声優は、実力よりも、事務所の力関係、営業で決まってしまうという。
関係者曰く、「枕を仕掛ける相手は、プロデューサークラスか、それ以上。要はキャスティングの権限を持った人が対象。かつての一般芸能界と同じ」とのこと。
さらに、アニメの収録中に監督が「誰か一番右の女殺して(降ろす、という意味か?)別の奴に変えちゃわない?」と言ったこともあったらしい。
実力なんかどうでも、アイドルとしての利用価値が求められているのだ。
それを裏付ける、舞台演出家による証言があった。
「声優が舞台劇をやるというから、頼まれて行ってみれば、みんな素人。演劇の用語を何一つ知らないから、指示のしようもない。結局、私の指示を(スタッフが)翻訳して話すような形で演出したことがありましたよ」
こんな滑稽なことが起きている。一体、養成所で何を学んできたのか、養成所の講師は何を教えてきたのか。
こうして、夢を抱いて業界に入ってきた声優たちは腐っていくのだ。
後は簡単にまとめさせて頂く。
前述のように声優業界では枕営業は当たり前、別に間違っているとは思わないという関係者の私見、業界での飲み会は売れない声優が売り込みをかける場になっていること、つまり事務所とは関係なく、枕営業を自分から仕掛けていること。
そして、アーツから離脱する声優が出始めていること、でも大手事務所だから一切所属声優を使わないということはできない、だから簡単に業界再編とはいかないだろうということ、多くの接待を受けていたと噂されているアニメ・ゲーム業界が事態の発覚に怯えていることの記述で、記事は結ばれている。
さて、記事を読み終わって考えてみた。
一般芸能界では、もう枕営業は昔の話。そんなことをするのは余程のバカくらい。ところが、声優業界では当たり前に行われていること。
それなら、声優は余程のバカなのか。そうではあるまい。
なぜ、一般芸能界では枕営業がなくなったのか。正直に言うと、もっとひどいと思っていた。
プロデューサーと寝たところで、大スターになれるチャンスが掴めるわけでもない。のし上がるためには何の意味もない。それが既に知られているからだろう。
あるいは、あまりに枕営業を仕掛ける奴が多過ぎて、お偉いさん方もうんざりしてしまったのだろうか。
それなら、声優業界でも枕営業が消えていいはずだが、そうはならなかった。
それほどお偉いさんは、女に不自由しているのか? 金ならあるはずなのに。
お偉いさんといっても、芸能界全体から見れば田舎の代官クラス。気分だけは殿様。
そんな連中に枕営業を仕掛けて売れた、スターになれたと言っても、それは声優界、アニメ界という狭い世界に限ってのことだ。
秋葉原を一歩出た途端、「あんた、誰?」となってしまう。世間には、ただのアニメのねーちゃんとしか思ってもらえない。
それでも、一旦スポットライトを浴びた、注目されたことが忘れられなくて、何より他に行く場所がなくて、アニメ・声優業界にしがみつくしかない。
実に惨めだ。


もっと悪いことが起きた方がいいのでは?
私は、第76回にも書いたが、枕営業をやりたければやればいいと思う。
どうせ使うだけ使われて、価値がなくなったらポイになるだけだ。
仕方がないじゃないか。それは才能がないということ、声優としての寿命ということなんだから。
それでもいい、若さが売れるんなら、売るだぁ? じゃあ、人生は20代で終わりか。若い頃が過ぎたら、30代でも老いぼれだな。
まあ、顔はいいんだから、業界からポイになっても、がんばれば納まる所に納まるんじゃないか。
このままただの一粒の砂で終わるか、それとも輝きを取り戻せるかはわからないが。
しつこいようだが、もう、声優業界も、アニメ業界もとっくの昔にだめになっている。
もっと悪いことが起きた方が、業界を少しでも良くするためにはいいのではないか、そんな気さえする。
声優・アニメ業界と中国・朝鮮、どっちが先にもっと悪いことが起きるか、目が離せない。

参考文献・月刊『創』2007年8月号 『大手事務所社長の逮捕が垣間見せた声優業界裏事情』

今回の要点・30代で老いぼれになりたければ、枕営業をやればいい。

どんなに男が偉くても
女の乳房にゃかなわない
真赤なウソ

『真赤なウソ』by 明石家さんま
スポンサーサイト

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/28(土) 21:25:19|
  2. 安比奈のなないろディップスイッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<その82:続いて『サイゾー』の記事を読んでみたの巻 | ホーム | その5:安比奈式初級シスアドへの道……の舗装>>

コメント

はじめまして。たまき といいます。
よく見るブログのコメントから、リンクが張られていたので

>一般芸能界では、もう枕営業は昔の話。そんなことをするのは余程のバカくらい。
知りませんでした。安比奈さんは芸能関係者なのですか?

でもここ一ヶ月くらい前の話ですが、枕営業が苦で辞めてしまったグラビアアイドルさんがいますよ。
(ちょっと調べただけでうんざりするほど出てくるので、ご存知とは思いますが)


  1. 2007/07/29(日) 03:26:41 |
  2. URL |
  3. tamaki #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

res..

tamakiさん>
はじめまして。

>安比奈さんは芸能関係者なのですか?
いいえ、ただの観客、素人です。

記事を読んでみました。
グラビアアイドル、一般芸能界とはいってもマイナーな業界ですね。
声優界に限らず、マイナーな所ほど、枕営業は残っているということなのでしょうか。
  1. 2007/07/29(日) 09:27:46 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

あんたさ、なんで分かり合おうとしないんだ?
確かにあんたが声優&アニメ嫌いってのは痛いほどわかったよ
好き嫌いがあるのは人として当然だ、俺にだって嫌いなものはある
でもさ、嫌いなものを好きになる努力をしてみるのも悪くないんじゃないか?
なんでもかんでも敵に回しちゃいけないよ、少なくとも分かり合う心を持たなきゃ駄目だよ
そんなに全否定していると、いつか取り返しがつかなくなるよ
  1. 2007/07/31(火) 19:30:41 |
  2. URL |
  3. 名無し #/dKDbQxY
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして。約半年前からこのブログをみている者です。いつも楽しみに拝見させていただいています。

さて僕が声優。この職業について思っていることですが完璧な演技力であれば役者と認めるべき存在であってもいいと思っていました。
ただ、素直にそう思えないのがやはり一部のアイドル声優の活動なのかなあと。
正直、僕は特にアイドル声優を嫌悪しているわけではなく、そして安比奈さんのようにアイドル活動なんかは別に好きにやってもいいと思ってます。けど例の音楽番組をリアルに見たとき信じられないという気持ちと安比奈さんが怒る気持ちがわかった気がしました。

彼女たちにはもう少しプライドというものを持ってくれたらと思います。例えば恋人がいるならいると言ったり、オタクが嫌いならはっきりと嫌いというくらいの気概があれば(無理でしょうかね/苦笑)

稚拙な意見を述べて申し訳ありません。でも何かしら言わずにはいられなかったので言わせていただきました。

あ、もう一つ。陰口については無視した方がいいかとお気持ちは分かりますが、言いたいことは勝手に言わせておけばいいのです。言っててむなしいだけのものですから陰口というものは。生意気で失礼だと思いますがそこのあたりあなたらしくもないなと思って言わしてもらいました。

では、長くなりましたがこれからも執筆頑張ってください。
  1. 2007/08/01(水) 13:18:48 |
  2. URL |
  3. ステレオマン #-
  4. [ 編集]

res..

ステレオマンさん>
はじめまして。
アイドル活動、これは何度も本文で書いているように、それ自体は構わないんです。
でも、演技力があればの話です。
あまりにひど過ぎる演技力なのに、アイドル活動でスター気取り、それを怒っているんです。
あの音楽番組で、無様過ぎる姿をさらしていたアイドル声優、もう怒る気もありませんでした。

アイドルにもなり切れていないし、役者にもなり切れていない、歌手にもなり切れていない、
そんな中途半端な所も嫌です。

陰口、あれはあまりにも頭に来たので、つい反応してしまったということはあります。
これからは自重しようと思います。もっとも、陰口を言っているのがわかったら、失格処分という方針は変えませんが。

それでは、またの機会をお待ちしています。




名無しさん>
友達でも親戚でもなんでもないのに、いきなりタメ口でどうわかり合おうというのですか?
  1. 2007/08/02(木) 07:23:39 |
  2. URL |
  3. 安比奈誠伸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomonobu.blog43.fc2.com/tb.php/96-8d97f2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。